2018年05月27日

Home Page: OCIN INITIATIVE

(Japanese Version)

(Arabic Version)

(Table of contents)

By Areha Kazuya

E-mail: areha_kazuya@jcom.home.ne.jp

 

Chapter 4: War and Peace in The Middle East

 

4-2(30) Dictatorship shadows peaceful civic life

 

Citizens in Egypt and Israel felt relief when the Ramadan War was over. The Palestinians also shared the same feelings, who had been chased away from the land inherited for a long time ago, and escaped to Jordan, then moved to Kuwait or Saudi Arabia.

 

Shatila who was employed by a Japanese company that started oil development in the neutral zone between Kuwait and Saudi Arabia married to a distantly related Palestinian woman. He spent busy but peaceful days. Every weekend he drove a second-hand American car with his wife and visited parents living in Kuwait. The road was unpaved rough one for a while beyond the border. But from entering Burgan oil field area, comfortable paved road of double lanes continued straight to the city center of Kuwait. When Shatila arrived his father's home, he did never fail to visit the neighbors, Al-Yassin family. Two families are comrades who have moved together from Palestinian city Turkam to Jordan and even to Kuwait. The Al-Yassin got one girl named Rania in Kuwait. Shatila loved a cute and clever Rania.

 

In midtown of Kuwait, there were many prestigious hotels of Europe and the US origin. Inside the comfortably air-conditioned shopping center, many shops of famous brands in the world attracted shoppers. This happened because the war was over and oil boom took place. Kuwaiti people and foreigners enjoyed peace and abundance, and they hoped that such a life would last forever. The neighboring non-oil-producing countries also benefited from aid by oil-producing countries, or remittance from migrant relatives.

 

However, when such a peaceful life continued, it was strange that dissatisfaction had grown little by little in the heart of people. It was not lack of supply of goods. Low-income citizens were awaked to the economic disparity in their daily life and asked for change. It was dictators who took the opportunity in such atmosphere and came into the power keenly. The dictator was not a tyrant from the beginning. At first he often appeared as a person with nation-wide popularity. This phenomenon was not limited in the Middle East but found in many developing countries such as Eastern Europe, Asia, South America or Africa. But it was worthy to say that the dictatorship in the Middle East appeared intensively after the Ramadan War, and has kept power for a very long period of 30 to 40 years since then. It was surprising that some of them still keeps power.

 

Taking the incidents in historical order, the duration of dictatorship in the Middle East was as follows; Colonel Muammar Gaddafi in Libya (1969-2011), President Hafiz and Basher al-Assad in Syria (1971- present), President Ali Abdullah Saleh in Yemen (1978-2012), President Saddam Hussein in Iraq (1979-2003), President Hosni Mubarak in Egypt (1981-2011), President Ben Ali in Tunisia (1987-2011) and President Omar al-Bashir in Sudan (1989-present). Shortest tenure was 24 years of Saddam Hussein in Iraq or Ben Ali in Tunisia. Assad family of Hafiz and Basher is still sitting in a dictator's chair even after nearly half century.

 

As you can understand from the history, it was in 1970s and 1980s that they first came to power, and the years of sliding down from power were concentrated in 2011 and 2012. This obviously implicates the result of the "Arab Spring" that began at the end of 2010.

 

The process of getting dictatorship was different from each other depending on the political and social situation of each countries and their ways of taking power. But some dictators had common character. Muammar Gaddafi of Libya, Hafiz al-Assad of Syria, Hosni Mubarak of Egypt, Abdullah Saleh of Yemen, Omar al-Bashir of Sudan were all soldiers. Military experience was the shortest course to dictator.

30cカダフィ
 

Take Libya's Muammar Gaddafi as an example. He overthrow the United Kingdom of Libya by the coup d'etat in 1969. He grabbed power and established Great Socialist People’s Libyan Arab Jamahiriya. Jamahiriya means direct democracy. He did not allow people to call him president. Therefore people called him the supreme leader and he called himself as "colonel". Gaddafi esteemed Egyptian president Nasser who had a title of colonel during his military career. Gaddafi used carrot and stick distinctively to control tribes. At the same time, he survived in the turbulent international politics with exquisite maxim. But finally he was killed in the civil war following the aftermath of the "Arab Spring" in Tunisia and ended the dictatorship for 42 years in 2011.

 

 

(To be continued ----)



drecom_ocin_japan at 10:54コメント(0)中東の戦後70年 

2018年05月25日

MENAなんでもランキング・シリーズ その7)

 

5.サウジアラビア、UAE、トルコ、エジプト、イラン5カ国と日米中の比較(レーダーチャート)

(図http://menarank.maeda1.jp/7-G01.pdf 参照)

 今回評価対象となっているMENA諸国のうち、UAE(世界10位)、トルコ(同58位)、サウジアラビア(同98位) 、エジプト(同139位)及びイラン(同156位)の5カ国に米国(同18位)、日本(同30位)、中国(同110位)を加えた8か国の分野別ポイントをレーダーチャートで表してみる。ここでは8カ国を以下の3つのグループに分けて比較検証を行った。なおレーダーチャートは最も外側がポイント100(満点)であり内側中心のポイントは0.0である。そして最上段のOverallが総合ポイントであり、Pillar 1からPillar 12までは第1項に述べた分野を示している。グラフの実線は外側に広がるほどポイントが高いことを、また真円に近いほど分野のバランスが取れていることを示している。

 

(1)  チャート1(世界上位グループ):UAE、米国、日本

 UAE、米国及び日本は総合ランクがそれぞれ世界10位、18位、30位であり日本とUAEはかなり差がある。分野別に見ると米国と日本はInvestment Freedom(Pillar 11)Financial Freedom(Pillar 12)及びLabor Freedom(Pillar8)の3分野の格差が大きいが、その他の分野ではほぼ似たような傾向を示している。両国は多くの分野で高いスコアを示しているが、Government Spending(Pillar 5)Fiscal Health(Pillar 6)ではポイントが低い。特にFiscal Health (Pillar 6)ではUAEのスコアが99.0に対し、米国と日本のスコアはそれぞれ54.8及び49.3にとどまっている。

 

UAETax Burden (Pillar 4)及びFiscal Health (Pillar 6)2つの項目で日米を大きく上回っているが、一方Investment Freedom (Pillar 11)では日米よりもかなり悪い。3カ国の中では米国は各項目のポイントが安定しておりムラがない。

 

(2)  チャート2(中位グループ):サウジアラビア、トルコ

 世界順位58位のトルコと同98位のサウジアラビアは世界180か国の中で中の中位グループに入る。トルコの各分野別ポイントは60前後のものが比較的多く、Government Integrity (Pillar 3)及びLabor Freedom (Pillar 8)が低い。そしてFiscal Health (Pillar 6) のポイントが高く比較的均整が取れている。これに対してサウジアラビアは分野別のポイントの差が大きく、Tax Burden (Pillar 4)のようにほぼ満点の分野がある一方、Government Integrity (Pillar 3)Investment Freedom (Pillar 11)はポイント数が40台にとどまり、特にFiscal Health(Pillar 6)はポイントが20以下と非常に悪い。同国は油価が低迷する中で予算の大幅赤字を補うため一昨年以降大量の国債を発行しており、財政の健全性に赤信号が灯っている。同じ湾岸の産油国であるUAE(上記参照)と比較した場合、サウジアラビアはかなり見劣りすると同時に格差が一段と広がっているようである。

 

(3)  チャート3(下位グループ):中国、エジプト、イラン

 中国(世界110位)とエジプト(同139位)及びイラン(同156位)はいずれも経済自由度の世界ランクが低い。分野別では3か国ともProperty Rights (Pillar 1)及びGovernment Integrity (Pillar 3)のポイントが低い。またFiscal Health (Pillar 6)は中国(85.9)及びイラン(91.7)が極めて高いのに対してエジプトは1.2にとどまっており格差が大きい。一方Investment Freedom (Pillar 11)についてはエジプト(60.0)に対し中国(25.0)、イラン(0.0)であり、逆にエジプトが3か国中で最も高い。

 

3か国とも項目毎のポイントに大きな差がありレーダーチャート全体の形状はUAE、米国、トルコと比べかなりいびつである。

 

以上

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 14:03コメント(0)MENA 
drecom_ocin_japan at 13:46コメント(0)今日のニュース 

2018年05月24日

MENAなんでもランキング・シリーズ その7)

 

(100位すれすれまで急落したサウジアラビア!)

4.主要国の世界順位の変遷(2014~2018年)

(http://menarank.maeda1.jp/7-T03.pdf 参照)

(http://menarank.maeda1.jp/7-G02.pdf 参照)

 ここではUAE、サウジアラビア、トルコ、エジプト、イランの5カ国及び米国、日本、中国の過去5年間(2014年~2018年)の世界順位の推移を比較してみる。

 

 2014年には8カ国のうち米国、日本およびUAEが上位グループにあり、トルコとサウジアラビアが中位グループ、中国とエジプトが下位グループにあり、イランは世界最下位近くに位置していた。この傾向は2016年まで続いたが、2017年及び2018年に各国の順位が大きく変動した結果、上位3グループはそのままであるが、中位グループのうちサウジアラビアが大きく後退し、下位グループから抜け出した中国と同程度の順位となっている。一方順位を下げたエジプトに対して順位をアップさせたイランが下位グループを形成している。

 

 まず米国、日本及びUAEの上位3か国を見ると、2014年は米国が10位と3か国の中で最も高く、日本は24位、UAEは28位であった。2014年から2016年までの3年間は各国とも世界順位に大きな変動はなかった。しかし2017年にはUAEが前年の25位から一挙にベストテンの8位に上昇、これに対して米国は11位から17位に後退、さらに日本は22位から40位に急落した。この結果UAEは米国、日本を抜き去り3か国のトップとなった。2018年はUAE及び米国がほぼ前年同様の順位を維持し、一方日本は30位にもどっている。

 

トルコは2014年の世界64位から2年連続して下落、2016年には79位まで後退したがその後2017年、18年と順位を上げ、2018年には過去5年間で最高の58位となった。サウジアラビアは2014年は世界77位でその後横滑り状態を続け2018年にはトルコと並び、さらに2017年は順位を60位台に上げてトルコと歩調を合わせた。しかし2018年には98位に急落トルコとの格差が大きくなった。そしてかつて2014年にはエジプトと同程度の136位であった中国が前回以降急激に順位を上げた結果、2018年には110位となりサウジアラビアとの差が縮まってきた。

 

エジプトは2014年に135位で中国(136位)と同じ水準であった。その後、124位(2015年)→125位(16年)と順位を上げたが2017年は中国に追い抜かれて144位に後退、2018年も139位にとどまっている。イランは2014年から16年まで世界最低レベルの170位台に低迷していたが、経済制裁が解除され穏健派が政局をリードすることにより経済の自由度が改善されたことが評価され155位(2017年)→156位(18年)と150位台に定着、この結果エジプトとの格差がかなり小さくなっている。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 10:26コメント(0)MENA 

2018年05月23日

MENAなんでもランキング・シリーズ その7)

 

3.分野(Pillar)別の順位(続き)

(表http://menarank.maeda1.jp/7-T02.pdf参照)

 

(7)   Business FreedomMENA平均ポイント:67.0)

 ビジネスの自由度(Business Freedom)MENA1位はチュニジアでそのポイントは81.4である。これに次ぐのはUAEの79.9で、この2カ国がMENAで高いポイントを得ている。MENA第3位はオマーン(76.3)、第4位バハレーン(75.5)、第5位サウジアラビア(74.0)、第6位イスラエル(71.8)、第7位エジプト(71.5)、第8位カタール(71.3)が70ポイント以上の国々である。MENA19か国中の最下位はレバノン(48.8)であり、同国だけが50ポイントを下回っている。

(参考:日本81.7、米国82.7、中国54.9)

 

(8)   Labor FreedomMENA平均ポイント:57.6)

 UAEは労働の自由度(Labor Freedom)MENAトップ(81.1)であり、MENA19カ国の中で唯一80ポイントを超えている。同国は米国(91.4)には及ばないものの日本(79.2)よりも高い。UAEに続くのがバハレーン(76.5)である。MENA第3位のイラク(69.8)以下は70ポイント未満であり、MENAではUAE及びバハレーンの2カ国の評価が飛び抜けて高い。その他のGCC諸国はカタール(65.4)、サウジアラビア(64.8)、クウェイト(61.5)、オマーン(55.2)である。MENAの平均ポイントは57.6であるが、これを大幅に下回る労働の自由度が低い国は、モロッコ、レバノン、リビア、トルコ、アルジェリアの各国である。

(参考:日本79.2、米国91.4、中国61.4)

 

(9)   Monetary FreedomMENA平均ポイント:73.4)

 通貨の自由度(Monetary Freedom)が最も高いのはヨルダン(88.7)であり、これに次ぐのがイスラエル(85.3)、モロッコ(82.3)、レバノン(81.9)である。一方ポイントが低いのはシリア(44.2)、リビア(56.2)、イラン(59.8)である。

(参考:日本85.4、米国78.6、中国71.4)

 

(10)Trade FreedomMENA平均ポイント:77.2)

貿易の自由度(Trade Freedom)MENAではイラク、イエメンを除く17カ国が評価されており、ポイントが高いのはオマーン(86.2)、イスラエル(85.5)、レバノン(84.5)、UAE(84.3)、バハレーン(83.4)、カタール(83.3)の各国であり、これらの国は日本(82.3)より高い。一方ポイントが低いのはイラン(54.5)及びシリア(56.6)の2カ国である。

(参考:日本82.3、米国86.7、中国73.2)

 

(11)Investment FreedomMENA平均ポイント:48.3)

投資の自由度(Investment Freedom)MENAで最も高い国はイスラエル、トルコ及びバハレーンでありポイントは75.0である。これら3カ国に次ぐのがヨルダン(70.0)、次いでレバノン、オマーン、モロッコ(各65.0)である。一方、投資の自由度が低いとされているのはアルジェリア(25.0、リビア(5.0)等であるが、特にイラン及びシリアは0.0と評価されている。この項目は他の項目に比べてポイントの格差が大きい。なお外国企業が多数進出しているドバイを有するUAEのポイントはMENAの平均(48.3)を下回る40.0でサウジアラビアも同じポイントである。

(参考:日本70.0、米国85.0、中国25.0)

 

(12)Financial FreedomMENA平均ポイント:53.3)

 金融の自由度がMENAで最も高いのはバハレーン(80.0)であり、同国のポイントは米国(80.0)と同等で日本(60.0)を上回っている。バハレーンに次ぐMENA2位はイスラエル及びモロッコ(各70.0)である。ヨルダン、クウェイト、オマーン、カタール、トルコ及びUAEの6カ国がポイント60.0で並んでおり、これは日本とおなじポイントである。さらにレバノン、エジプト、サウジアラビアが50.0である。一方、金融の自由度が低いと評価されているのは、イラン(10.0)である。

(参考:日本60.0、米国80.0、中国20.0)

 

 (続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 09:03コメント(0)MENA 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ