2017年11月18日

Home Page: OCIN INITIATIVE

 

(Japanese Version)

(Arabic Version)

 

(Table of contents)

 

 

By Areha Kazuya

E-mail: areha_kazuya@jcom.home.ne.jp

 

Prologue

 

4. Britain's triple tongue diplomacy during World War I (1)

 

When talking about the Middle East after the World War II, it is inevitable to mention about  "triple tongue diplomacy" by Britain during the World War I.

 

World War I was a war between two groups. One is UK, France and their allies including Japan. The other side is Germany, Austria and Ottoman Empire. UK, France and its allies defeated German allies. In 1919 the Versailles Treaty was concluded at the Paris Peace Conference on postwar treatments led by UK and France. This treaty was extremely harsh for the defeated Germany and Ottoman Empire. Germany ceded its territory and also was forced a huge compensation. It was the system called the winner-take-all. The UK and France also did not forgive the Ottoman Empire. Except for Asia Minor  UK and France forfeited Levant, Tigris & Euphrates regions from Ottoman Empire, where she has been the lord in the long history. It is a finish of colonial acquisition games by the European imperialistic nations continuing from the 19th century. The Arab people who has been living in that area for a long time has been totally neglected.

 

During the World War I UK made three promises – the McMahon-Hussein Correspondence, the Sykes- Pico Agreement and the Balfour Declaration. They were the roots of all evil at present in the Middle East. Each of these three promises were concluded with different partners, and totally conflicted each other. Therefore, these series of UK diplomacy were criticized as triple tongue diplomacy. It was not only critically acknowledged, but it brought about disaster to the whole region of the Middle East, and the disaster has been continuing for one hundred years.

 

(1)  McMahon-Hussein Correspondence

The first of these three promises is a series of ten letters between Henry McMahon, the British High Commissioner in the Sultanate of Egypt, and Hussein bin Ali, Sharif of Makkah from July 1915 to March 1916. As the reward of the war against Ottoman Empire, McMahon promised independence of   Arabs. He wrote a letter to Hussein on 24 October 1915, saying as follows.

 

"I am empowered in the name of the Government of Great Britain to give the followint assuraances and make the following reply to your letter:

 Subject to the above modifications, Greate Britain is prepared to recongnize and support the Independence of the Arabs within the territories included in the limits and boundaries proposed by the Sherif of Mecca”

 

Hussein was born in historic house as a 39th direct descendant of the Prophet Muhammad. He was the Sherif of Makkah and the King of the Hizjaz, reigning the Red Sea coastal zone.  Hussein, who was supported by UK, ordered his sons Abdallah and Faisal to attack the Ottoman Empire. Abdullah later became the King of Jordan and grandfather of Abdallah II. And Faisal became the King of Iraq. Two sons fought guerrilla war against Ottoman Empire.

 

アラビアのロレンス
It was this moment that the British military officer Thomas Edward Lawrence, so-called "Lawrence of Arabia", worked as a operation staff of King Faisal. The name of "Lawrence of Arabia" might give the impression that Lawrence himself created his own tactics and led ignorant Arabs to the victory. However, this was wholly illusion made by UK. He was merely a liaison officer of the British Army. His duty was the agency of military logistics such as war chest, weapons and ammunition supplied from the UK to the Arabs.

 

He himself believed that his country would faithfully keep the promise of the McMahon-Hussein Correspondence. However, after the war, the land actually allocated to the Arabs was far from their expectation. T.E. Lawrence lost the trust of Arabs. His heart was broken and he returned to UK. He afterwards lost his own life by a motorcycle accident.

 

In the Arab world, Lawrence is regarded as "a tool of the UK" and has not been appreciated at all. On the other hand, Western people who is the winner of the war created a hero at one’s descretion.


(To be continued ----)

 

 



drecom_ocin_japan at 15:39コメント(0)中東の戦後70年 

2017年11月16日

MENAなんでもランキング・シリーズ その11)

 

掲載日2017.11.16

前田 高行

 

(1990年から2010年までに大きく改善した人間開発指数!)

6.1990年~2015年のHDIの推移

(図http://menarank.maeda1.jp/11-G01.pdf 参照)

 ここではMENA諸国の中からサウジアラビア、UAE、トルコ及びエジプトの4カ国を取り上げ、これに日本、全世界平均、アラブ諸国平均を加えて1990年から2015年までのHDIの推移を比較する。

 

 1990年時点では日本は既にHDI指数が0.814の高々度人間開発(VHHD)国であり、UAE(0.726)は高度人間開発(HHD)国であった。またサウジアラビアは指数が0.698でHHDまであと一息の地位にあった。また全世界平均(0.597)、トルコ(0.576)、アラブ諸国平均(0.556)は指数0.550以上の中位人間開発(MHD)レベルにあり、エジプト(0.547)は低度人間開発(LHD)国であった。

 

 2010年までに全世界の平均は0.641にアップし、日本も0.814→0.884に改善しているが、アラブ諸国の人間開発度は世界平均を上回るペースで上昇した。即ちエジプトは0.547(1990年)→0.612(2000年)→0.671(2010年)と指数が大きく上昇しており、アラブ諸国の平均もこれとほぼ同じ足跡をたどっている。サウジアラビアとUAEも指数は0.698→0.742→0.803及び0.726→0.798→0.824とそれぞれ大きく改善しHHDからVHHDグループ入りを果たしている。特に顕著なのがトルコであり同国は1990年の0.576が2000年には0.653、さらに2010年には0.737と指数が大幅にアップ、MHDからHHDのグループに上がっている。

 

 2010年から2015年にかけては人間開発指数は年々改善しているものの伸びが鈍化している。全世界平均では2010年の0.696から2015年の0.717まで5年間で0.021ポイント上昇している。日本の場合は0.884(2010年)→0.903(2015年)で0.019ポイントの伸びであった。これに対してその間のアラブ諸国の平均は0.696→0.717と0.023ポイントの上昇で世界平均を上回るアップを示している。このような中でサウジアラビアは2010~14年にかけて他国を上回るスピードで指数を上げており2012年以降はUAEの指数を上回り世界ランクがUAEを追い越す勢いを見せている。

 

 但し先に述べた通り前回2014年からアラブ諸国は指数が上昇しても世界ランクが低下する国が続出している。アラブ諸国は世界の人間開発度の上昇に追いつかない傾向が出ており、今後を注視する必要がありそうである。

 

()

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 13:44コメント(0)MENA 

2017年11月14日

MENAなんでもランキング・シリーズ その11)

 

掲載日2017.11.14

前田 高行

 

(世界平均を上回るアラブ諸国!)

5.2014年と2015年のGII比較

(表http://menarank.maeda1.jp/11-T02.pdf 参照)

 2014年と2015年のGII(ジェンダー不平等指数)を比較するとアラブ諸国の平均GIIは2014年の0.537に対して2015年は0.535でありわずかながら改善されている。全世界平均では2014年(0.449)と2015年(0.443)では0.006アップしているのに比べるとアラブ諸国の改善の度合いは少し低い。これはHDI(人間開発指数)と同じ傾向を示している。

 

 各国毎に見ると世界順位がアップした国は6カ国、同じ順位の国が1カ国、順位がダウンした国は12か国であり、順位を落とした国の方が多い。もっとも順位を上げた国はクウェイトであり前年の79位から今回は70位にアップしている。一方順位がダウンした国の中には大きく下がった国が少なくなく、シリアは119位から133位へと14ランク下げており、その他カタール(116位→127位)、リビア(27位→38位)、チュニジア(48位→58位)なども10ランク以上下がっている。

 

 指数で見た場合はアップした国とダウンした国は同じ9か国ずつで、変動のない国が1カ国である。指数が最も上がった国はクウェイトであり、逆に指数が最も下がったのはチュニジアである。なお指数が前回よりアップしたにもかかわらず順位がダウンした国がレバノン、エジプト及びイランの3カ国である。指数が改善しても世界順位が上がらないと言う結果になっている。

 

MENA諸国内の順位で比べるとイスラエル、リビア及びUAEの上位3カ国は変動がなく、またエジプト(18位)及びイエメン(19位)も2年連続で最下位である。

 

 日本、米国及び中国を見ると、日本はGIIが0.133から0.116に改善しており、世界順位も前回の26位から今回は21位に躍進している。米国はGII指数が0.280から0.203と世界平均(0.449→0.443)を大きく上回る改善度を示し、世界順位も55位から43位に上がっている。今回の43位はMENAではリビア(世界38位)とUAE(同46位)の中間に位置している。中国はGIIポイントが0.027改善し、世界順位も40位から37位に上昇している。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 13:36コメント(0)MENA 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ