2005年02月08日

2/8 Gulf Daily News (Bahrain)
 バハレンの国営石油化学会社Bapcoは、国際金融シンジケート他と10億ドルの融資契約を締結した。融資は2007年に完成予定の低硫黄ディーゼル製造プラント建設(6.85億ドル)を主たる対象としたもの。プラント入札は4月に行われる。
 融資内訳は、JBIC/NEXI(米輸出入銀行)3.11億ドル、BNP Pariba (仏)、HSBCなどの民間シンジケート3.7億ドル及びイスラム金融3.3億ドルである。
 調印式にはバハレン蔵相、商工業相及びみずほ銀行を含む関連金融機関のほか夏目大使等が出席した。

at 22:11Bahrain 
2/8 Arab News (Saudi Arabia)
 30名からなるロシア貿易使節団がシリアを訪問した。これはバシャール大統領が1/24-27にロシアを訪問し、政治・経済・文化・観光協力の多方面にわたる覚書を締結したことに基づくものであり明日両国ビジネスマン会議が開催される。

コメント:
 米国主導の中東和平が進む中で、シリア、イランは米国の孤立化政策の的となっているが、シリアはロシアへの接近策に活路を見出そうとしている。ロシアはかつてバシャール現大統領の父親アサド前大統領の冷戦時代にソ連と経済的、軍事的に緊密な関係にあった。
 また同国の内務相がカタールを訪問中など、近隣アラブ諸国との関係強化にも取り組んでおり、イスラエル・パレスチナ和平が動き出した今、イスラエルとのゴラン高原兵力問題或いはイラク国内テロを支援しているとの米国の外交攻勢に立ち向かうための戦略を探っているようである。

at 21:40 

2005年02月06日

2/6 Kuwait Times
クウェイトの海運業Kuwait and Gulf Link社は、Ras Al-Khaima(UAE)政府と同国Mina Saqr港を21年間BOTベースで運営することに合意した。今後5千万ドルを投資し、5年後にはコンテナ処理能力を300,000TEUにする計画。
 同社はクウェイトのShuaiba港でコンテナターミナルを運営しているほか、サウジアラビアのジェッダ港でも100万TEU処理の合弁事業を運営している。

コメント:
 アラビア湾の最奥部にあるクウェイトは海と陸の接点として重要な貿易港であったが、湾岸戦争で港湾施設が荒廃し、イラク・サダム政権下では中継地としての利点が無くなった。また港湾浚渫に積極的に取り組まなかったツケが回りドバイがアラビア湾内の大型コンテナ船寄港地となった。クウェイトはイラク復興需要をにらんで大規模な港湾改造工事を計画中である。しかしながら工事完成までは長期間を要するため、今回は即効薬を狙ったものと思われる。アラビア湾の海運に後手を取って焦るクウェイトと、ドバイの後塵を拝し経済自立に躍起のラス・アルハイマとの思惑が一致したものであろう。


at 21:38Kuwait 
2/6 Khaleej Times (UAE)
 富士通と独Siemensの合弁会社Fujitsu Seimens Computers(FSC)の西欧・中東担当Dave Cullinane副社長は、PC組立工場を湾岸地域に建設する計画を今後2ヶ月以内に決定すると語った。ただ同副社長は投資額、工場建設地等については明らかにしなかった。


at 21:02UAE(Abu Dhabi, Dubai) 
2/6 Gulf Times (Qatar)
Qatar Gas Transport Co.(Nakilat)とそのコンソーシアムは、韓国の大宇造船と21万6千トンのLNG運搬船4隻の建造契約(9億ドル)を締結する。2007年及び2008年の完成後は、25年間のチャーター契約により英国向けにLNGを出荷する。なお同社は現代造船/Samsung重工とも4隻の同型船の契約を9億ドルで最近締結したばかりである。
Nakilatは2010年までに57艘の船団を保有する計画である。同社の資本金は46億QRで、そのうち50%は2/16を申し込み期限とするIPO(株式公開)が進められており、残る50%の公開は2007年及び2009年の予定。

at 17:59Qatar 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ