2017年06月22日

(注)本レポートは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0414MenaRank12.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その12)

 

2017.6.22

前田 高行

 

(サウジアラビア、トルコを追い抜いたイラン!)

4.2012年~2017年の世界順位の推移

(図http://menarank.maeda1.jp/12-G01.pdf 参照)

(http://menarank.maeda1.jp/12-T03.pdf 参照)

 ここではMENA6か国(カタール、サウジアラビア、イラン、エジプト、トルコ、シリア)と日本、米国及び中国について2012年から2017年までの順位の変動を見てみよう。

 

 前年に「アラブの春」の騒乱が発生した2012年の6カ国の世界順位はそれぞれ、カタール12位、サウジアラビア106位、エジプト111位、イラン128位、トルコ130位、シリア147位であり、カタールが飛び抜けて高く、シリアが6カ国の中では最もランクが低かった。カタールはその後の6年間もMENAのトップであるが、年ごとの推移を見ると19位(‘13年)→22位(‘14年)→30位(‘15年)→34位(‘16年)→30位(‘17年)とほぼ毎年順位を下げ現在は世界30位台に停滞している。またシリアは2013年に世界最下位に転落するとその後5年連続で最下位に甘んじている。

 

サウジアラビアは順位の変動が幅が大きく2012年の106位から2014年には80位まで上昇したが、その後は95位(‘15年)→129位(‘16年)→133位(‘17年)と年々順位が下がり2017年は過去6年間で最も悪い。これに対してイランは順位の変動が小さく130位台前後を保持している。トルコは2012年から2015年までイランとほぼ同じ順位を維持していたが、2014年からの下落傾向が止まらず、2016年は145位、2017年は146位でありイランとの格差が広がっている。エジプトは2012年、2013年は110位台であったが翌年以降は140位前後に落ちている。

 

日本の順位の変遷は3位(2012年)→5位(2013年)→6位(2014年)→8位(2015年)→9位(2016年)→10位(2017年)と6年連続でベストテンに入っているものの低落傾向が見られ、今回はベストテンぎりぎりであり今後が懸念される。米国と中国は共に2012年は80位台前半、2013年は同後半台、2014年は100位前後と同じような足取りであったが、2016年には米国94位に対し、中国は124位と格差が開いた。しかし2017年は米国114位、中国116位と再び肩を並べている。本稿冒頭に説明した通り平和指数は小銃など小型兵器の入手の容易さ、人権に対する尊重の度合いなど24項目をベースに作成されているが、米国及び中国の世界ランクが100位以下と低いのは米国が兵器の入手、中国が人権の尊重でそれぞれ問題を孕んでいることを反映しているものと思われる。

 

以上

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                                  E-Mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 20:42コメント(0)トラックバック(0)MENA 
ムハンマド皇太子関連資料:
八方ふさがりのサウジ副皇太子」:


**新内務相は故ナイフ元皇太子兼内相の孫。サウド東部州知事の子息。(前内相の甥にあたる) 1983年11月4日生まれ。

「ナイフ家系図」:http://menadabase.maeda1.jp/3-1-6.pdf


drecom_ocin_japan at 10:19コメント(0)トラックバック(0)今日のニュース 

(注)本レポートは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0414MenaRank12.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その12)

 

2017.6.21

前田 高行

 

(6割の国で平和指数が悪化!)

3.2016年と2017年の比較

(http://menarank.maeda1.jp/12-T02.pdf 参照)

 今回と昨年の平和指数、世界ランク及びMENA各国間のランクの変動を比較してみると、まずMENAの平均順位は昨年の117位に対し今年は116位でわずかながらアップしているが、平均指数のスコアは昨年の2.528に対して今年は2.537でありこちらはほんの少し悪化している。

 

 国別に見ると6割以上の国でスコアがさがっており、ランクもアップした国8か国に対し下げた国は9か国でありMENA全体としては平和度が下がっていると言えよう。世界ランクの下がり方が大きかったのはクウェイト(世界51位→58位)チュニジア(世界64位→69位)UAE(世界61位→65位)、サウジアラビア(世界129位→133位)などであり、一方モロッコは昨年の91位から今年は75位に大幅に上昇しており、またカタール(世界34位→30位)、オマーン(世界74位→70位)、イラン(世界133位→129位)の各国も順位を上げている。君主制国家は順位の上がった国と下がった国が二分し明暗を分けている。

 

 トルコはスコア(2.752→2.777)、ランク(145位→146位)共に安全度が下がっており、エジプトはスコアはわずかながらダウンしたものの世界順位は142位から139位に上がっている。これに対してトルコ、エジプトと並ぶ中東の大国イランはスコア(2.411→2.364)は改善し、世界ランクも133位から129位にアップしている。3か国の評価が分かれる理由は、トルコ、エジプトでイスラム過激派によるテロ事件が止まらないことに比べ、イランはテロ事件が少なく(但し最近テヘランのモスクでテロ事件が発生している)また経済制裁緩和で国内に平和の機運が高まっていることの表れと考えられる。

 

 MENAの下位国を見ると、シリアは2年連続で最下位である。イラクも連続して世界161位にとどまっているがスコアは3.570から3.556へと少し改善している。その他内戦に揺れるリビア及びイエメンあるいはイスラーム国(IS)の影響を受けているレバノンの3か国はスコア及び世界ランクのいずれもが悪化している。

 

 (続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                                  E-Mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

                                 



drecom_ocin_japan at 13:31コメント(0)トラックバック(0)MENA 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ