2017年12月07日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0427MenaRank13.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その13)

 

4.MENA6カ国及び日米韓の項目別比較(レーダーチャート)

(http://menarank.maeda1.jp/13-G01.pdf 参照)

 図はエジプト、トルコ、イラン及びGCC3カ国(サウジアラビア、UAE、カタール)のMENA6カ国と日本、米国及び韓国の9カ国を上位グループ、中位グループ及び下位グループの三つに分け、各国の項目別世界順位をレーダーチャートとして表示したものである。レーダーチャートは最も外側が世界順位1位であり内側の中心は201位(実際の対象国数は190カ国である。各分野の世界順位を結ぶ輪が各国の項目別順位の状況を示している。レーダーチャートの輪が外側に広がっているほど世界での順位が高く、また輪の形が真円に近いほど各分野の世界順位が平均していることを示している。

 

(1)上位グループ:米国、日本、韓国

 韓国はほぼ全ての分野で世界のトップグループである。同国の総合順位は世界4位であり、契約強制力が世界1位であるほか電力事情(2位)、清算(5位)、起業(9位)の4項目が世界10位以内である。また投資家保護(20位)、徴税(24位)、建設許可(28位)など項目のほとんどが高く、最も低い信用取得でも世界55位であり全項目にわたって均整の取れたビジネス環境である。

 

 米国は総合順位が6位で韓国をわずかに下回っている。米国が韓国よりも劣っているのは起業(世界49位)、電力事情(同49位)、投資家保護(同42位)、契約強制力(16位)など7つの項目である。一方米国が韓国を上回っているのは登記(同37位)、信用取得(同2位)及び清算(3位)の3項目である。

 

これに対して日本は総合順位世界34位でベストテンに入る韓国、米国とかなりの格差があり、10項目についても世界順位は殆ど両国を下回っている。特に起業(世界106位)、信用取得(77位)、契約強制力(51位)、徴税(68位)などは米国、韓国いずれの国よりも低い。日本が両国のいずれかよりも順位が高い項目は電力事情が米国よりも高く、また清算項目(世界1位)のみが韓国(5位)及び米国(3位)を上回っている。

 

韓国及び米国のレーダーチャートが外側に広がった比較的真円に近い(つまりビジネス環境が平均して良好である)のに対して、日本の場合は起業、信用取得などが劣っており、レーダーチャートの円は小さく、形がいびつとなっている。

 

()GCC産油国グループ:UAE、サウジ、カタール

 UAE、サウジアラビア、カタールの産油(ガス)3カ国を比較すると総合順位ではUAE21位、カタール83位、サウジアラビア92位であり、UAEが他の2カ国を大きく上回っている。項目別に見ると起業分野の世界順位はUAE51位、カタール89位、サウジ135位であり、サウジの評価が特に低い。建設許可、登記及び徴税の分野は3カ国とも比較的世界順位が高く、特に徴税分野ではUAE及びカタールが世界1位、サウジは世界76位でUAEとカタールは世界のトップである。UAEの場合は建設許可、電力事情、登記、投資家保護及び徴税の5分野で世界10位以内に入っている。

 

反対にこれら3カ国は信用取得(サウジ、UAE 共に90位、カタール133位)或いは通関(UAE91位、カタール90位、サウジ161位)がいずれも世界平均を下回っている。3カ国の比較で見るとカタールは投資家保護及び契約強制力の分野でUAE或いはサウジアラビアよりもかなり低く、一方サウジアラビアは起業、通関、清算などの分野が他の2カ国に比べて大きく劣っている。

 

(3)下位グループ:トルコ、エジプト、イラン

 中東の三大国トルコ、エジプト及びイランのビジネス環境の総合順位はそれぞれトルコ60位、イラン124位、エジプト128位でありイランおよびエジプトの評価が低い。分野別の世界順位を見るとトルコが比較的順位が平均化しているが、エジプト及びイランは分野ごとの格差が大きい。

 

また3カ国の順位格差を見ると信用取得(トルコ77位、イラン及びエジプト 共に90位)、清算(トルコ139位、イラン160位、エジプト115位)の2分野は3カ国の格差が比較的小さいが、その他の分野では3カ国の格差が大きい。たとえば建設許可ではイラン25位、エジプト66位、トルコ96位と3カ国のビジネス環境には大きな違いがあり、契約強制力についてもトルコ30位、イラン80位、エジプト160位でその格差が大きい。投資家保護の分野ではトルコが世界20位でトップレベルにあるのに対してエジプトとイランはそれぞれ81位、170位でありトルコが抜きんでている。通関についても同様にトルコの71位に対してイラン166位、エジプト170位である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 09:37コメント(0)MENA 

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0427MenaRank13.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その13)

 

3.調査項目毎のランク(続き)

(表http://menarank.maeda1.jp/13-T02.pdf参照)

(6)Protecting Investors(投資家保護)

 MENAで投資家が最も確実に保護されているのはサウジアラビアとUAEで両国の世界ランクは第10位である。この2か国に続くのがイスラエル(16位)、トルコ(20位)であり、MENA第5位(世界62位)のモロッコとの間には大きな開きがある。これに対しランクが低いのイラン、アルジェリア(共に170位)、カタール(177位)、リビア(183位)などである。

(参考:日本62位、米国42位、韓国20位、中国119位)

 

(7)Paying Taxes(徴税)

 この項目ではUAE及びカタールが共に世界1位、バハレーン5位、クウェイト6位でありGCCの4カ国が世界のベストテンの上位を占めている。またオマーンも世界11位である。GCC各国では個人所得税が免除されているほか法人税も非常に低い。但し同じGCC加盟国でもサウジアラビアは76位で他の5か国よりかなり劣っている。なおこの項目のMENAの世界平均順位は80位であり10項目の中では最も順位が高い。一方でイラン(150位)、アルジェリア(157位)、エジプト(167位)など税負担のレベルが高い国がある。MENAは一部の産油国とその他の国で徴税レベルの格差が大きい。

(参考:日本68位、米国36位、韓国24位、中国130位)

 

(8)Trading Across Borders(通関)

事業用の資本財を輸入し、或いは完成した製品を輸出するためには税関手続きが簡単であることが望ましい。この分野でMENAで世界順位が最も高い国はパレスチナ自治区の49位であり、次いでヨルダン(53位)、イスラエル(60位)、モロッコ(65位)となっている。評価が低いのはエジプト(170位)、シリア(176位)、イラク(179位)、アルジェリア(181位)、イエメン(189位)である。

(参考:日本51位、米国36位、韓国33位、中国97位)

 

(9)Enforcing Contracts(契約強制力)

 この項目のトップはUAE(世界12位、以下同じ)で、これに次ぐのがトルコ(30位)、モロッコ(57位)、オマーン(67位)、クウェイト(73位)の各国である。この分野のMENA各国の評価は総合順位とかなり異なっている。UAE、オマーン、クウェイト以外のGCC各国は、サウジアラビア(83位)、バハレーン(111位)、カタール(123位)となっている。

(参考:日本51位、米国16位、韓国1位、中国5位)

 

(10)Resolving Insolvency(清算)

 事業の撤退を決断した場合、清算手続きをスムーズに行う必要があり、起業(項目1参照)と同様外国投資家にとっては重要な要素である。この面ではイスラエルが世界29位でMENA地域では最も高い評価を得ている。これに続くのがチュニジア(63位)、UAE(69位)である。

 これに対しサウジアラビア、イラク、リビア及びパレスチナ自治政府は168位と評価が極めて低く、またイラン(160位)、トルコ(139位)、エジプト(115位)などMENAには世界ランクの低い国が多い。MENAの世界平均順位は124位であり、これは10項目の中では最も低く、MENAは事業清算の難しい国が多いことを示している。

(参考:日本1位、米国3位、韓国5位、中国56位)

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 09:07コメント(0)MENA 

2017年12月05日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0427MenaRank13.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その13)

 

3.評価項目毎のランク

(表http://menarank.maeda1.jp/13-T02.pdf 参照)

評価の対象となっている10項目についてMENA各国のランクを概観すると以下の通りである。

 

(1)Starting a Business (起業)

 事業をスタートさせる難易度である「Starting Business(起業)」についてMENA諸国の中で最も起業しやすいとされた国はオマーン(世界順位31位、以下同じ)である。これに次ぐのがモロッコ(35位)、イスラエル(37位)、UAE(51位)の順である。バハレーン、トルコ、カタール、イランは70~90位台であり、これら8カ国が100位以内である。エジプト、サウジアラビア、イラク他の12カ国(含むパレスチナ)は100位以下であり、MENAの世界平均は108位である。

 因みに韓国は9位、米国は49位であり、日本は106位でエジプト(103位)より低く、中国(93位)はイラン(97位)とほぼ同等である。

 

(2)Dealing with Construction Permits(建設許可取得)

 進出先の関係政府機関から工場を建設するための許認可を取り付けるための難易度を見ると、UAE(世界順位2位、以下同じ)が世界のトップテンに入っている。これに続いてモロッコ(17位)、カタール(19位)、イラン(25位)が世界の上位に入っている。イランに次ぐのはサウジアラビア(世界38位)であるが両国の間は少し開いている。同じGCC加盟国であるクウェイトは世界129位と順位がかなり低い。

 

 MENAでランクが最も低いのはリビア、シリア及びイエメンの186位でありこれは世界最下位に近い。MENAの大国であるトルコ(96位)も低い。またMENA総合2位で世界54位のイスラエルはこの項目では世界65位である。

(日本50位、米国36位、韓国28位、中国172位)

 

(3)Getting Electricity (電力事情)

 企業特に製造業にとって進出先で安価で安定した電力が得られるか否かは事業の成否を決定する大きな要素と言える。MENAトップはUAE(世界順位1位、以下同じ)であり、MENA2位のヨルダンは世界40位とUAEよりかなり劣位である。これにチュニジア(48位)、トルコ(55位)、サウジアラビア(59位)の各国がこれに続いている。世界60~70位台にはオマーン(61位)、カタール(65位)、モロッコ(72位)、イスラエル(77位)、バハレーン(79位)が並んでいる。

(日本17位、米国49位、韓国2位、中国98位)

 

(4)Registering Property(登記)

 この分野ではUAEが世界10位である。UAEに続くのはサウジアラビア(世界24位)、バハレーン(25位)、カタール(26位)GCC諸国が世界20位台に並び、MENAの上位を占めている(但しオマーンは54位、クウェイトは70位)。

 

 これに対して登記の難易度が高いとされているのは、リビア(187位)、アルジェリア(163位)、シリア(155位)などである。この分野のイスラエルの順位は世界130位であり行政手続きがかなり煩雑であることをうかがわせる。後述するように同国は投資家保護のランクが世界のトップであることと比べて落差が大きい。

(日本52位、米国37位、韓国39位、中国41位)

 

(5)Getting Credit(信用取得)

 パレスチナ自治区は世界順位が第20位であり信用取得に関してはMENAトップである。これに続くのはイスラエル(世界55位)、トルコ(同77位)であり世界190か国の上位を占めるのはこの3か国だけである。MENAの世界平均も121位であり、信用取得に関してはMENAは世界的に後進地域と言えよう。

(日本77位、米国2位、韓国55位、中国68位)

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 09:08コメント(0)MENA 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ