2017年10月19日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0423MenaRank15.pdf

(MENA
なんでもランキング・シリーズ その15)

 

2016.10.19

前田 高行

 

5.主要国の分野別競争力(レーダーチャート)

(図http://menarank.maeda1.jp/15-G02.pdf 参照)  

 MENAの主要5カ国(エジプト、トルコ、サウジアラビア、イスラエル及びUAE)と日本、米国、中国の分野別競争力を比較してみる。ここではこれら7か国を総合世界ランクが近い国同士で3つのグループに分け、レーダーチャート図によって各国の競争力の特徴を比較検討する。

 

レーダーチャート図は最も外側が世界順位1位であり内側の中心は世界151位である。また最上段の総合順位以下時計周りの1から12の数字は各分野を示している。各分野の世界順位を結ぶ輪が各国の状況である。レーダーチャートの輪が外側に広がっているほど世界での順位が高く、また輪の形が円に近いほど各分野で平均した競争力があることを示している。

 

(1)イスラエルと米国、日本の比較

 まず米国(総合世界2位)、日本(同9位)とイスラエル(同16位)を比較すると、米国は「3.マクロ経済環境」が大きく落ち込んでいるが(世界83位)、12項目中の9項目は世界のベスト・テンに入っている。これに対して日本は米国同様「3.マクロ経済環境」が大きく落ち込み世界93位にとどまっているが、「2.インフラ」など5項目が世界のベスト・テンに入り、その他の4項目も世界20位以内に入っており平均した競争力を持っていることを示している。

 

MENA1位、世界16位のイスラエルは「9.技術的即応性」及び「12.イノベーション」が世界10位以内であり、また「7.労働市場効率」、「8.金融市場開放度」、「11.ビジネス洗練度」が世界20位以内であるなど高ランクの項目が多く、「10.市場規模(世界56位)」を除くすべての項目が世界40位以内であり全体としては均衡のとれた競争力を示している。

 

()UAE、中国とサウジアラビアの比較

 次にUAE、中国およびサウジアラビアを比べると総合順位はそれぞれ17位、27位、30位であり非常に近接している。UAEは「1.制度機構」、「2.インフラ」及び「6.商品市場効率」の3項目が世界ベストテンに入っておりその他の項目もすべて世界40位以内であり非常に均整が取れている。中国は「10.市場規模」が世界1位であるが、その他の項目は30~40位のものが多い。サウジアラビアの場合は「10.市場規模」が世界15位であることを除けばその他の指標はいずれもUAEを大きく下回っている。また中国と比較すると12項目のうち5項目が上回っている。

 

(3)トルコとエジプトの比較

 トルコとエジプトは共に人口7千~8千万人を有するMENAの大国である。両国の総合ランクはトルコ53位、エジプト100位と大きな格差がある。トルコは「7.労働市場効率」が世界127位と極めて低いが、その他のほとんどの項目は60位前後で世界の上位グループに入っている。これに対してエジプトは12項目中の4項目が世界100位以下、その他の項目も80位前後に低迷しており、「10.市場規模」だけが世界上位の25位である(同項目のトルコの順位は14位)。エジプトは人口規模のみが競争力として評価され、その他の項目は極めて低いのに対しトルコは新興工業国として種々の側面で競争力が評価されていると考えられる。

 

()

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 10:52コメント(0)MENA 

2017年10月18日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0423MenaRank15.pdf

(MENA
なんでもランキング・シリーズ その15)

 

2016.10.18

前田 高行

 

4.MENAの分野別競争力(続き)

(表http://menarank.maeda1.jp/15-T03.pdf 参照)

(7) 労働市場効率(Labor market efficiency)

世界11位のUAEMENAトップである。イスラエル(世界18位)、カタール(同19位)がこれに続いている。MENAのこの分野における世界順位は概して低く、アルジェリア(133位)、エジプト(134位)、チュニジア(135位)、イエメン(136位)など世界137カ国の中でも最低クラスの国が多い。このためMENAの平均順位は95位であり12の指標の中では最も低い。
(
参考:米国3位、日本22位、中国38位)

 

(8)金融市場の開発度(Financial market development)

MENAではイスラエルが最も洗練された金融市場と評価されており世界11位である。そのほかではUAE(世界24位)、カタール(25位)などが競争力の高い国とされている。金融活動が活発なバハレーンは46位である。
(
参考:米国2位、日本20位、中国48位)

 

(9)技術的即応性(Technological readiness)

この分野では世界ランク7位のイスラエルがMENAトップである。これに続くのはUAE(世界24位)であるがイスラエルとの格差が大きい。以下バハレーン(同31位)、カタール(34位)、サウジアラビア(44位)と続いている。一方、イランおよびエジプトは各々91位、94位である。

(参考:米国6位、日本15位、中国73位)

 

10)市場規模(Market size)

 市場規模の競争力ランクではトルコが世界14位、サウジアラビア15位、イラン19位、エジプト25位、UAEが29位である。上位4カ国は人口の規模がそのまま市場規模に直結していると言えよう。UAEは人口こそ少ないが中継貿易基地として中東・中央アジアおよび東アフリカ地域を市場に取り込んでいることが世界29位の評価につながっている。これに対してクウェイト(50位)、カタール(51位)など人口が少ない湾岸産油国は一人当たりの購買力は高いが市場規模での競争力は低い。

(参考:米国2位、中国1位、日本4位)

 

(11)ビジネスの洗練度(Business sophistication)

 UAEMENA1位(世界13位)であり、これに続くのがイスラエル(15位)、カタール(22位)、サウジアラビア(34位)である。一方、イラン(97位)のように経済制裁を受けていた国は、欧米の経営ノウハウの流入が遅れており、洗練度が低く競争力は見劣りすると評価されている。

(参考:日本3位、米国2位、中国33位)

 

(12)イノベーション(Innovation)

 イスラエルは世界3位であり、技術先進国としての評価が定着しており、MENAの中では抜きん出ている。同国に次ぐMENA2位はカタール(世界21位)、以下UAE(25位)、サウジアラビア(40位)、バハレーン(45位)GCC各国が並んでいる。しかし同じGCC加盟国であるクウェイトは世界103位と極めて低い。クウェイトより順位が低い国はエジプト(109位)とイエメン(134位)の2カ国のみである。

(参考:日本8位、米国2位、中国28位)

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 15:43コメント(0)MENA 

2017年10月17日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0423MenaRank15.pdf

(MENA
なんでもランキング・シリーズ その15)

2016.10.17

前田 高行

 

4.MENAの分野別競争力

 冒頭に触れた通り世界競争力指数は「制度機構」から「イノベーション」まで12の分野について世界137カ国を順位付けている。分野毎のMENA各国の世界順位は概略以下のとおりである。

(表http://menarank.maeda1.jp/15-T03.pdf 参照)

 

(1)   制度機構(Institutions)
MENAトップはUAEで世界順位は5位、同国に次ぐのはカタール(世界10位)であり、この両国は世界トップレベルである。MENA3位以下は、バハレーン(同23位)、サウジアラビア(同26位)、オマーン(同28位)であり、これらGCC5か国は世界的に見ても高い水準である。但し同じGCC構成国でもクウェイトは世界57位であり6カ国の中では見劣りがする。
(
参考:日本17位、米国20位、中国41位)
 

(2)   インフラ(Infrastructure)
UAEは世界5位であり非常に評価が高い。これに次ぐのがカタール13位、イスラエル25位、サウジアラビア29位、バハレーン33位であり、MENA諸国の中ではUAEが飛び抜けている。
(
参考:日本4位、米国9位、中国46位)

(3)   マクロ経済環境(Macroeconomic environment)
カタールが世界20位でUAEが同28位、クウェイト同30位、イスラエル39位と続いている。MENA第5位にはイランが世界44位で入っている。イランは総合では世界85位でMENAでは10位といずれも下位グループであるが本指標のランクは高い。これに対してイエメン(130位)、エジプト(132位)、レバノン(133位)、は世界137カ国中の最低ランクにとどまっている。なお債務比率の高い日本及び米国は本指標の世界ランクがかなり低いのが特徴である。
(
参考:中国17位、米国83位、日本93位)

(4)   保健および初等教育(Health and primary education)
この分野では世界27位のイスラエルがMENAトップである。これに次ぐのはUAE(33位)、カタール(34位)、バハレーン(37位)が30位台である。イランは世界50位であり、世界51位のサウジアラビアを上回っている。
(
参考:日本7位、米国29位、中国40位)

(5)   高等教育及び訓練(Higher education and training)
この分野のMENAトップはイスラエル(世界21位)である。UAE、カタール及びバハレーンがこれに続いているが、世界順位はいずれも30位台後半である。MENA5位以下はサウジアラビア(世界43位)、トルコ(同48位)が世界50位以内である。100位以下はエジプト(100位)、モロッコ(101位)及びイエメン(136位)の3カ国が名を連ねている。
(
参考:日本23位、米国3位、中国47位)

(6)   商品市場効率(Goods market efficiency)
この分野ではUAE(世界3位)が世界のトップレベルに評価されている。これに続くのがカタール(15位)、バハレーン(23位)GCCの3カ国が上位を占めている。同じGCC加盟国であるがクウェイトは世界89位と低い。地域の大国トルコ、エジプト、イランの順位はそれぞれ53位、90位、100位である。
(
参考:日本13位、米国7位、中国46位)

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 




drecom_ocin_japan at 09:36コメント(0)MENA 

2017年10月16日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0423MenaRank15.pdf

(MENA
なんでもランキング・シリーズ その15)

 

2016.10.16

前田 高行

 

3-2 MENA主要3カ国と米国・日本・中国の比較(2013年~2017年の推移)

 MENAのサウジアラビア、トルコ、UAE3カ国と米国、日本、中国の過去5回の競争力順位を比べてみる。

(http://menarank.maeda1.jp/15-G01.pdf 参照)

 

米国の第13回(2013-14年)の順位は世界5位であったが、5年間の順位は5位→3位→3位3位→2位であり、毎年高い競争力を維持するとともに年々その地位が上がっている。これに対して日本は9位→6位→6位8位→9位とベストテンは維持しているもののここ3回は年々ランクが下がっている。

 

UAEは今回イスラエルの後塵を拝したものの過去4年間はMENAとプであり5年間を通じて世界20位以内を維持している。同じGCCのサウジアラビアは2013年-2014年の20位をピークとしてその後毎回連続して順位を下げ今回は30位にとどまり、中国に追い抜かれて競争力に陰りが見えている。これに対して中国は29位→28位→28位→28位→27位とコンスタントに20位台の後半であり、現在はサウジアラビアを上回っている。

 

トルコの場合第13回(2013-2014年)の順位は44位であったが、その後45位→51位→55位と連続して順位が下がっている。しかし今回(2017-2018年)は53位と若干回復している。強権的な政権として問題は含んでいるが、経済は安定しており今後も競争力が向上することが期待される。

 

(続く)

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 14:16コメント(0)MENA 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ