2018年09月13日

MENAなんでもランキング・シリーズ その18)

 

(サウジアラビアは歳出の3割が軍事費!)

4.歳出に占める軍事費の比率

(http://menarank.maeda1.jp/18-T01.pdf参照)

(http://menarank.maeda1.jp/18-G04.pdf参照)

 前項ではサウジアラビアおよびオマーンの軍事費のGDP比率が10%を超え、他のMENA諸国に比べ突出して高いことを示したが、歳出に占める軍事費の比率でも両国は他のMENA諸国に比べて極めて高くサウジアラビアは30%、オマーンも26%に達している。実に歳出の4分の1以上が軍事費なのである。

 

 サウジアラビア、オマーンに次いでMENA諸国には比率の高い国が多く、アルジェリア(16%)、イラン、ヨルダン、レバノン各国は16%弱、バハレーン、イスラエル、クウェイト及びモロッコが11%前後とMENAの多くの国は二桁台である。その他イラクは9.4%、トルコ6.4%、エジプト4.6%である。因みに日本は2.6%であり、MENAのいずれの国よりも歳出に占める軍事費の比率が小さい。また米国は8.8%であり、中国はトルコとほぼ同じ水準の6.1%である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp





drecom_ocin_japan at 08:54コメント(0)MENA 

2018年09月12日

drecom_ocin_japan at 12:37コメント(0)今日のニュース 

2018年09月11日

MENAなんでもランキング・シリーズ その18)

 

(世界上位10カ国のうち8カ国がMENA)

3.軍事費のGDP比率

(http://menarank.maeda1.jp/18-T01.pdf参照)

(http://menarank.maeda1.jp/18-G03.pdf参照)

 各国のGDPに占める軍事費の比率を見ると、MENA諸国の中ではオマーンとサウジアラビアがそれぞれ12.1%、10.3%と際立って高い二桁の比率であり、また世界でも1位と2位である。これら2か国に続くのがクウェイト5.8%、アルジェリア5.7%と続いている。イスラエル及び同国と国境を接するヨルダン、レバノンの軍事費のGDP比率はそれぞれ4.8%、4.7%、4.5%と並んでいる。MENA諸国の軍事費のGDP比率は極めて高く、世界上位10カ国のうち実に8カ国を占めている。一方で地域の大国であるイラン、トルコ及びエジプトはそれぞれ3.1%、2.2%及び1.3%とかなり低い。

 

これらMENA諸国を米国、中国あるいは日本と比較すると、米国のGDP比率は3.1%でイランと同等であり、中国(1.9%)はトルコより低くエジプトより高い水準にある。これに対して日本の軍事費のGDP比率は0.9%であり、MENAのいずれの国よりも低く、またGDP比率が1%を下回る国は世界でも少数派であり世界145か国中の110位である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp





drecom_ocin_japan at 13:16コメント(0)MENA 

2018年09月10日

drecom_ocin_japan at 11:27コメント(0)今日のニュース 

MENAなんでもランキング・シリーズ その18)

 

(米国を上回るサウジアラビアとイスラエル!)

2.一人当たりの軍事費

(http://menarank.maeda1.jp/18-T01.pdf参照)

(http://menarank.maeda1.jp/18-G02.pdf参照)

MENA各国の軍事支出を一人当たりで見ると、最も高いのがサウジアラビアの2,107ドルであり、これに続いてイスラエル(1,982ドル)、オマーン(1,874ドル)、クウェイト(1,651ドル)の3か国が一人当たり軍事費1,000ドル台で並んでいる。サウジアラビアは世界1位であり、イスラエル、オマーン、クウェイトはそれぞれ世界2位、4位及び6位である。因みに世界3位は米国(1,879ドル)、5位はシンガポール(1,786ドル)であるが、一人当たりの軍事費では中東湾岸産油国とイスラエルが世界的に突出している。(注、GCC諸国のうちUAEとカタールはデータが示されていない。)

 

 MENAで上記4カ国に続くのはバハレーンの936ドルであり上位3か国の2分の1以下であるが、世界ランクではトップ10の第9位に入っている。そして第6位のレバノン以下は一人当たり500ドル未満であり、サウジアラビア、イスラエル、オマーンの5分の1以下である。MENAの軍事大国と言われるトルコ、イラン及びエジプトの一人当たり軍事費はそれぞれ225ドル、179ドル及び28ドルであり、エジプトの場合はサウジアラビア或はイスラエルの70~80分の1にすぎない。

 

因みに日本の一人当たり軍事費は360ドル、中国のそれは155ドルであり、日本はレバノン並み、中国はイラン並みの金額である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp





drecom_ocin_japan at 08:18コメント(0)MENA 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ