2018年05月07日

 (注)本レポートは「マイライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0439ImfWeoApr2018.pdf
 

2018.5.7

前田 高行

 

(MENAで断トツのカタール!)

4.2018年の一人当たりGDP

(http://menadabase.maeda1.jp/1-B-2-10.pdf 参照)

(http://menadabase.maeda1.jp/2-B-2-03.pdf 参照)

 日本の一人当たりGDPは40,849ドル、米国は62,152ドル、ドイツは50,842ドルである。米国は日本の1.5倍、ドイツは1.2倍である。また韓国は32,775ドルであり、米国の2分の1以下、日本の8割である。BRICsと呼ばれる有力新興国のロシア、中国、インドはそれぞれ11,947ドル、10,088ドル、2,135ドルである。インドは今年7.4%、来年7.8%と中国を上回る高い成長率が見込まれているが(上記1. 2018/2019年の経済成長率参照)、一人当たりGDPはまだまだ低く、中国の5分の1、日本の20分の1、米国の30分の1に過ぎない。

 

 MENA諸国の一人当たりGDPは各国間の格差が極めて大きい。LNGの輸出で潤うカタールの一人当たりGDP66,202ドルは米国をしのぎ日本の1.6倍で世界のトップクラスである。MENAで一人当たりGDPが1万ドルを超える国はカタールのほかイスラエル(42,115ドル)、UAE(39,484ドル)、クウェイト(29,880ドル)、バハレーン(25,547ドル)、サウジアラビア(22,650ドル)、オマーン(19,391ドル)、レバノン(11,775ドル)及びトルコ(11,114ドル)の9か国である。

 

上位7カ国のうちイスラエルを除く6か国はGCC諸国であり、石油あるいは天然ガスの恩恵を受けていることがわかる。特に6か国の中で人口がバハレーンに次いで少ないカタールは他を大きく引き離している。GCC6か国の平均一人当たりGDPは33,859ドルに達する。

 

しかし同じ産油国でありながらイラン、イラク、アルジェリアなどは一人当たりGDPが5千ドル前後であり、GCCと大きな格差がある。MENAで最も貧しいのはイエメンであり同国の一人当たりGDP(449ドル)は実にカタールの150分の1にとどまっている。

 

なお一人当たりGDPは各国のGDP総額を人口数で割ったものであるが、IMF統計における計算の母数となる人口についてGCC諸国の場合特に注意すべき点がある。例えばカタールの人口は約280万人(WEO4月版による)で同国の一人当たりGDP66,202ドルは同国のGDP(1,840億ドル。前項参照)をその人数で割ったものである。しかし同国人口のうち80%以上は出稼ぎ労働者が占めており、カタール国籍を有する自国民は50万人足らずと言われる。通常、統計上の人口は国籍を有する者のみが対象で一時的な出稼ぎ労働者は含まないが、カタールの一人当たりGDPには出稼ぎ労働者も含まれており実態を正確には表していないと言える。このことは同じように外国人比率が高いUAE或いはクウェイトについても言えることであり、3分の1が外国人であるサウジアラビアの場合も程度の差はあれ同様である。

 

このような要素を加味してGDPを算出した統計は見当たらないが、カタール、UAE、クウェイトの実際の一人当たりGDPはIMF公表数値の数倍に達すると考えられ、これら湾岸産油国の一人当たりGDPが世界のトップクラスであることは間違いない。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maedat@r6.dion.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 08:41コメント(0)MENA 

2018年05月06日

Home Page: OCIN INITIATIVE

(Japanese Version)

(Arabic Version)

(Table of contents)

 

By Areha Kazuya

E-mail: areha_kazuya@jcom.home.ne.jp

 

Chapter 3: The grace of Allah – Oil boom

3-5(27) Yom Kippur War and Oil shock(1) Resourceful General Anwar Sadat27サダト

Gamal Abdel Nasser who was defeated by Israel in Six-Day War in 1967 passed away by heart attack as incumbent President in 1970. Anwar Sadat, the vice president was the successor. Sadat was an ally of Nasser as a member of the Association of Free Officers who had overthrown King Faruq I. However, compared to Nasser being honored as a charismatic leader from Egyptian citizens and hero of the Arab countries, Sadat was always behind Nasser. People looked down Sadat who was promoted to the President by chance. Sadat was presumed as a short relief until someone else was elected president. But it became clear shortly that he was an excellent military strategist with forethought and at the same time a realistic politician.

 

Arab countries who had lost common goals after the Six-Day War, they devoted in internal conflicts. Immediately after the war, communist regime was established in Southern Yemen supported by USSR in November 1967. The bloodless coup followed in Iraq in 1968. In Libya, Colonel Muammar Gaddafi grabbed the power falling down the dynasty in 1969. In September 1970, Jordanian government and the PLO fought fiercely and the PLO was deported to Beirut in Lebanon (Black September). In addition, coup d'etat occurred in Syria and Fafiz al-Assad was appointed as president in next January.

 

In such circumstance, President Sadat looked for the chance of counterattack against Israel carefully. At first he expelled the USSR military advisory group. The USSR, which penetrated deeply into Egyptian organizations during the Nasser era, aimed to export the socialist revolution to the Arab countries. It was realized by the independence of Marxist South Yemen. But the socialist ideology did not take root among Arab countries. Before having been penetrated by socialist ideology, the Arab world had already been caught up by the bond of "blood" like a tribe or ethnic group and the bond of "religion" of Islam. There was little room for "ideology" to be acquired by learning after berth. It seems that it was impossible for Arabs to implant socialist ideology.

 

There was another reason why Sadat tried to dilute the shadow of the USSR. He was eager to modernize the armament of the Egyptian army with American weapons. By using USSR weapons, they could not compete with Israel at all. Sadat tried to approach the United States by expelling the USSR military advisory group. For the military personnel it was the greatest mission to win the war. Therefore, their way of thinking was more rational than non-military personnel.

 

Sadat thought the plan to scarce Israel in a rational and precise manner. The plan was to counterplot the enemy and terminate war within a short period of time. Israel, being surrounded in every corner of borders by enemies, stayed on its guard in any time. It was clear that once the war began and continued long there was no chance for Arab to win.

 

Sadat first took feint attack campaign to cheat Israel. When Egypt showed a swing of attacks, Israel quickly mobilized all the citizens. This was merely a show and Israel was stepped on in vain. This operation was carried out twice. The war weariness mood was born in Israel. In addition, Israeli citizens who had been winning the battlefield in the former wars had a sense of self-conceit and carelessness.

 

In 1973, Sadat called Syria in secret and decided to do a surprise attack on October 6. There were two major religious meanings on that day. First, this day was "Yom Kippur (Day of Atonement)" which was the most sacred day for Jewish. Second, it was also the sacred "Ramadan (Fasting)" for Muslims.  Mossad, the most famous Israeli intelligence agency in the world, did not anticipated at all.

 

On October 6, 1973, the battle began at two frontiers of Egypt and Syria. This war was called the Yom Kippur War in Western countries, and in the Arab world it was called Ramadan War. It was a religious war between Islam and Judaism. There had been four wars between Israel and Arabs during 1948 and 1973. The first Arab Israeli War in 1948 was the "Israel Revolutionary War". The second war in 1956 was the "Suez War", and the third war in 1967 was "Six-Day War". The last war in 1973 was the first time to bring out the religious meaning. It was important both for the Arab and Israel side to remind the religious belief respectively. Especially the Israelis who faced the surprise attack on the day of Yom Kippur seemed to have been enough to inspire the citizens. It was similar to the surprise attack to Pearl Harbor on Hawaii Islands in USA by Japanese army. US President inspired citizens saying "Remember Pearl Harbor !".

 

The joint Egypt-Syrian army force of the surprise attack was irresistible success so far. But Sadat understood that predominance by Arab side would be over sooner or later. That's why he made another strategy. It was to involve the Arab oil producing countries and to use their oil as a weapon against the consuming countries in Europe, the United States and Asia. It was also the strategy to drive a wedge between Israel and the West.

 

(To be continued ----)



drecom_ocin_japan at 10:54コメント(0)中東の戦後70年 

2018年05月03日

drecom_ocin_japan at 11:51コメント(0)今日のニュース 

2018年05月02日

(注)本レポートは「マイライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0439ImfWeoApr2018.pdf
  

2018.5.2

前田 高行

 

(米国のGDPは全世界の4分の1!)

3.2018年の各国の名目GDP

(http://menadabase.maeda1.jp/1-B-2-09.pdf 参照)

(図http://menadabase.maeda1.jp/2-B-2-02.pdf 参照)

IMFによれば今年の世界の名目GDP(at Current Price)総額は88兆ドルである。地域別ではEUが20兆ドル、全体の23%を占めている。またASEAN5か国は2.5兆ドル(全体の2.9%)MENA地域は3.1兆ドル(同3.5%)である。

 

国別では米国が世界トップの20兆ドルで全世界に占める割合は23%、同国一国だけで世界のGDPの4分の1を生み出している。米国に次ぐGDP大国は中国の14兆ドルであり世界全体の16%を占めている。この2か国が世界でも突出している。日本は5.2兆ドルであるが、米国の4分の1あるいは中国の3割にとどまっている。EUの経済大国ドイツのGDPは4.2兆ドルであり、EU全体の5分の1を占めている。その他の主な国を見るとインドは2.8兆ドル、ロシア及び韓国各1.7兆ドルなどである。

 

MENA17カ国(エジプト、シリアを除く)の中で2018年の名目GDPが最も大きい国はトルコの9,100億ドルであり、サウジアラビアが7,480億ドルで続いている。この2カ国がMENA全体に占める比率はそれぞれ23%と19%であり、両国はMENA諸国の中では突出している。第3位はイラクの4,190億ドル、第4位UAE(4,120億ドル)はいずれもトルコ或いはサウジアラビアの半分程度にとどまっている。

 

5位以下11位まではイスラエル(3,740億ドル)、イラン(2,230億ドル)、アルジェリア(1,980億ドル)、カタール(1,840億ドル)、クウェイト(1,350億ドル)、モロッコ(1,210億ドル)であり、以上10カ国が年間GDP1千億ドルを超える国々である。UAE、カタール、クウェイトなど人口の少ない産油国がイラン、イラクなど地域の大国とそん色のないGDPを誇っている。

 

GDPが1千億ドル未満の国は、オマーン(830億ドル)、レバノン(540億ドル)、リビア(440億ドル)、ヨルダン(430億ドル)、チュニジア(400億ドル)、バハレーン(380億ドル)、イエメン(140億ドル)である。MENAGDPが最も小さいイエメンはトルコの60分の1程度である。

 

()2017年の名目GDP世界上位国とMENA

(http://menadabase.maeda1.jp/1-B-2-12.pdf 参照)

2017年の名目GDPの世界ベストテンは第1位が米国、第2位中国であり、以下3位日本、4位ドイツ、5位英国と続き6位から10位まではインド、フランス、ブラジル、イタリア及びカナダの各国である。

 

 MENA諸国ではトルコが世界17位に入っており、サウジアラビアも19位にランクされている。このほかのMENA諸国は20位以下であり、世界50位以内に入っているのはイラン(世界27)、イスラエル(同32位)、エジプト(同45位)の3か国である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maedat@r6.dion.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 09:05コメント(0)MENA 

2018年05月01日

drecom_ocin_japan at 12:07コメント(0)今日のニュース 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ