2017年10月24日

(注)本レポートは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
 http://mylibrary.maeda1.jp/0424ImfWeoOct2017.pdf

 

2017.10.24

前田 高行

 

(下方修正されたGCC諸国の成長率!)

2.前回(20174)と今回(201710月)の比較

(http://menadabase.maeda1.jp/1-B-2-08.pdf 参照)

(1) 世界および主要地域・国

 上述のとおり今回(WEO2017Oct)の全世界の成長率見通しは今年(2017年)が3.6%であり、来年(2018年)は3.7%である。これに対して前回(WEO2017Apr)の見通しでは2017年が3.5%、2018年は3.6%であり、両年とも前回より0.1%上方修正されている。

 

 2017年の見通しについて国・地域毎に前回と比較すると、国別では日本が0.3%上方修正され1.5%の成長率が達成されると見ている。中国、ドイツ、ロシア、韓国なども0.20.4%とわずかではあるが上方修正されている。これに対して米国の今年の成長率は前回(20174月)の予測よりは0.1%下がって2.2%と見込まれ、インドも0.5%低下の6.7%とされている。また地域別ではEU2.0%から2.3%にアップすると予測され、ASEAN-55.0%から5.2%と上方修正されている。一方MENA地域については2.6%→2.2%に下方修正されている。

 

来年2018年の予測については全世界の成長率は今年4月の予測3.6%に対して今回は3.7%とわずかながら成長率がアップする見込みである。地域別ではEU0.3%アップの2.1%に対しASEAN-5は横ばい、MENA0.2%ダウンして3.2%と見込まれている。国ごとに見ると米国が2.52.3%に見直され、ドイツ、ロシア、日本はそれぞれ+0.3%、+0.2%。+0.1%と上方修正されている。中国の2018年成長率は6.5%で前回の6.2%よりも改善されている。一方インドは7.7(前回4月見通し)7.4(今回10月見通し)と下方修正されている。世界最大のGDPを誇る米国は今年、来年と先進国の中では比較的高い成長率を維持する見通しである。

 

(2)MENA諸国

MENA各国の今年の成長率を前回4月と今回10月で比較すると上方修正した国と下方修正した国が混在している。上方修正した主な国はトルコ2.5%→5.1%、イラク -3.1%→-0.4%、リビア53.7%→55.1%、エジプト3.5%→4.1%などであり、一方下方修正されたのはイエメン5.0%→ -2.0%、クウェイト -0.2%→ -2.1%、カタール3.4%→2.5%の他、サウジアラビア、UAEなどの各国も下方修正されている。トルコ、エジプトなどの非産油大国が好調であるのに対して、GCC産油国の経済が停滞している。

 

さらに来年(2018)の成長率予測を今回と前回で比較すると、こちらも上方修正と下方修正が相半ばしている。しかしリビア(3.0%31.2%)あるいはイエメン(13.7%8.5)の特殊な例を除くと殆どの国は前回の見通しを踏襲している。なおサウジアラビア及びUAEは今年及び来年ともに今回10月の見通しは前回より下方修正されており、IMFは厳しい評価を下している。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 09:01コメント(0)MENA 

2017年10月23日

(注)本レポートは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
 http://mylibrary.maeda1.jp/0424ImfWeoOct2017.pdf

 

2017.10.23

前田 高行

 

 IMF(国際通貨基金)では毎年4月および10月に世界各国の経済見通しWorld Economic Outlook Database (WEO)」を発表しており、今年10月版(以下WEO2017Oct)がインターネット上に公開された。

URL: https://www.imf.org/en/Publications/WEO/Issues/2017/09/19/world-economic-outlook-october-2017

 

この中にはGDP成長率、ドル建て・各国通貨建てのGDP金額、一人当たりGDP、貿易額、財政収支など数多くのデータがあり、特に当年度或いは次年度の経済成長率は官庁、メディア等々で広く引用されている。

 

 ここでは2014年から2018年までのGDP総額及び一人当たりGDP(いずれもcurrent price, ドル建て)を取り上げ、また成長率については前回の20174月版(以下WEO2017Apr)と比較して世界主要国およびMENA諸国の経済状況の変化を検証する。

 

(世界平均を下回るMENAの成長率!)

1.2017/18年の経済成長率

(http://menadabase.maeda1.jp/1-B-2-08.pdf 参照)

(http://menadabase.maeda1.jp/2-B-2-01.pdf 参照)

(1) 世界および主要地域・国の経済成長率

 IMFは今年(2017年)の世界の経済成長率を3.6%と見ており、来年(2018)は今年よりやや高い3.7%と予測している。地域別に見るとASEAN5か国は5.2%の横ばいの見通しであり、EUは今年の2.3%から来年は2.1%に低下する見通しである。国別に見ると今年より来年の成長率が高い国と低い国が混在しており、米国は2.2%2.3%と若干上向き、インドは6.77.4%と世界的に見て高い成長率が今年、来年と続く見通しである。

 

これに対して日本は1.50.7%と1%近く下向く予想されている。中国の今年の成長率は6.8%とインドと並ぶ高い成長見通しであるが、来年は0.3%低下し6.5%と見込んでいる。このほかドイツ、ロシア及び韓国も来年は若干成長率が落ち込む見通しである。

 

(2)MENA諸国の経済成長率

IMFによればMENA(中東北アフリカ地域)の今年の成長率2.2%に対し来年は3.2%に上昇すると見込まれているが、両年とも世界平均の成長率を下回っている。国別にみると今年はイラク、クウェイト及びイエメンの3カ国がマイナス成長率(それぞれ-0.4%、-2.1%、-2.0%)であるがその他の国はいずれもプラス成長と見込まれている(シリアはデータなし)。

 

各国の中でリビアの今年の成長率は55.1%と際立って高い。IMFの同国の経済成長見通しは毎回大きく上下に振れており、リビア経済を左右する石油の生産量が国内の内戦状況で大きく上下し、また価格面では国際市場動向に左右されるためGDP成長率が極めて予測困難であることを示している。

 

MENAの大国であるトルコ、イランおよびエジプトの今年・来年の成長率はトルコが5.1%3.5%、イランは3.5%3.8%、エジプトは4.1%4.5%であり3か国とも今年は順調に成長するが、来年はトルコが減速、イランとエジプトは若干加速すると見込んでいる。これに対して歳入のほとんどを石油・天然ガスに依存しているGCC諸国は今年の成長率がクウェイトは-2.1%、サウジアラビアも0.1%の低い成長にとどまり、UAE1.3%など概して成長率は低く、GCC6カ国平均では0.7%の成長にとどまっている。但し来年(2018)はバハレーンを除きいずれも今年より高い成長率が予測され、6カ国平均では2.9%である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 13:22コメント(0)MENA 

2017年10月22日

下記データを更新しましたのでご利用ください。


UAE連邦政府閣僚名簿(2017年10月19日改造)
http://menadabase.maeda1.jp/4-5-1.pdf



drecom_ocin_japan at 10:55コメント(0)データベース追加・更新 

2017年10月20日

drecom_ocin_japan at 13:41コメント(0)今日のニュース 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ