2005年05月08日

5/8 Gulf Times (Qatar)
 カタールのAttiyah第2副首相兼エネルギー・工業相は、国営通信QNAのインタビューの中で、今後5年間のエネルギー分野の投資額は700億ドルになる、との見通しを語った。以下はその概要である。
 天然ガスについてはUAEに20億立方フィートを供給するDolphin Projectに加えてバーレーンとの契約が近く締結される見込み。
 石油化学では総額31億ドルのプロジェクトがTotal子会社Akrema他3社と先月契約されている。プロジェクトにはQVCの苛性ソーダ生産能力35万トンの70万トンへの倍増、Ethylene dichloride30万トンの90万トンへの能力増強などが含まれる。またQP(カタール石油)と仏Technip社はエチレン分解装置のEPC(エンジニアリング・調達・建設)に関するLOIを署名した。
 Attiyah大臣は、現在のLNG年間輸出量19百万トンは、本年末に26百万トン、2007年には35百万トン、更に2010年初めには77百万トンに達する見込みである、と述べた。なおLNG液化設備は既存のQatargas I, II, IIIに加え計画中のQatargas IVも加えると42百万トンになる。
 GTL(Gas to Liquid)はQPとSasolの合弁事業が来年34,000B/Dの生産を開始し、またQPはShell及びExxonMobilと30万B/Dプラントの合弁事業を合意している。

at 13:43Qatar 

2005年05月06日

5/6 Arab News (Saudi Arabia)
 サウジアラビアは投資誘致のため50名からなる使節団を米国に派遣する。5/8-18までの10日間にニューヨーク、シカゴ、ヒューストンなど5都市を訪問する予定。
 これは先月のアブダッラー皇太子訪米の結果を受けたものであり、使節団はサウジ国内の2020年までの大型投資案件(総額23兆SR, 6,130億US$)を米国側に提示する。案件の分野別ではインフラ案件1400億US$、石油化学920億US$、電力・水案件889億US$、通信600億US$などである。
 米国はサウジアラビアの最大の貿易相手国であり、2004年の貿易額は260億ドルである。また米国との合弁事業は360案件で投資額は200億ドルを超える。

at 13:48Saudi Arabia 

2005年05月05日

5/5 Kuwait Times
 クウェート国会は女性参政権法案の投票を2週間後に延期することとなった。月曜日の投票では賛成29票、棄権29票、反対2票であったが、棄権票の取り扱いに関する議会憲章の解釈ををめぐって3時間にわたる激論が交わされ、最終的にサバーハ首相が投票の延期を決定したものである。
 皮肉にも次回投票が行われる5月16日は、1999年に女性参政権を認める勅令を出した日であり、また昨年の同じ日に閣議承認が行われている。国会ではイスラム主義者と部族代表の議員らが同法に強く反対しているため法案成立が遅れている。

at 16:45Kuwait 
5/5 Arab News (Saudi Arabia)
 オマーン国営石油(OOC)は、Soharで総額9.56億ドルの芳香族プラントを建設することを発表した。Basic Engineeringは仏Axens社に発注、本年9月に完了の予定。これと平行してJacobs社がFront End Enginnering design(FEED)を担当する。
 プラントはパラキシレン年産80万トン、ベンゼン年産21万トンの規模。

at 15:48Plant Business 

2005年05月04日

5/4 Gulf Daily News (Bahrain)
 バーレーンで日本のJCBカードの正式運用が開始された。JCBにとって19番目の国となる。

at 13:39Bahrain 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ