2005年11月20日

11/20 Arab News (Saudi Arabia)
 サウジアラビアのアブダッラー国王は、リヤドにおけるInternational Energy Forum(IEF)の事務局開設式典の挨拶で、消費国がエネルギー税を削減するよう求めた。また国王はサウジアラビアの石油政策は、妥当で公正な石油価格の達成及び消費者全てに対する十分な供給の確保、の二点であると述べた。またJoint Oil Data Initiative(JODI)による新たな石油データベースも発足した。

コメント:
 IEFは産消対話のために1991年に設立、2000年のリヤド会議で恒久的な事務局をリヤドに設置することが提案され、2002年の大阪会議で承認された。その時同時に産消両グループの共通石油データベースを構築することも決議された。
 今回の会合には、米国のBodmanエネルギー庁長官をはじめ、消費国側の英、仏、独及び産油国側のイラン、メキシコ、クウェート、イラク各国の経済又はエネルギー大臣が出席した。Bodman長官はクウェート、アブダビを訪問し意見交換を行っており、また英仏両国の蔵相は、石油の生産及び精製能力増強を促す先のG7会議の決議を携えてサウジアラビアを訪問した。
 このような中で(新聞報道で見る限り)IEF大阪会議で産消対話を促進したはずの日本のプレゼンスが無いのはどうしてだろうか。日本にとってエネルギー外交が最重要課題の一つであり、また中東では中国、インドなどエネルギーの大消費国が活発に動いているだけに一寸残念である。


at 12:37Oil 

2005年11月19日

各項目をクリックすれば各紙(英語版)にリンクします。
(GCC)ABB(スイス)、電力網プロジェクトを2.2億ドルで受注

at 10:49Today's News 

2005年11月18日

at 13:55Today's News 
11/18 Gulf Daily News (Bahrain)
7月に新たに設定されたOPECバスケット価格が水曜日に49.73ドル/バレルとなり、設定以来始めて50ドルを割った。OPECのタカ派で知られるベネズエラはかねてから生産削減は必要無いと主張しており、OPEC議長のクウェート石油相も寒気の様子を見て問題を検討したいと述べている。


at 13:50Oil 

2005年11月17日

at 21:20Today's News 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ