2005年09月02日

9/2 Arab News (Saudi Arabia)
 昨日、パキスタンとイスラエル両国の外相がトルコのイスタンブールで歴史的な会談を行った。会談後、パキスタン外相は、同国がイスラエルと'engage'することにしたと語った。しかし'engage'の内容がいかなるものかについては明らかにしなかった。
 現在イスラエルが国交を有するイスラム国家は、トルコ、ヨルダン、エジプト及びモーリタニアの4カ国だけであるが、イスラエル外相は、全てのイスラム国家と秘密の接触はある、と語った。
 今回の会談はトルコの仲介によるものであり、次回会談は2週間後のニューヨークでの国連総会時とみられる。総会にはムシャラフ・パキスタン大統領が出席する予定であり、同大統領は米国ユダヤ人協会で講演する予定である。なお同大統領は今回の会談が直ちに国交回復を意味するものでは無い、と述べているが、パキスタン国内のイスラム勢力は強く抗議している。
 米国の中東研究機関の専門家は、今回のイスラエルとの会談に踏み切ったパキスタンの意図として、(1)米国が歓迎していること、(2)既にイスラエルと国交を有するインドに対する牽制、(3)イスラム世界で指導権を握ること、の3点にあると分析している。


at 13:10 
9/1 Kuwait Times
 イラン外務省は、クウェートの外相がブッシュ米大統領の密書を同国に手渡した、との風評を否定した。これはドバイのAl-Khaleej紙が複数のクウェート高官の話として報道したものであり、同紙によれば米国はイランが核問題で交渉に応じないならば強硬手段も辞さない、との内容の密書である。また同紙は、クウェートは過去2ヶ月間に秘密裏に米国及びEUとイランとの仲介役を行っていると伝えている。
 クウェート外相は丸1日のテヘラン滞在中にアハマドネジャド新大統領及び大統領選に敗れたラフサンジャニ元大統領と会談している。

コメント:
 GCC諸国の中ですっかり影の薄くなったクウェートが外交・エネルギー問題で国威発揚の機会を狙っている。1991年のクウェート解放戦争(湾岸戦争)、2003年の米軍イラク侵攻(イラク戦争)を通じ、クウェートは自国の安全保障のため米国べったりから抜け出せない。そのため周辺アラブ諸国や国内批判勢力から対米弱腰外交を批判されている。
 今回の米国・西欧とイランとの秘密仲介は、クウェート政府がそのような八方塞の状況を打開しようとする一連の動きの一つと見受けられる。またクウェート石油相はOPEC議長として、歴史的な高水準に達した原油価格を適正な水準に戻そうと派手なパーフォーマンスを繰り出している。ク政府の一連の動きは、今月国会で審議されるProject Kuwait問題、すなわち北部イラク国境付近での油田開発を国際企業に解放する案件とも関係していると言えそうである。


at 13:49Iran 
9/1 Gulf Daily News (Bahrain)
 韓国の現代重工業は、クウェイト国営石油会社KOCからアハマディの原油積出設備増強工事を12.5億ドルで受注した、と発表した。現在の積出能力2百万B/Dを3百万B/Dに増強するもので2008年6月に完成予定。LoIを今週締結、正式契約は9/E又は10月初の予定。


at 13:09Plant Business 

2005年08月31日

記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ