2005年09月21日

各項目をクリックすれば各紙(英語版)にリンクします。

(サウジ)商用ビザ発給基準を緩和

(ヨルダン)本年二度目の燃料値上げ実施

at 13:25Today's News 
(特報)9/20 OPEC記者発表
下記は9/19-20にウィーンで開催された第137回OPEC通常総会の記者発表概要である。

・OPECは9/19-20の2日間、オブザーバーとしてロシア、メキシコ等を加え、第137回通常総会を開催した。
・OPEC生産量は約3,020万B/D(イラクの283万B/Dを除く)であり、原油の在庫量は過去5年の平均を超えており十分であると判断。
・それにもかかわらず石油価格が高騰しているのは製油所能力が不足しているためである。
・現行のOPEC生産能力は3,250万B/Dであり、今後石油開発投資を進め2010年には3,250万B/Dにまで増強する見込み。
・市場安定化のため10/1以降3ヶ月間、200万B/Dの余剰生産能力を投入する用意がある。
・12/12にクウェートで開催予定の第138回臨時総会で市場動向を再検討。
・ハリケーン・カトリーヌのためIEA加盟国が行った製品放出を歓迎しするが、製油諸能力不足が石油価格の高騰と不安定の原因として残っている。
・OPECは製油諸能力不足解消のためイニシアティブを発揮するが、これは一義的には主要消費国の責任である。
・現在行っているEUとOPECの対話は有意義であり、その他の地域又は国際機関と同様の対話を持つ用意がある。
・来年1月以降のOPEC議長にナイジェリア石油相Dr.Daukoruを選出。
・次回通常総会は2006/3/8、ウィーン。

*詳細はOPEC Press release参照。


at 09:09Oil 

2005年09月20日

at 14:09Today's News 
9/20 Khaleej Times (UAE)
 国連は、世界の75%のアヘンが西アジアで生産されており、このため湾岸諸国が麻薬の中継基地になる危険性があると指摘している。
 先月にはクウェートで33キロの純正コカインが摘発され、当局は同国が麻薬密売人にとって絶好の目的地になりつつあると語っている。

コメント:
 イスラム諸国は麻薬犯罪に対して厳しく対処し、密売或いは所持者は死刑が普通である。麻薬の多くはパキスタン・アフガニスタンの山岳地帯で栽培されたものである。同国の貧困者は高額の報酬に惹かれ命がけで湾岸諸国に密輸しているが、逮捕された場合彼等は例外なく死刑となる。麻薬を所持している西欧人に対しても容赦無く死刑が宣告され、このため外交問題になることもしばしばであるが、運搬人のパキスタン・アフガニスタン人は全くの犬死である。
 厳しい取締りにより一時麻薬密輸は減ったが、最近各国の新聞をにぎわせているところを見ると密輸が増加している様子がうかがわれる。理由は需給の両面から考えられる。即ち、供給面ではアル・カイダなどのテロ組織が資金稼ぎのために麻薬取引に本格的に手を染めていることである。そして需要面では、オイルブーム、バブルに沸く湾岸諸国の富裕層に退廃的な機運が蔓延し麻薬が浸透しつつあると推測されるのである。


at 14:02GCC 

2005年09月18日

at 20:09Today's News 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ