2006年01月

(アラビア半島定点観測記事)
1/31 Kuwait Times
Sabahoath.gif 29日に開催されたクウェート国会で、24日に新首長に指名されたサバーハ第15代クウェート首長が即位宣誓の演説を行った。サバーハ首長は演説の中で、憲法と法律を遵守し国民の自由を守り、国家の独立及び領土保全に尽くす、と誓った。
 国会議員は彼を「改革首長」と位置づけ改革を加速することを期待している。また新首長による皇太子の早期指名を求める声も強い。

コメント:
 1/15のジャービル第13代首長の死去を契機に、サバーハ家内部では皇太子から第14代首長となった病弱のサードの即位を主張するサリーム系とこれに反対するジャービル系とが鋭く対立。結局、国会でサードの退位とサバーハ首相(当時)を第15代首長に指名する形で決着がつき、サードの首長在位期間はわずか10日足らずに終わった。(後継者争いの経緯については本ブログ「クウェート・サバーハ家お家騒動顛末記」参照)
 新首長には皇太子及び首相の指名と言う難問が控えている。これまで皇太子は首長の家系(サバーハ首長はジャービル系)とは別の系統(即ちサリーム系)の王族とすることが慣例となっている。このため皇太子の有力候補としてサリーム系のサバーハ外相の呼び声が高い。しかし実は皇太子が首相を兼務すると言うもう一つの慣例がある。2000年にサバーハが首長になったのは、当時皇太子兼首相であったサードが病気で執務不能となったためと言う特殊事情によるものである。
今回の首長後継問題を巡ってジャービル系とサリーム系には大きな溝が生まれており、皇太子選任及び皇太子に首相を兼務させるかどうかは極めて微妙な問題なのである。


at 13:40Kuwait 

2006年01月30日

各項目をクリックすれば各紙(英語版)にリンクします。
(クウェート)サバーハ新首長が正式に即位
(サウジ)アブダッラー国王:中印訪問は成功
(カタール)去年のGDP成長率は20.8%

Abdullah.jpg

中印歴訪後、香港を視察するアブダッラーサウジ国王(カジュアルな服装の写真報道は極めて異例(Arab Newsより)

at 11:02Today's News 
1/30 Khaleej Times (UAE) - Kuwait発ロイター電
 サバーハ新クウェート首長の就任宣誓式が29日(日)にクウェート国会で行われた。サバーハ新首長は77歳、2003年以来首相をつとめ、病弱の故ジャービル首長及びサード前首長にかわり実質的に国政全般を掌握しており、石油政策及び親西欧政策に変更は無いものと見られている。
 新首長の最初の仕事は首相指名である。なお皇太子は今後1年以内に指名されるが、ムハンマド外相(注、サリーム系、サバーハ新首長はジャービル系)が有力視されている。



at 10:52Kuwait 

2006年01月29日

1/29 Arab News (Saudi Arabia)
 イスラム諸国会議機構(OIC)は、デンマークの新聞が掲載した教祖ムハンマドを冒涜する風刺画について、デンマーク政府の謝罪が不十分であると非難した。
 昨年9月、デンマークの新聞Jyllands-Postenに12枚の風刺画が掲載された。内1枚は教祖が爆弾型のターバンを頭に巻きつけ導火線に火がついた漫画であった。その後、ノルウェーの新聞にも転載されている。
 これにたいしてイスラム諸国で広く非難の声が上がり、サウジアラビアは駐デンマーク大使を召還、クウェート政府がデンマーク大使に抗議を申し入れたほか、アラブ各国のスーパーマーケットではデンマーク、ノルウェー製品のボイコットが発生している。
 OIC事務局長は、表現の自由は尊重されるべきだが、デンマーク政府は宗教を冒涜するような表現活動には注意を払うべきである、と述べ、またイスラム教徒に対しては冷静な対応を求めた。
 一方デンマークの世論調査では79%が政府は謝罪すべきではない、としている。


at 10:09General 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ