2006年11月

2006年11月29日

11月25日(土)にバハレーンで第3回の国民議会選挙が実施された。国民議会は建国当初の1973年に第1回選挙が行われ、国民の7割を占めるシーア派が議会の主導権を握ったため、少数スンニ派のハリーファ首長家で構成される内閣と対立が続き、イーサ首長(当時)は1975年に議会を停止し、その後イーサの息子ハマドが首長(現国王)に即位した後の2002年に漸く第2回の選挙が行われている。
 しかしこのときも選挙の実施方法に不満を抱いたシーア派が選挙をボイコットした経緯がある。今回の選挙はシーア派も参加、小選挙区制による40の議席をめぐり206人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げた。なお南部第6選挙区では立候補者がLatifa Al Gaoud女史のみであったため、同女史はバハレーンを含む湾岸初の女性国会議員となった 。
バハレーンの有権者総数は約30万人であり、当日の投票率は72%であった。開票の結果、10の選挙区では候補者が規定投票に達せず上位2名による決選投票が1週間後の12月2日に行われることになったが、それを除き30名の当選者が決定した。事前の予想とおりイスラム組織の宗教系議員が25名の多数を占めたが、その中でも国民の多数派である反政府系シーア派の議員が17名に達した。選挙前の議会では13人の議員を擁したスンニ派は8議席にとどまった。残る5名の当選者は無所属である。なお女性立候補者は全員落選、または決選投票に残れなかったため、結局女性議員は上記の無投票当選者1名のみである。


at 20:31Bahrain 
東はアフガニスタンから西はモーリタニアまでのMENA(中東・北アフリカ, Middle East & North Africa)22カ国をいろいろなデータで比較しようと言うのがこの「MENAなんでもランキング・シリーズ」です。「MENA」は日頃なじみの薄い言葉ですが、国ごとの比較或いはMENA全体と日本やEUとの比較を通してその実態を理解していただければ幸いです。

 第3回のランキングは各国のGDP(総額及び一人当たり)を比較しました。詳細はホームページ「中東経済を解剖する(MENA Informant)」の「MENA何でもランキングシリーズ その3」をご覧ください。

(これまでの内容ーアクセスはこちらから
(第1回) 国土面積
(第2回) 人口と人口密度

at 16:12General 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ