2009年06月

2009年06月30日

at 10:52Today's News 

2009年06月27日

第1回:はじめに
 これまで湾岸産油国のSWFについては、Part I:「湾岸産油国の政府系ファンドを探る」、Part II:「投資国(Investor)と受入国(Recipient)」及びPART III:「中東から日本、そして日本から中東へ。湾岸SWFが開く新シルクロード」と題し筆者なりの見解を含めて連載を行なってきた。

 Part Iではサウジアラビア、UAE(アブ・ダビ及びドバイ)、クウェイト、カタール各国のSWFについて、その成り立ち、資産規模、意思決定機構などを解説した。そしてPart IIでは、これらのSWFの主たる投資先である米国との関係を歴史的に検証するとともに、摩擦が世界的規模で表面化し始めた投資国(Investor)と受入国(Recipient)の関係及び両者による新秩序の模索について論じた。さらにPart IIIでは日本を含むアジアに目を向ける湾岸産油国のSWFとそれに対する日本の今後の方策を「新シルクロード」と言う視点で分析を試みた。2007年11月にPart Iの連載を開始し、PART IIIを終えたのは約10ヶ月前の昨年8月である。

 その後、昨年9月に米国でリーマン・ショックが発生、世界は深刻な信用不安と景気後退に見舞われ、湾岸SWFを取り巻く環境も激変した。また同年7月以降の原油価格の暴落が産油国を直撃し、湾岸のSWFはこれまでの欧米一辺倒で強気の投資戦略の転換を迫られた。

 最近になって金融不安も漸く危機的状況を脱し、また原油価格も上昇の兆しが見えてきた。湾岸SWFも落ち着きを取り戻しつつある。ドバイのように巨額の借入金のリスケに追われるSWFもあるが、自国の石油(或いは天然ガス)によるオイル・マネーを資金源とする、サウジアラビア、アブ・ダビ、カタールなどのSWFは、新たな投資活動に取り組み始めた。一方、自国の金融機関の貸し渋りに直面した投資受入国(Recipient)では、湾岸産油国のSWF資金を導入しようとする動きに拍車がかかっている。欧米の先進国、IMFなどの国際金融組織もSWFのFDI(海外直接投資)を歓迎するムードであり、湾岸SWFをめぐる環境は昨年前半までとは一変したと言って間違いない。

 Part IVではこのような状況の変化を踏まえて、リーマン・ショックから現在までの世界金融危機後の産油国のSWFについて分析を試みることとした。

(第1回終わり)

* HP「中東と石油」にPart I, II, IIIを一括掲載しております。

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
E-mail; maedat@r6.dion.ne.jp


at 15:19GCC 
at 12:52Today's News 

2009年06月26日

各項目をクリックすれば各紙(英語版)にリンクします。

(アブダビ)日本で原油を共同備蓄:両国で覚書締結  *

*経済産業省プレスリリース参照


at 10:13Today's News 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ