2009年10月

2009年10月30日

(注)本シリーズ(上)、(下)はHP「中東と石油」に一括掲載されています。

2.バクーのSWF国際フォーラム
 10月初め、アゼルバイジャンの首都バクーで第1回SWF国際フォーラムが開かれた。世界から20のSWFが集まり二日間にわたって討議が行なわれ、前年10月にチリのサンチャゴでワーキンググループが採択した「Santiago Principles(サンチャゴ原則)」を遵守することを確認した 。「サンチャゴ原則」とはInternational Working Group of Sovereign Wealth Funds(SWFの国際ワーキンググループ)が作成した「Generally Accepted Principles and Practices (略称:GAPP)」のことを指す 。

 GAPPはSWFの透明性の確保、情報開示の促進、組織の明確性、出資者(国家)からの中立性などを24ヵ条にわたって明記したものであり、SWFの自発的な行動基準である。2008年にGAPPが策定された背景には、2000年以降の世界貿易の拡大及び石油価格の急激な上昇の結果、中国やシンガポールなどアジアの新興国及び中東などの産油国でSWF(政府系ファンド)が相次いで設立された。そして巨大化したSWFが国際経済の撹乱要因となったからである。特に中国による海外の資源エネルギー企業買収、或いはシンガポール、ドバイのSWFによる先進各国のインフラ・物流事業の買収などが、被買収国の脅威となった。

 世界のリーダーを自負し、またイスラム・テロに対して過剰ともいえる反応をしていた当時の米国ブッシュ政権は中国及び湾岸アラブ産油国のSWFを目の敵にしていた節がある。2005年のCNOOCによる米国石油企業ユノカル買収事件及びDubai Port Worldの英P&O買収によるニューオーリンズなど米国内の港湾施設管理権問題等で、米国は国益を盾に中国及び湾岸産油国SWFの動きを封じた。

その反面、2007年のサブプライム問題では米国政府はフィクサーとしてSWFによるシティ銀行などへの資本導入に旗を振った。このとき出資に応じたアブダビ投資庁(ADIA)、KIA(クウェイト投資庁)或いは中国のCICも銀行経営に口を出すつもりは無かったと思われる。しかし米国政府は自らが作り上げ意のままに操ってきた国際金融システムに、SWFの株主である中国やアラブ各国の政府が介入するのではないかと疑ったのである。SWFの背後に潜む新興国政府の意思は米国には分をわきまえぬ態度にしか見えなかったのであろう。米国はIMFを動かし、SWFの行動に枷をはめるべくサンチャゴ原則を作らせたと考えられる。

ところが昨秋以降、SWFを取り巻く環境は政治・経済の両面で大きく変化した。政治ではブッシュからオバマへと米国の政権が交替し、経済ではリーマン・ショックで世界経済が更に悪化し各国に保護主義が蔓延し始めた。オバマ政権は米国一強主義から国際協調外交へと舵を切り、また保護主義がグローバル化の後退、世界経済全体の縮小均衡につながることを懸念したIMF、世銀、UNCTAD(国連貿易開発会議)などの国際機関および先進各国は対外直接投資(FDI)の奨励策を打ち出した。FDIの重要な一翼を担うSWFが再び脚光を浴びたのである。

国際フォーラムには世界の期待に応えようとするSWFの自負が窺える。コミュニケにうたわれた透明性の確保、情報の開示などはそのようなSWFの自信の裏返しと言えなくも無い。彼らは世界経済が自分たちを必要としており、またその期待に応えることができると確信しているようである。ただSWFがそれぞれの国家の分身であることは紛れも無い事実であり、彼らの投資行動は単なる利潤追求にとどまらず、その背後にある国家の意思が反映することはまちがいない。バクー会議に出席したChina Investment Corp(CIC)のJin会長が「SWFは非公開企業であり四半期ごとに情報を開示する必要は無く、四半期報告は害が多い」と述べたことは、政府あってのSWFという姿勢を端無くも露呈していると言えよう 。

次回のSWF国際フォーラムは2010年5月にオーストラリアのシドニーで開催される予定である。

(湾岸産油国のSWF Part V 完)


本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
E-mail; maedat@r6.dion.ne.jp


at 11:07GCC 
各項目をクリックすれば各紙(英語版)にリンクします。

(クウェイト)憲法裁判所、女性議員のスカーフ着用義務なし、の判決
headline8d50c9.jpg



at 10:17Today's News 

2009年10月29日

at 09:41Today's News 

2009年10月28日

(注)本稿はHP「中東と石油」に一括掲載されています。

第二幕:中東のハプスブルク家を目指すムハンマド?
 8月末のムハンマドのアンソロジー(詩集)ドイツ語訳刊行の1ヵ月後、今度はムハンマドの娘とハマド・バハレーン国王の息子との結婚披露宴の模様が地元新聞の一面を飾った 。湾岸諸国の場合、結婚式の披露宴は新郎、新婦それぞれ別々の場所で行われ、新婦の披露宴に出ることができるのは新郎だけである。勿論新婦側の披露宴は非公開であり、新郎側の披露宴だけが公開される。従って掲載写真は新郎新婦双方の男性親族及び新郎の招待客だけであるwedding1.jpg(写真参照、右から二人目がハマド国王、3人目ムハンマド首長、その左はハリーファ・UAE大統領兼アブダビ首長)。披露宴はバブルの象徴の一つであるドバイ・ワールド・トレード・センターで華々しく行なわれ、招待客にはハリーファ・アブダビ首長を始め、UAEの各首長や皇太子、バハレーンのハリーファ首相などバハレーンとUAEの有力王族が多数出席した。

 ハマド国王の息子の新郎ナーセル・ビン・ハマドは皇太子の異母兄弟である。ハマド国王の王妃としてはサビーカ王妃及びファーティマ王妃の二人が知られており、皇太子はサビーカ王妃の長男であるが、ナーセル王子の母親がサビーカでないことは確かであるため、サルマン皇太子と新郎は異母兄弟ということになる(なお新郎の母親がファーティマであるかどうかは不詳)。彼の年齢に関する情報も見当たらないが、南部州の知事でありハリーファ家の中でも有力な王族の一人であることは間違いない。

 一方、新婦はムハンマド首長の娘というだけで新聞では名前はわからない。ムハンマドには7人の息子と10人の娘がある。彼に何人の王妃がある(或いはあった)のかは不明であるが、王妃としては1979年に結婚したヒンディ王妃が知られている。二人の間に1982年にハムダン、翌1983年にマクトゥームが生まれており、現在ハムダンは皇太子、マクトゥームは副首長である。新婦の母親がヒンディ王妃か否かはわからない。

 ドバイ首長のムハンマドは2004年4月にヨルダンのアブダッラー国王の義妹ハヤ王女と結婚した。因みにハヤ王女はフセイン前国王の三番目の妻アリア王妃(1977年にヘリコプター事故で死亡、ヨルダン国際空港に彼女の名が冠せられている)の娘であり、二番目のムナ王妃の息子アブダッラー国王とは義理の妹の関係である。二人の結婚はアラブ諸国に驚きをもって迎えられた。なぜならアラブの王子・王女の結婚は殆どが一族同士であり、そうでない場合もせいぜい国内の他の有力部族の娘を娶るのが普通だからである。GCCの中で一族同士の結婚が最も顕著なのはクウェイトのサバーハ家であり、王子・王女はほぼ例外なくサバーハ家一族と結婚している。サバーハ家にはジャービル系とサーリム系の二大家系があるが、二代前のジャービル系首長とサーリム系皇太子は1990年代の後半以降、共に病床に伏し政務が取れない異常な状況を呈したことがある。これなどは永い間の血族結婚のためではないかと当時巷間で噂されたほどである。

ドバイのマクトゥーム家はGCCの王家の中でも新興勢力である。これに対してハヤ王女のヨルダン・ハーシム家はイスラム教の開祖ムハンマドにつながるアラブで最も由緒正しい血統を引く王家である。ヨルダンは当時も今も貧乏な国であり、かたや結婚当時のドバイはオイル・ブームに乗ってまさに日の出の勢いだった。下世話に言えば両家の結びつきは釣り合いの取れない縁談なのであるが、結婚によりマクトゥーム家にとっては家名に箔がつき、他方ハーシム家にとっては石油の富の恩恵に預かる機会を手にした、と言う点で両者それぞれにメリットがあったと考えられる。そして2007年には二人の間にアル・ジャリーラ王女が生まれている。この頃がムハンマドの絶頂期である。その後バブルが弾け、今や借金まみれの青息吐息の状況になるとは二人とも全く予測していなかったであろう。スポーツウーマンでもあるハヤ王妃は、UAEのオリンピック委員のほか、社会慈善活動も活発に行なっている。一般にイスラムの戒律が厳しく社会的制約が大きいGCC諸国の王妃の中では、ハヤ王妃はカタールのモーザ王妃と並びメディアへの露出度が高い。

 ムハンマドはハヤとの結婚、そして息女とバハレーン・ハリーファ家の王子との結婚を通じて他国の王家との姻戚関係を強めている。これが契機となってGCC各国の王家の王子と王女の婚姻が増えるかどうかはわからないが、少なくともこれまで一族同士の同族結婚あるいは国内有力部族との婚姻関係にとどまっていたGCC各国の王族間の結婚にムハンマドが風穴を開けたことは間違いない。

 結婚を外交戦略の一つとし、かつてヨーロッパに一大勢力を築いた王家としては、オーストリアのハプスブルグ家が有名である。マクトゥーム家の当主ムハンマドは中東のハプスブルグ家を目指しているのであろうか?

(中東VIP劇場ドバイ篇 完)

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
E-mail; maedat@r6.dion.ne.jp


at 16:43UAE(Abu Dhabi, Dubai) 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ