2013年05月

2013年05月28日

drecom_ocin_japan at 11:39コメント(0)トラックバック(0) 

(注)本稿は「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してごらんいただけます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0265MenaRank14.pdf

(MENAなんでもランキング・シリーズ その14)

3.2008-2012年の世界順位の変化
(表http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/14-T02.pdf 参照)
 MENA各国の2008-2012年の域内での順位及び世界順位の変動を見ると、カタールは過去5年間を通じて常にMENAトップであった。そして同国の世界順位は2008年の28位から2010年には19位まで上昇している。しかしその後2年間は22位(2011年)→27位(2012年)に後退、5年前に逆戻りしている。今回カタールと並びMENAトップであったUAEは、MENA域内の順位は2008年はカタール、イスラエルに次ぐ3位であり、その後イスラエルを抜き去り今回はカタールと共にMENAトップとなった。同国の世界順位は2008年の35位から毎年着実にアップしており、2012年の腐敗認識指数は68で世界27位である。


 イスラエルの世界順位は33位(2008年)→32位(2009年)→30位(2010年)→36位(2011年)→39位(2012年)と推移しておりここ3年間は凋落傾向にある。サウジアラビアの過去5年間の世界順位は80位→63位→50位→57位→66位であり2010年には50位まで上昇したがその後順位が落ち60位台後半にとどまっている。


 2011年の「アラブの春」と呼ばれる変革に見舞われた国について2011年をはさむ前後3年間の世界ランクの変動を見ると、バハレーンは48位(2010年)→46位(2011年)→53位(2012年)であり、チュニジアは59位(2010年)→73位(2011年)→75位(2012年)、イエメン146位(2010年)→164位(2011年)→156位(2012年)、リビアは146位(2010年)→168位(2011年)→160位(2012年)であった。チュニジアは「アラブの春」の前後を通じて世界ランクは毎年下がっており腐敗度が高まっていることを示している。イエメン及びリビアは腐敗度がもともと高く世界ランクは低かったが、2011年は順位を下げ2012年には多少回復している。但し世界の評価対象国の数が2011年は183カ国であったのに対し、2012年は9カ国減り174カ国であることを考慮すると実質的な世界ランクは変化がなかったと見るべきであろう。


 MENA全体の平均世界順位は85位/180カ国(2008年)→88位/180カ国(2009年)→84位/178カ国(2010年)→88位/183カ国(2011年) →91位/174カ国(2012年)であった。2008年から2011年までは80位台後半を前後していたが、2012年には90位台に落ちている。さらに全調査対象国の数を考慮すると、2011年までの4年間はわずかながらも世界の上位2分の1のグループに位置していたものが、2012年には下位グループに脱落していることがわかる。MENA地域の腐敗度は悪化していると言えよう。


(続く)


本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
 前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
   Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
   E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 08:34コメント(0)トラックバック(0) 

2013年05月27日

drecom_ocin_japan at 10:26コメント(0)トラックバック(0) 

(注)本稿は「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してごらんいただけます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0265MenaRank14.pdf

(MENAなんでもランキング・シリーズ その14)

 2.MENA諸国のCPI指数と順位
(表http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/14-T01.pdf 参照)
 2012年度のMENA腐敗認識指数はパレスチナ自治政府を除く19カ国が評価対象となっている。この中で最も腐敗度が低いと評価されたのはカタールとUAE(CPI指数68)である。両国の世界順位は27位で日本(17位)、米国(19位)よりも低く、オーストリア、スペインとほぼ同等である。カタール、UAEに次ぐ第3位はイスラエル(CPI指数60)で世界順位39位である。以上3カ国が世界50位以内である。このほか世界100位以内にはバハレーン(CPI指数51、世界順位53位)、トルコ(同49、54位)、ヨルダン(同48、58位)、オマーン(同47、61位)、クウェイト・サウジアラビア(同44、66位)、チュニジア(同41、75位)、モロッコ(同37、88位)が入っている。


 一方、MENA諸国の中で腐敗度が高いのはイラク(CPI指数18、世界順位167位)であり、世界174カ国中で下から8番目である。因みに世界最下位はアフガニスタン、北朝鮮及びソマリアでCPI指数は一桁の8である。この他リビア(同21、160位)、イエメン(同23、156位)などが世界の最下位グループと評価されている。MENA地域の大国であるエジプト及びイランは世界118位と133位にとどまっている。

MENA19カ国の平均CPIは40、平均順位は91位であり、MENAは世界174カ国の中では平均を下回っている。100位以下の国が19カ国中8カ国あるため平均的な順位が低く抑えられる結果となっている。MENAは各国の腐敗度の格差が大きい地域と言える。


 CPIレポートは「貧困と腐敗の間には強い相関関係がある」と指摘しており、上位にカタール、UAEの湾岸産油国或いは経済力の強いイスラエル、トルコなどが並んでいることはレポートの指摘を裏付けている。しかしながらMENA最下位のリビア、イラク、シリア及びイエメンを比較すると貧困と腐敗が必ずしも相関関係にあるとも言えない。なぜならリビア及びイラクは産油国として豊かな石油収入があり国家としてのGDPはシリア、イエメンより大きく豊かである 。それにも関らずシリア、イエメンの方が腐敗度が低い。リビア及びイラクでは国家の富の分配が不平等であり、そこに腐敗が介在していることをうかがわせる。


 ちなみに世界でCPI指数が最も高い国(即ち腐敗度が最も低いとされた国)はデンマーク、フィンランド及びニュージーランドでそのCPI指数は90である。日本はCPI指数74、世界17位とされており、これはMENAトップのカタール(世界27位)よりも上である。また米国は日本をわずかに下回りCPI指数73、世界順位19位である。中国はCPI指数39、世界順位80位で世界平均をやや下回り、MENAではチュニジア或いはモロッコと同レベルである。


(続く)


本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
 前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
   Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
   E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 08:55コメント(0)トラックバック(0) 

2013年05月25日

(注)本レポートは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0267SaudiRoyalFamily.pdf

3.スデイリ・セブンの明暗:ファハド家、スルタン家の凋落とナイフ家の興隆
 スデイリ・セブンとは初代国王に嫁いだスデイリ家ハッサ王妃が生んだ7人の男児のことである(*)。長男のファハドは第五代国王として1982年から2005年までサウジアラビアを牛耳ってきた。そしてファハドのもとで次男スルタンが国防相、四男ナイフが内務相、さらに六男サルマン(現皇太子、第一副首相兼国防相)がリヤド州知事として数十年にわたり国家の中枢ポストを押さえてきた。
(*)「アブドルアジズ初代国王の王妃とその子息たち」参照。
http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/3-1-3b.pdf


 しかしスルタンとナイフは皇太子に上り詰め国王を目前にしながら一昨年と昨年相次いで亡くなった。スデイリ・セブンの威光にも翳りが生じ、彼らが築き上げた勢力は息子たち第三世代に引き継がれようとしている。但しその動静を仔細に見比べると勢力を温存或いは拡大した一族がある一方、父親の地盤を失いつつある一族もある。ごく大雑把に言えばファハド及びスルタンの一族は没落しつつあり、ナイフの息子たちは勢力を拡大しつつあると言えよう。そしてサルマンの息子は父親の皇太子(さらには将来の国王)の在位中に有力な官位を得ようと画策しているようである。以下、ファハド家、スルタン家、ナイフ家及びサルマン家と呼ぶことにして、各家系の最近の動きを見てみよう。


 まずファハド家については、リーダーと目されるムハンマド王子が1997年から務めた東部州知事を今年1月退任した。後任は故ナイフ前皇太子の息子サウド王子である 。東部州は首都リヤド州、聖地のあるマッカ州と並ぶ三大州の一つであり、サウジアラビアの経済を支える油田地帯をカバーしている。と同時に東部州は多数のシーア派住民がしばしば騒乱を引き起こす問題州でもあり治安維持は知事の重要な職責である。今回ナイフ元内相の息子が跡を継いだことがその事情を物語っていると言えよう。
(*)「故ファハド前国王家系図」(http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/3-1-8.pdf) 参照。


 ファハド家にはムハンマドの他に現職閣僚級としてアブドルアジズ国務相(無任所)、青年福祉庁長官スルタンの異母兄弟がいる。アブドルアジズはファハドが溺愛し、30歳前の若さで大臣に取り立てた経緯があるが、未だに無冠の大臣であることから、彼が現内閣のもとで完全に浮いていることがうかがえる。今回のムハンマド州知事の退任と重ね合わせると、アブダッラー国王はファハド家からシーア派対策が主眼である東部州知事のポストを取り上げ、名前だけの国務相であるアブドルアジズを残したと見るのが妥当であろう。


 スルタン家はどうであろうか。スルタン家の牙城は国防省であった。スルタンは1962年に国防相に就任して以来亡くなるまでの50年近くそのポストを手放さなかった。その間に彼の長男ハーリドを国防副大臣に引き上げた。しかし今年4月ハーリドはサウド家外戚のファハド王子と交代した 。後ほど述べるがファハド王子は実はアブダッラー家と関係が深い。現在の国防相はサルマン皇太子であり、今回の人事にサルマンの意向が反映されていることは間違いない。このことから筆者は国王と皇太子が一致してスルタン家を国防省から遠ざけたと見る 。


 スルタン家に残されたポストは昨年7月、中央情報局長官に抜擢されたバンダル王子である。バンダルは駐米大使を長く務め、サウド外相の義理の弟(サウドの妹婿)でもあるため、諜報機関のトップはうってつけとも言えよう。このポストはかつてサウド外相の実弟トルキ王子或いは今回第二副首相に抜擢されたムクリン王子が務めている。前任者二人を見る限り中央情報局長官のポストが将来のさらなる高官を約束するものかどうか判断は難しく、バンダルの今後は目が離せない。
(*)「スルタン元皇太子家系図」http://members3.jcom.home.ne.jp/maeda1/3-1-5.pdf 参照。


(続く)


本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
 前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
   Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
   E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp




drecom_ocin_japan at 12:36コメント(2)トラックバック(0) 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ