2016年05月

2016年05月24日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0378MenaRank10.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その10)

 

3.2011年~2015年の日本とMENA諸国の貿易

(5年間で初めて減ったMENAの貿易額!)

(1)日本とMENA諸国の貿易額及び対中国、対米貿易との比較

(http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/10-T04.pdf 参照)

(http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/10-G03.pdf 参照)

 2011年から2015年までの5年間の日本とMENA19カ国1機関(パレスチナ自治政府)との貿易総額(輸出と輸入の合計額)は、2011年15兆円、2012年16兆円、2013年19兆円、2014年20兆円と毎年増加し続けたが2015年は一転して減少に転じ同年の貿易総額は13兆円と過去5年間で最も少ない。また日本の貿易総額に占める割合は2011年から2014年までは12%前後であったが、2015年は8.8%の一けた台に落ち込んでいる。米国及び中国と比較すると、MENAの貿易額は2014年まではほぼ米国に肩を並べていたが、2015年はMENAが減少した反面米国は大きく伸び、中国も微増であった。このためMENAと両国の貿易格差は拡大し、2015年はMENAは米国の2分の1、中国の3分の1にとどまっている。

 

(日本の対MENA貿易は5年連続で赤字!)

(2)日本/MENA間の輸出と輸入

(http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/10-G04.pdf参照)

 MENAの貿易額を輸入と輸出に分けて見ると、日本のMENAからの輸入額は2011年の13兆円から2014年には16兆円まで膨れたが、2015年には一転して過去最低レベルの10兆円であった。一方日本からの輸出額は2.4兆円(2011年)→2.7兆円(2012年)→2.9兆円(2013年)→3.5兆円→3.7兆円と5年間を通じて増加傾向が続いている。

 

 2011年の福島原発事故以後LNGの輸入が急増し、油価の高騰と相まってサウジアラビア、カタールなどからの輸入額が急増した。しかし2014年年央以降は油価が急落、さらに円安の影響もあって円建て輸入額は急減した。これに対してMENA産油国は2015年までオイル・ガスブームが続いており自動車・プラントなど日本からの輸出が増加している。

 

 この結果、日本のMENA諸国に対する貿易収支は2014年まで年間10兆円以上の赤字であったが、2015年は赤字幅が6兆円に縮小している。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行        183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                              Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 08:46コメント(0)トラックバック(0) 

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0378MenaRank10.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その10)

 

2.MENAと日本の2015年の輸出入(続き)

(石油・LNGの輸入で日本の輸入超過6兆円!)

(3)輸出入バランス

(http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/10-T01.pdf参照)

(http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/10-G02.pdf参照)

 MENA全体の輸出入の差額、貿易バランスは6.2兆円の大幅な日本の輸入超過である。これは言うまでもなく石油或いは天然ガスの輸入によるものであり、特にサウジアラビア(-2.2兆円)、UAEおよびカタール(各-1.8兆円)、クウェイト(-5,500億円)並びにイラン(-3,600億円)の産油(ガス)5カ国に対する輸入超過額が大きい。5カ国の輸入超過合計額(6.7兆円)だけでMENA全体に匹敵する金額である。但し日本のMENAとの輸入超過額は昨年の12.6兆円から大幅に改善している。これは原油・天然ガスの価格がこの間に大幅に下がり金額ベースの輸入額が大幅に下がったためである。

 

一方日本の輸出超過となっている国はトルコ、エジプトなど8カ国1機関である。いずれも超過額は輸入に比べて少ないが、比較的金額が大きいのはオマーン(2,070億円)、トルコ(1,860億円)、エジプト(1,370億円)などである。

 

因みに中国は6.2兆円の輸入超過でほぼMENA全体と同じであり、米国は逆に7.2兆円の大幅な輸出超過となっている。

 

 輸出入バランスを2014年と比較すると、全体では2014年の12.8兆円の輸入超過から2015年には2.8兆円と大幅に改善している。日本とMENA諸国の貿易バランスも2014年の-12.7兆円が2015年には-6.2兆円に半減している。石油・天然ガスの価格の急落、為替が円安傾向になっておりエネルギーの主要供給先であるサウジ、UAEなどがドル固定相場制であることなどの各種要因が重なった結果、MENA諸国の貿易バランスが大きく改善されたものと言えよう。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行        183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 13:12コメント(0)トラックバック(0) 

2016年05月21日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0378MenaRank10.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その10)

 

2.MENAと日本の2015年の輸出入(続き)

(小国UAEが最大の輸出相手国。理由はドバイから周辺諸国への再輸出!)

(2)日本からの輸出

(http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/10-T03.pdf参照)

 2015年の日本の輸出総額は76兆円であったが、そのうちMENA諸国への輸出は3.7兆円であり全体に占める割合は4.8%である。輸入に占める割合が12.5%であることに比べかなり低い。日本とMENAの貿易は日本の大幅な輸入超過という片貿易である。

 

 国別にみるとMENAで日本の輸出が最も多いのはUAEの1兆500億円であり、これに次ぐのがサウジアラビアの8,260億円である。UAEの人口は外国人を含め940万人であり、サウジアラビア(2,940万人)の3分の1以下であるにもかかわらず[1]、輸出額では両国が逆転している。UAEはドバイの自由貿易港を通じたGCC、東アフリカ、中央アジア等の国々への再輸出が多いためである。

 

 UAE、サウジアラビアに次ぐ日本からの輸出第3位はオマーンであるが、その輸出額は3,900億円であり両国と大きな開きがある。4位以下はトルコ(2,620億円)、クウェイト(2,260億円)、カタール(1,870億円)、エジプト(1,550億円)、イスラエル(1,410億円)、バハレーン(1,070億円)と続き10位のヨルダン以下は輸出額1,000億円未満である。ちなみに中国向け輸出は13兆円、米国向け輸出は15兆円で全世界向け輸出に占める割合はそれぞれ18%および20%であり、MENA諸国向け輸出額の4~5倍である。

 

 昨年の輸出額と比較すると日本全体では3.4%増であり、MENA地域向けも5.9%と世界平均を上回る伸びである。輸出額1,2位のUAE及びサウジアラビアの増加率はそれぞれ4.2%および2.6%であった。増加率が高かったのはモロッコ(+64%)レバノン(+48%)、ヨルダン(+35%)の各国である。一方輸出額が前年に比べて大きく落ち込んだのはリビア、イエメン(共に71%減)及びアルジェリア(26%減)の3か国であった。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行        183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



[1] MENAランクシリーズ2「MENA諸国の人口・出生率・平均寿命(世界人口白書2014年版)」参照。http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0340MenaRank2.pdf 




drecom_ocin_japan at 09:32コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ