2017年05月

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0411MenaRank16.pdf

(MENA
なんでもランキング・シリーズ その16)

 

2017.5.31

前田 高行

 

3.MENA主要6カ国及びスイス、日本、米国の項目別比較(レーダーチャート)

(図http://menarank.maeda1.jp/16-G01.pdf 参照)

ここでは下記の3つのグループについて2017年の各国の項目別世界順位をレーダーチャートにより比較してみる。

(1) 上位グループ:スペイン、日本、UAE

(2) 中位グループ:トルコ、イスラエル、サウジアラビア

(3) 下位グループ:エジプト、チュニジア、イラン

レーダーチャートは最も外側が世界順位1位であり内側の中心は世界151位である(実際の調査対象国数は136か国)。また最上段の1から14までの記号は第二項に述べた調査項目の()から(14)を示している。各分野の世界順位を結ぶ輪が各国の状況である。レーダーチャートの輪が外側に広がっているほど世界での順位が高く、また輪の形が円に近いほど各分野の均衡がとれていることを示している。

 

(1)上位グループ:スペイン、日本、UAE

 ここでは世界1位のスペインと同4位の日本、さらにMENAトップで世界29位の3か国を比較する。項目別では3か国とも5情報インフラ、10空路インフラ及び11陸上・海上インフラの3項目の世界ランクが高く、インフラ施設が整っていることが解る。また4人材・労働市場、6旅行・観光業の優先度、9環境持続性なども3か国のランクは比較的高いレベルで揃っている。

 

1事業環境についてはUAE(世界5位)と日本(同20位)が高いのに対してスペインは世界平均を下回る75位にとどまっている。一方14文化資産・ビジネス旅行についてはスペインが世界2位、日本は同4位に対しUAEは世界50位である。また13自然資産についてもスペイン世界9位、日本世界26位に対してUAEは極めて低い91位にとどまっている。しかし8価格競争力は日本とスペインが共に世界90位台に対して、UAEは56位である。UAEは砂漠に囲まれ歴史も新しいため文化・自然遺産に乏しいが、価格面では経済先進国のスペイン、日本に勝っていると言える。

 

 各国別に見ると、スペインはインフラ、サービスが高く、自然・文化資産など見るべきものが多く、これらの分野で世界のトップレベルにある。また安全、衛生、情報インフラ等もかなり整備されているが、価格競争力と事業環境の両面では世界レベルに達していないようである。

 

 日本の場合は交通インフラ、文化資産・ビジネス旅行、市場開放度などが世界のトップレベルと評価され衛生、人材、情報、サービス等も世界20位前後と評価されている。しかし価格競争力だけが世界94位と極めて低い評価である。日本の旅行・観光産業の競争力は価格を除けば比較的均整が取れている。

 

UAE1.ビジネス環境、2.安全・治安、10.航空路インフラの3分野では世界のトップ・テンに評価されており、その他の分野も多くは世界20位~30位台である。UAEの世界順位が低い分野は3衛生(世界63位)、7.市場開放度(同75位)13.自然資産(同91位)などである。

 

(2) 中位グループ:トルコ、イスラエル、サウジアラビア)

 トルコ、イスラエル、サウジアラビアの世界ランクはそれぞれ44位、61位及び63位であり、世界の中では中の上に位置する。この3か国は各分野の多くで順位が近接しているが、それぞれの国の特質を現すランクの差が大きいものもいくつか見られる。

 

6旅行観光業の優先度は3か国とも70~80位であり大きな差はなく、13自然資産も同様の傾向である。しかし8価格競争力は3か国間にかなり大きな開きがあり、サウジアラビアの世界17位に対してトルコは70位、イスラエルは133位である。空路インフラ、陸上・海上インフラ、旅行者サービスなどは3か国ともおしなべて世界ランクは上位であり各国の旅行・観光機関の意欲がうかがえる。一方9環境持続度はイスラエルが世界91位、トルコ112位、サウジアラビア124位であり3か国とも評価が低い。

 

(3)下位グループ:エジプト、チュニジア、イラン

 総合世界順位はエジプト74位、チュニジア87位、イラン93位といずれも世界の下位グループに属している。これら3か国は14項目のほとんどで世界の平均以下であり、イランなどは100位以下が6項目にも及ぶ。

 

このような中で3か国とも世界的な競争力を示しているのが8価格競争力の項目であり、イランは世界1位、エジプトが同2位、チュニジアも同9位といずれも世界のトップテンに入っているのが特徴である。そして14文化資産・ビジネス旅行の項目ではエジプトとイランが世界の上位クラスである。両国は共に紀元前にさかのぼる文明を有し、欧米諸国にはない遺産を保有している。しかし4人材・労働市場の面では3か国とも世界ランクは100位以下である。また5情報インフラ、10空路インフラ11陸上・海上インフラなど各種インフラの整備が遅れており遺産を生かし切れていないようである。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 09:08コメント(0)トラックバック(0)MENA 

2017年05月30日

サウジアラビアの財閥及びその家系図に関するデータベースを追加更新しましたのでご利用ください。

サウジアラビアの財閥:
http://mylibrary.maeda1.jp/SaudiMerchantFamily.html

A31 カヌー財閥
http://mylibrary.maeda1.jp/A29Olayan.pdf
A28 アル・ファイサリア財閥
http://mylibrary.maeda1.jp/A28Alfaisaliah.pdf
A27 アリレザ・ザイネル財閥
http://mylibrary.maeda1.jp/A27AlirezaXenel.pdf
A26 ゴサイビ財閥
http://mylibrary.maeda1.jp/A26Algosaibi.pdf
A25 ザーミル財閥
http://mylibrary.maeda1.jp/A25Zamil.pdf




drecom_ocin_japan at 20:35コメント(0)トラックバック(0)データベース追加・更新 

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0411MenaRank16.pdf

(MENA
なんでもランキング・シリーズ その16)

 

2017.5.30

前田 高行

 

2.分野別のランク(続き)

(表http://menarank.maeda1.jp/16-T03.pdf 参照)

(9)Environmental Sustainability(環境保全能力)

 この項目のMENAトップはUAEであるが、同国の世界順位は40位であまり高いとは言えない。世界50位以内にあるのはUAEのみである。MENA16か国のうち10カ国は世界100位以下であり、クウェイト(世界135位)、イエメン(同136位)は最下位レベルである。この項目では日本は50位以内であるが米国、中国は100位以下である。

(日本45位、米国115位、中国132位)

 

(10)Air transport infrastructure (航空路インフラ)

 観光客を誘致する航空路が最も整備されている国として高い評価を受けたのはUAEで世界ランクは3位である。同国のドバイ空港は周辺国のみならず中央アジア、東アフリカあるいはアジアと欧米を結ぶハブ空港となっており、MENAでは今や別格の存在である。二番目はトルコ(世界14位)、三番目はカタール(25位)でこれら3カ国に次ぐのがサウジアラビア(38位)、バハレーン(45位)である。本項目で世界100位以下の国はアルジェリア(100位)とイエメン(133位)であり、MENAの多くの国は世界の中位に位置している。MENA平均順位は世界136カ国中の61位である。

(日本18位、米国2位、中国24位)

 

(11)Ground and Port infrastructure (陸上・港湾インフラ)

 陸上および港湾インフラが整備されているのはバハレーン(世界13位)UAE(同19位)、カタール(同23位)等でありGCC各国が上位に並んでいる。その他中東の主要な国ではトルコが世界54位、サウジアラビア64位、イランは75位であり、エジプトは82位にとどまっている。

(日本10位、米国26位、中国44位)

 

(12)Tourist Service infrastructure (旅行者サービス度)

 MENAで旅行者に対するサービス度が最も高いと評価されているのはイスラエルで同国の世界順位は26位である。これに続き世界50位以内に入っているのはUAE(世界27位)、カタール(同33位)、バハレーン(同35位)、トルコ(同42位)、サウジアラビア(47位)である。一方サービス度が低いとされているのはアルジェリア(世界131位)、イエメン(同127位)、イラン(同116位)である。中東の観光大国であるエジプトは世界93位である。

(日本29位、米国3位、中国92位)

 

(13) National resources (自然資産)

 中東北アフリカは平坦な砂漠の乾燥した国が多く、自然の景観は変化に乏しい。このため平均世界順位は103位にとどまり14のサブ項目の中では最も低い。MENAでは世界50位以内の国はモロッコ(世界47位)だけである。同国に続くのはトルコ(世界70位)、オマーン(同87位)であり、UAE、イスラエル、チュニジア、エジプト、サウジアラビアが90位台にひしめいている。イラン、アルジェリアを含めMENA16か国中の7か国は世界100位以下である。

(日本26位、米国10位、中国5位)

 

(14) Cultural resources (文化資産)

 この項目でMENAトップはトルコ(世界16位)であり、エジプト(同22位)、イラン(同38位)、モロッコ(同41位)、サウジアラビア(同49位)の各国が続いている。その他アルジェリア(同53位)、イスラエル(同57位)など古代から中世、あるいはイスラム教とユダヤ教と言った時代と宗教を背景にした文化資産を誇る国々が並んでいる。

(日本4位、米国13位、中国1位)

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 09:02コメント(0)トラックバック(0)MENA 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ