2018年01月

2018年01月23日

 

2018.1.23

前田 高行

E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

2.1月現在の各国の格付け状況 (続き)

(表:http://menadabase.maeda1.jp/1-G-3-01.pdf 参照)

 

(B+に格下げされたバハレーン、トップのクウェイト、アブダビとは11ランクの格差!)

(3) GCC6か国を含むMENA諸国の格付け

GCC6カ国のうちクウェイトおよびアブダビ(UAEは首長国単位の格付けでありドバイは格付けされていない)AAである。カタールは昨年6月迄はクウェイト、アブダビと同じ格付けAAであったが65日にサウジアラビア、UAEなどが同国と断交し、陸路・海路が封鎖されたため経済の見通しが不安視され、格付けは1ランク下がりAA-になっている。これは台湾と同じで、中国、日本よりは1ランク上である。

 

GCC最大の経済規模を誇るサウジアラビアは一昨年前半まではこれら3か国と同じランク(AA)であったが、現在はA-であり、UAE、クウェイトとは4ランク、カタールとは3ランクの差がある。原油価格の低迷で同国の財政は厳しい試練に直面しており、外貨準備高が急速に減少しただけでなく、7年ぶりに国債発行を余儀なくされている。財務改善のめどが立たないことに対し格付け機関は厳しい評価を下している。

 

同じGCC加盟国の中で財務状況が悪化しているオマーンは一昨年下半期に投資適格で最も低いBBB-にランクが落ち、さらに昨年上半期には投機的(あるいは投資不適格)BB+になり、1年の間に大きく格付けを下げている。またGCC6か国の中で非産油国のバハレーンは経済が脆弱であり、また政治的にも不安定要因を抱えているためもともと他の5か国より格付けが低く、昨年下半期にBB-からB+に格下げされている。GCCで最上位のクウェイト、アブダビとバハレーンの格差は11ランクの開きがある。因みにS&Pの定義では格付けBは「現時点では債務を履行する能力を有しているが、「BB」に格付けされた発行体よりも脆弱である。事業環境、財務状況、または経済状況が悪化した場合には債務を履行する能力や意思が損なわれ易い。」とされている。

 

 その他のMENA諸国ではイスラエルがA+であるがこれは日本、中国と同格である。モロッコはBBB-でかろうじて投資適格の格付けを維持している。これに対してトルコは投資不適格のBBであり、ヨルダン、バハレーンはB+である。。エジプト、レバノン及びイラクはこれらの国々よりさらに低いB-の格付けであり、EUのギリシャと同じ格付けである。

 

(東南アジア諸国は投資適格と不適格の境目に混在!)

(4) BRICsおよびアジアの発展途上国の格付け

アジア・オセアニア地域ではオーストラリア及びシンガポールが独、スイスなど西欧諸国に並ぶ最上級AAAの格付けであり、東南アジア諸国ではタイがBBB+、フィリピンはBBB、インド及びインドネシアがBBB-である。BBBS&Pの格付け定義では「債務を履行する能力は適切であるが、事業環境や経済状況の悪化によって債務履行能力が低下する可能性がより高い」とされ、投資適格の中で最も低いランクである。なおインドネシアは昨年上半期に投資適格のBBB-にアップしている。

 

インドネシアとは逆に南アフリカは昨年上半期に投資不適格のBB+に格下げされ、ロシアと同じ格付けになっている。BRICsの一角であるブラジルは南アフリカ、ロシアより1ランク低いBBであり、これはトルコと同じ格付けである。東南アジアの新興工業国ベトナムはBB-である。

 

(続く)



drecom_ocin_japan at 09:45コメント(0)MENA 

 

2018.1.22

荒葉一也

Areha_Kazuya@jcom.home.ne.jp

 

豊富な資金であらゆる分野に進出するPIF

 この豊富な資金をもとにPIFは積極的な外国投資を展開、2015年には韓国の製鉄・エンジニアリング企業Posco15億ドルを出資、株式の38%を取得している[1]。さらに2016年には配車アプリ事業で急成長している米国のUber35億ドルを出資[2]、あるいはソフトバンクとの間でハイテク企業を対象とした投資会社ソフトバンク・ビジョン・ファンドを立ち上げ、ファンド・オブ・ファンド(個別ファンドに投資する基幹ファンド)を目指している[3]

 

 最近のPIFは国内プロジェクトに力を入れている。そもそもPIFは国内の官民プロジェクトへの投資を主要目的としているが[4]、皇太子が脱石油経済を目指すビジョン2030を打ち上げて以来その動きが加速された。

 

 最初に手掛けたのは皇太子好みのハイテク関連事業あるいは娯楽産業への投資である。ハイテク関連事業としてはドバイの電子商取引e-commerce企業Alabbar社と10億ドルの合弁事業を立ち上げ[5]Alabbarの子会社Adeptioの株式50%を取得している[6]。また上述したように米国のUberへの投資は国内のタクシー事業の展開が目的である。ソフトバンク・ビジョン・ファンドへの出資はサウジ国内事業に直接は結び付かないが、世界の有力ハイテク企業に投資することによりサウジ国内への波及効果を狙ったものである。

 

娯楽産業も皇太子好みの事業の一つであり、今年30数年ぶりに映画館の復活を認めたことはその象徴的な例である。映画の他にテーマパーク、テレビゲームなどの事業を奨励しており、さらに紅海沿岸での大規模リゾート開発が進行している。これら事業には欧米専門企業のノウハウが不可欠であり、手っ取り早い方法としてPIFはこれら企業と提携、例えば米国のシネマ・コンプレックス・チェーンAMCJV契約を締結、サウジ国内でシネマ・コンプレックスを展開し[7]、またリヤド郊外に建設するテーマパークの運営を米国Six Flag社に委託すると同時に同社への資本参加を検討している[8]。なお皇太子は日本の娯楽アニメ産業にも強い関心を示しており、TBSのかつての人気番組「風雲!たけし城」のアラビア版がリヤドのテーマパークに今年10月実現する予定である[9]。また皇太子の名を冠したNPO法人MiSK Foundationはスクエア・エニックス及び東映アニメとMoUを締結したが[10]、いずれPIFが日本企業に資本参加する可能性も否定できない。

 

 PIFの重要な使命の一つは雇用の創出である。サウジアラビアの昨年第2四半期の失業率は12.8%であり、特に女性の3人に一人は仕事が無く、求職者の数は男性22万人、女性86万人の合計108万人とされる[11]。そしてその多くは若者層である。政府は若年失業者が社会不安を引き起こさないように細心の注意を払っており、外国人労働力をサウジ人に置き換えるサウダイゼーションと共に、新たな産業を興し雇用を創出することがPIFに求められているのである。

 

 上記に触れたハイテク事業や娯楽産業への投資はその一環であるが、若年失業者を吸収する効果が高いのは製造業やヘルスケア産業、観光・ホテル産業などである。またハイテクあるいは自然エネルギー利用を売り物にした大型地域開発などはアントレプレナー(起業家)を目指す若者に夢を与える格好の事業である。

NEOM
 

 製造業としてはPIFが立ち上げ兵器国産化を目指す「サウジ兵器産業(SAMI)」があり、これにより政府は4万人の雇用創出を見込んでいる[12]。また大型地域開発については紅海沿岸のサンゴ礁の島々を一大リゾート地にするRed Sea Projectなどが計画されている。特に皇太子自身が昨年秋に世界の投資家を集めて華々しく打ち上げたプロジェクトがNEOMである。NEOMはエジプト及びヨルダンも巻き込んだ総額5千億ドルという超巨大開発であり、自然エネルギーとロボットが主役となる夢のプロジェクトである。

 

PIFは昨秋総合ビジネスプログラムを公表、2020年の投資残高は1.5兆リアル(4千億ドル)とうたい、GDP貢献度6.3%、直接雇用2万人を宣言している[13]。このように皇太子主導によるPIFの投資計画はとどまるところを知らず、恐竜のごとく肥大化しつつある。計画実現のために必要な資金も現在の1,830億ドルでは到底足りない。PIFの今後の資金調達計画の柱となるのが国営石油会社アラムコの株式公開(IPO)なのである。

 

 

(続く)



[2]PIF invests $3.5b in rideshare Uber” on 2016/6/3 on Saudi Gazette

http://saudigazette.com.sa/business/pif-invests-3-5b-rideshare-uber/

[3] “Kingdom investing billions in global technology fund” on 2016/10/15, Arab News

http://www.arabnews.com/node/998076/business-economy

[4] PIFホームページのVision, Mission and Objectives参照。www.pif.gov.sa/AboutPIF.html 

[5] “PIF, Dubai businessman Alabbar launch $1bn e-commerce platform” on 2016/11/13, Arab News

http://www.arabnews.com/node/1010216/business-economy

[6] “Saudi Arabian wealth fund takes 50% stake in Alabbar’s Adeptio” on 2016/11/30, Gulf News

http://gulfnews.com/business/sectors/investment/saudi-arabian-wealth-fund-takes-50-stake-in-alabbar-s-adeptio-1.1937270

[7] “US chain AMC signs deal to build and operate movie theaters in Saudi Arabia” on 2017/12/12, Arab News, www.arabnews.com/node/1207836/saudi-arabia

[8] “Saudi wealth fund PIF said to consider stake in Six Flags” on 2017/2/9, Gulf News

http://gulfnews.com/business/sectors/investment/saudi-wealth-fund-pif-said-to-consider-stake-in-six-flags-1.1976010

[9]Saudi version of Takeshi’s Castle coming to Riyadh in 10 months” on 2017/12/5, Arab News

http://www.arabnews.com/node/1203961/offbeat

[10] “Saudi creative industries set to soar” on 2017/11/17, Saudi Gazette

http://saudigazette.com.sa/article/522074/BUSINESS/Saudi-creative-industries-set-to-soar

[11]Saudi unemployment 12.8% in 2Q 2017” on 2017/10/2, Arab News

http://www.arabnews.com/node/1170866/saudi-arabia

[12]Saudi Arabia launches national defense company” on 2017/5/18, Arab News

http://www.arabnews.com/node/1101071/saudi-arabia

[13]Saudi wealth fund aims to nearly double size by 2020” on 2017/10/26, Arab News

http://www.arabnews.com/node/1183301/business-economy



drecom_ocin_japan at 09:27コメント(0)Saudi Arabia 

2018年01月20日

Home Page: OCIN INITIATIVE (http://ocininitiative.maeda1.jp/EnglishTop.html)

 

(Japanese Version)

(Arabic Version)

 

(Table of contents)

 

 

Chapter 1 Wave of nationalism and socialism (1945-1956)

 

By Areha Kazuya

E-mail: areha_kazuya@jcom.home.ne.jp

 

1-6(12)  Israeli independence(4): Independence of Israel after terrorism against UK

 

Terrorism means the use of intentionally indiscriminate violence as a means to create terror, or fear, to achieve a political, religious or ideological aim. Terror accompanied with civilian victim is never permitted.  Terror usually occurs in the battle of the nation's independence. The ruler or authority of the time sees terror as a criminal act disturbing social order. The anti-governmental power, on the contrary, argues that terrorism is one of the legitimate measures for achieving the object. There is no compromise between the two assertions.

 

Many terrorist acts are usually crushed by authorities who hold security power, but when the rebellion takes power and the independence is recognized as a new state, the position will be reversed. The terror acts of the rebels presume as patriotic acts. The performers of terrorism will be admired as hero/heroine, and international community will accept new regime. After the World War II the nation state was the basic unit. Political scientists pretend that only the state is allowed to have legitimate violence unit.

 

The situation before and after Israel independence was also such example. After World War II Palestinian territory where indigenous Arabs lived became the mandate ruling territory of the UK. The Jews were initially driven by the "Zionism Movement" and then gained the courage by Balfour Declaration. The Jews migrated one after another in Palestine and aimed to acquire their own land. The absentee landlords of the Ottoman Empire felt uneasy about the post-war turmoil. The Jews dazzled the landlords by money, and got the ownership of the land. Jews who became owners of the land swept away Arab peasants and constructed collective farm Kibbutz.

 

A conflict between Arabs and Jews had occurred. The British government entrusted with mandate administration tried to calm the struggle between Jewish and Arab by restricting the acquisition of land by Jewish immigrants. Then the Jewish resistance movement changed the target to the British government. Terrorist activities frequently occurred in the conflict of the Jews, the Arabs and the British government in a tripartite manner.

 

The biggest terror activity by the Jews against the UK was the King David Hotel bombing incident in July 1946. 91 people including hotel guests died by this incident. The perpetrator was a extremist Zionist organization and Haganah of which roots was the vigilante of collective farm Kibbutz. Haganah later became the Israeli Defense Forces. After World War II, independence terrorism activities by Haganah and the military organization Irgun, hardliners against Arabs, became intense. The British Government, which lost the control, finally decided to give up mandatory rule on May 14, 1948.

 

With the chance of independence, Haganah and Irgun strengthen terror activities against both the UK and Arab. Major members of Haganah include Mr. Yitzhak Ravin, who later became Prime Minister and won the Nobel Peace Prize, and Moshe Dayan with black-eye patch, who had a number of heroic story. In Irgun there were Menahham Beguin who also became prime minister.

 

The Jews proclaimed independence just on the day of UK mandate reign. Independent leader Ben Glion read loudly the Israeli Declaration of Independence beginning with the exportation saying, "the Land of Israel was the birthplace of the Jewish people." The neighbouring Arab countries did not recognize the independence of Israel and took military intervention. This was the First Arab-Israeli War.

 

12エイラート(アカバ湾)
In March 1949, Elat, a port town located in the innermost part of Gulf of Aqaba connecting to the Red Sea also became a battlefield and was occupied by the Israeli army. The Israeli soldiers made bedsheet of a nearby hotel into a national flag painted by blue ink and hoisted it at the port. This was what was called the "Ink Flag”. The photograph of Ink Flag became to the legend as a symbol of the First Arab-Israeli War. That legend is exactly the same as the picture of “Raising the Flag on Iwojima”, a fierce battlefield of the World War II in Pacific Ocean. Israel secured an exit on the Red Sea in addition to the Mediterranean.

 

In the same year a boy was born in the Zahra family of Palestinian farmer in the outskirts of Elat town. The Zahra family escaped in this war and was able to continue a quiet life. But there was no guarantee that the peaceful life would last forever.

 


(To be continued ----)

 



drecom_ocin_japan at 13:09コメント(0)中東の戦後70年 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ