2018年07月

2018年07月12日

 

2018.7.12

前田 高行

 

3.2015年7月以降の格付け推移

  ここでは2015年7月以降現在までの欧米・アジア主要国及びGCC6か国のソブリン格付けの推移を検証する。

 

(2016年上期までは格下げ続出、今年上期は改善の兆し)

(1)   欧米・アジア主要国の格付け推移

(http://menadabase.maeda1.jp/2-G-3-01.pdf参照)

2015年7月以降のドイツ、米国、英国、中国、日本、インド、ロシア、ブラジル、ギリシャ9か国の格付けの推移は以下の通りである。

 

ドイツは過去3年間常に最高のトリプルAの格付けを維持している。英国は2015年末まではドイツと並びトリプルAの格付けを受けていたが、2016年前半に一挙に2段階下がり、現在はAAである。同国は国民投票によるEU離脱決定が懸念され、ソブリン格付けの引き下げにつながった。米国は財政赤字が悪化したことなどにより数年前から格付けはトリプルAより1ランク下のAA+を続けている。現在の英国のソブリン格付けAAは米国よりも低い。

 

ドイツ、米国、英国を最上級の格付け国とすれば、中国及び日本はこれをやや下回る格付けである。両国は2015年上期までは共に最上級(AAA)から3ランク下のAA-の格付けであった。しかし2015年下期に日本はさらに1ランク下のA+に格下げされ、従来通りのAA-を維持した中国が日本を上回っていたが、昨年下期に中国が下方修正されたため現在は共にA+である。

 

新興経済国BRICsを構成しているブラジル、ロシア、インド及び中国のうち、2015年7月現在は、中国がAA-と最も高く、インドとブラジルが投資適格では最も低いBBB-であり、ロシアは投資不適格のBB+であった。その後、ブラジルの経済が急激に悪化、同国の格付けは2015年下期、2016年上期と連続して格下げされ3カ国の中で最も低いBBに格付けされた。しかし同国は今年上半期にインドと同じ投資適格のBBB-に復帰している。インドとロシアは過去3年間に格付け変動は無かった。

 

欧州金融危機の引き金となったギリシャの格付けの推移を見ると、2015年7月時点でCCC-であった。S&Pの定義では格付けCCCは「債務者は現時点で脆弱であり、その債務の履行は、良好な事業環境、財務状況、および経済状況に依存している。」であり、ギリシャは破綻の一歩手前にあるとみなされていた。その後同国の状況は改善、2016年上期にB-に戻り、更に今年上期にはB+に格付けされ、破たんの危機は去ったと評価されている。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 





drecom_ocin_japan at 09:04コメント(0)MENA 

2018年07月11日

drecom_ocin_japan at 11:48コメント(0)今日のニュース 

2018年07月10日

 

2018.7.10

前田 高行

 

2.7月現在の各国の格付け状況 (続き)

(表:http://menadabase.maeda1.jp/1-G-3-01.pdf 参照)

 

(明暗分かれたエジプトとトルコ!)

(3) MENA諸国の格付け

GCC6カ国のうちクウェイトおよびアブダビ(UAEは首長国単位の格付けでありドバイは格付けされていない)AAである。カタールは昨年6月にサウジアラビア、UAEなどが同国と断交し、陸路・海路が封鎖された結果、昨年下半期に格付けは1ランク下がりAA-になっている。これは台湾と同じであるが中国、日本よりは1ランク上である。

 

GCC最大の経済規模を誇るサウジアラビアは一昨年前半まではこれら3か国と同じランク(AA)であったが、現在はA-であり、UAE、クウェイトとは4ランク、カタールとは3ランクの差がある。原油価格の低迷で同国の財政は厳しい試練に直面しており、外貨準備高が急速に減少しただけでなく、7年ぶりに国債発行を余儀なくされている。財務改善のめどが立たないことに対し格付け機関は厳しい評価を下している。

 

同じGCC加盟国の中で財務状況が悪化しているオマーンは一昨年投資適格で最も低いBBB-にランクが落ちた後、昨年、今年の上期に連続して格下げされ、現在は投資不適格のBBにとどまっている。またGCC6か国の中で非産油国のバハレーンは経済が脆弱であり、また政治的にも不安定要因を抱えているためもともと他の5か国より格付けが低く、昨年下半期にBB-からB+に格下げされている。現在も経済危機のため周辺国から金融支援を仰いでいる状況であり、更なる格下げの脅威に晒されている。GCC6カ国はクウェイト、UAE(アブダビ)、カタールの3か国が比較的安定しているのに対し、オマーン及びバハレーンが投資不適格のBBまたはBに格付けされ格差は大きい。そしてサウジアラビアは両者の中間に位置し、格上げよりも格下げ圧力が強い不安定な状況にあると言えよう。

 

 その他のMENA諸国ではイスラエルがA+であるがこれは日本、中国と同格である。モロッコはBBB-でかろうじて投資適格の格付けを維持している。これに対してトルコは投資不適格であり、上半期にはBBからBB-に格下げされている。これに対してエジプトの格付けはトルコよりも低いが、経済が安定していることが評価され、上半期にB-からBに格上げされている。ヨルダンはエジプトより1ランク上のB+であり、これはギリシャと同格である。またレバノン及びイラクはエジプトより1ランク下のB-である。

 

(東南アジア諸国の多くは投資適格すれすれのBBB格付け!)

(4) BRICsおよびアジアの発展途上国の格付け

アジア・オセアニア地域ではオーストラリア及びシンガポールが独、スイスなど西欧諸国に並ぶ最上級AAAの格付けであり、東南アジア諸国ではタイがBBB+、フィリピンはBBB、インド及びインドネシアがBBB-である。BBBS&Pの格付け定義では「債務を履行する能力は適切であるが、事業環境や経済状況の悪化によって債務履行能力が低下する可能性がより高い」とされ、投資適格の中で最も低いランクである。

 

BRICsの一角を占めるブラジル及び南アフリカは今年上半期にいずれも格下げされており、ブラジルはBBからBB-へ、南アフリカはBB+からBBへ、いずれも投資不適格のBB格付けの中でさらに1ランク下がっており、同じBRICsのロシアあるいはインドより2乃至3ランクの格差がある。なおベネズエラは今年上半期にこれまでのCCC-からランク外のSD(選択的不履行)に転落している。

 

(続く)





drecom_ocin_japan at 19:57コメント(0)MENA 
下記データベースを更新しましたのでご利用ください。


・世界主要国及びMENA諸国のソブリン格付け比較(2018年7月1日現在)

http://menadabase.maeda1.jp/1-G-3-01.pdf



drecom_ocin_japan at 10:21コメント(0)データベース追加・更新 

2018年07月09日

drecom_ocin_japan at 21:42コメント(0)今日のニュース 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ