2005年01月17日

プラントメーカーの受注合戦激化

1/17 Gulf Times (by Bloomberg)
仏大手エンジニアリング会社Technipの幹部は、今後3年間でサウジ、イラン、カタルで700億ドルの契約が見込まれると発言。同社はカタルで世界最大のLNGプラント建設工事の40%を受注に成功、株式は昨年58%も上昇した。UAEでは14.6億ドルの案件をBechtelにさらわれたが、現在サウジアラムコのアブハドリヤ油田開発(15億ドル)、イエメンの360万t/yLNGプラント、アブダビのNGLプロジェクト(7億ドル)の受注競争中。但し、ドルの対ユーロ値下がりで受注条件は厳しい、とものべた。
湾岸では仏Technip、米Bechtel及び日揮3社が激しい受注競争を繰り広げている。Morgan Stanleyは、ドルの低下と材料費の値上がりのため55件、総額320億ドルの発注が2004年からずれ込んでいると分析。

at 22:12Plant Business  
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ