2012年11月29日

MENA(中東・北アフリカ)22カ国の国防支出と兵力ランキング」(6)

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0250MenaRank18.pdf

(MENAなんでもランキング・シリーズ その18)

6.主要国の国防費の推移:毎年伸びているサウジアラビアと中国、中国は過去5年間で倍増
(図http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/18-G05.pdf参照)
 サウジアラビア、イスラエル、UAE、トルコ及びイランのMENA5カ国に日本、中国を加えた7か国の2006年から2010年の5年間の国防費の推移を見ると、2006年は日本が最も多く(411億ドル)、これに中国(352億ドル)、サウジアラビア(295億ドル)が続いている。他の4カ国はイスラエル(116億ドル)、トルコ(116億ドル)、UAE(95億ドル)、イラン(89億ドル)で各国とも100億ドル前後で並んでいる。


 上位3カ国の国防費を見ると中国の伸びが著しく、2007年には日本を追い抜きその後も毎年大幅に増加、2010年には2006年の2.2倍の764億ドルに達している。サウジアラビアも毎年増加しており2010年は2006年比1.5倍の452億ドルであった。日本は2006年から2007年は横這いであったが、その後は毎年増え続け2010年は544億ドルである。


 イスラエル、トルコ、イラン及びUAE4カ国の国防費は2006年から2009年までは増加或いは減少を繰り返しほぼ横ばい状況を続けたが2010年は各国とも急増している。2010年の4カ国の国防費はトルコ174億ドル、UAE161億ドル、イスラエル140億ドル、イラン106億ドルであった。これらは前年の2009年に比較すると、トルコ1.6倍、UAE2.0倍、イスラエル1.03倍、イラン1.2倍であり、イスラエルを除く3カ国の増加率が高い。これはイランの核開発疑惑を巡りペルシャ(アラビア)湾情勢が緊迫化したことが大きな要因であろう。


(完)

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
 前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
   Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
   E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 11:41コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ