2014年10月31日

MENA(中東・北アフリカ)22カ国のGDPの比較(2014年10月版)(5)

(注)本レポートは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0328MenaRank3.pdf


(MENAなんでもランキング・シリーズ その3)


(高度成長を続けるカタールと中国、成長軌道に乗る米国!)
4.GCC主要4か国と米国、日本、中国のGDP成長率の推移(2011~2015年)
(図http://members3.jcom.home.ne.jp/areha_kazuya/3-G01.pdf参照)
 GCC4カ国(サウジアラビア、UAE、クウェイト及びカタール)と米国、日本、中国の6カ国の2011年(実績)から2015年(見込み)の5年間の成長率を比較すると、2011年はカタール(13.02%)、クウェイト(10.21%)、中国(9.3%)、サウジアラビア(8.57%)の4カ国がきわめて高い。UAEは4.89%で4カ国よりかなり低いが、米国と日本はこれよりさらに低く米国は1.6%であり、日本の場合はマイナス成長(-0.45%)にとどまっている。


 その後2012年から2013年にかけてGCC諸国の成長率は鈍化し、特にクウェイトは8.31%(‘12年)→―0.44%(’13年)と急激に落ち込み、カタールも2012年の成長率が6.12%と前年の半分以下に急落、サウジアラビアも5.81%(‘12年)→3.95%(’13年)に下落している。しかしそれ以降クウェイトを除くGCC3カ国は4%から7%台の安定した成長率を示している。


 この間、中国は7%台の高度成長を続けており、各国の今年の成長率は中国7.54%、カタール6.53%、サウジアラビア4.60%、UAE4.28%、米国2.15%、クウェイト1.39%、日本0.89%と予想されている。また来年2015年の見込み成長率はカタール7.70%、中国7.54%と両国が高度成長を続け、UAE(4.50%)、サウジアラビア(4.46%)及び米国(3.09%)は安定した成長が見込まれている。クウェイトと日本はそれぞれ1.79%、0.83%の低い成長率である。注目されるのは日本がわずかなプラス成長にとどまるのに対して米国の成長率が今年を上回り過去5年間では最も高い成長率が予測されていることである。


(完)


本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
 前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
   Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
   E-mail; maedat@r6.dion.ne.jp



drecom_ocin_japan at 09:00コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ