2016年03月27日

世界のイスラム経済の規模―Global Islamic Economy 2015-2016 Report解説(1)

(注)本レポートは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://members3.jcom.home.ne.jp/3632asdm/0373GlobalIslamicEconomy2016.pdf

1.Global Islamic Economy 2015-2016 Reportについて
 イスラム経済の規模が急速に拡大している。イスラム経済はイスラム金融の他にムスリム(イスラム教徒)向けのハラール(アラビア語で「許されたもの」の意)食品、旅行・観光、ファッション、医薬・化粧品等々多岐にわたっている。世界のムスリムがハラール食品、旅行・観光、ファッション、医療・化粧品等に消費する支出の総額は2014年の1.8兆ドルから2020年には1.4倍の2.6兆ドルに達すると見込まれており、またイスラム金融の規模も1.3兆ドルから2.6兆ドルに倍増すると見込まれている。


 これらイスラム経済に関する包括的な報告書「State of the Global Islamic Economy, 2015-2016 Report」がインターネット上に公表された(*)。報告書は一昨年に初めて発行され、今回が3回目である。スポンサーはドバイ首長国で、Thomson Reuters通信社及びDinarStandard社が編集を担当している。
URL:
http://www.slideshare.net/Khidr/thomson-reuters-state-of-global-islamic-economy-201516-report-53540682


 報告書は全文212ページから成っており、イスラム経済の6つの主要分野―(1)Halal Food(ハラール食品)、(2)Islamic Finance(イスラム金融)、(3)Travel(旅行・観光業)、(4)Fashion(ファッション)、(5)Media & Recreation(メディア及び娯楽)、(6)Pharma & Cosmetics(医薬及び美容化粧品)―について分野ごとの市場規模、ビジネス動向等について解説、また専門家のコメントもある。調査の対象国はイスラム圏だけでなく、イスラム経済に対する非イスラム国の取り組みなどについても触れている。因みに日本については下記の2カ所で言及されている。


(1) 観光・旅行部門(報告書67ページ)
「Japan is actively seeking to become more Muslim-friendly to attract Muslim travellers」としてマレーシア、インドネシアなどからの観光客誘致促進のためCrescentRating社とワークショップを開催し市場開拓を行っていることが紹介されている。

(2) ファッション部門(報告書90ページ)
「Global brands are starting to tip their toes in the Muslim fashion space」の文中でユニクロとファッション・ブロガーHana Tajimaのコラボによるカジュアルファッションがユニクロの東南アジア店で展開されていることを紹介している。


 本稿では報告書に基づいて世界のイスラム経済の規模の現状と将来の見通し、指数(GIEI)による各国の開発度ランク並びに6分野それぞれの市場規模について解説を試みる。


(続く)


本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。
 前田 高行 〒183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601
   Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642
   E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 10:13コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ