2017年02月23日

油価低迷で貿易不均衡大幅に解消―MENA(中東・北アフリカ)の対日貿易(2016年版)(5)

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0398MenaRank10.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その10)

 

3.2012年~2016年の日本とMENA諸国の貿易

(2年連続で大幅に減少したMENAの貿易額!)

(1)日本とMENA諸国の貿易額及び対中国、対米貿易との比較

(http://menarank.maeda1.jp/10-T04.pdf 参照)

(http://menarank.maeda1.jp/10-G03.pdf 参照)

 2012年から2016年までの5年間の日本とMENA19カ国1機関(パレスチナ自治政府)との貿易総額(輸出と輸入の合計額)は、2012年16兆円、2013年19兆円、2014年20兆円と毎年増加し続けた後、2015年は一転して13兆円に減少、さらに2016年には10兆円を割り9.7兆円に落ち込んだ。わずか2年間で半減したのである。また日本の貿易総額に占める割合は2012年から2014年までは12%前後であったが、2015年は8.8%、2016年は7.2%と一けた台に落ち込んでいる。米国及び中国と比較すると、MENAの貿易額は2014年まではほぼ米国に肩を並べていたが、2015年はMENAが減少した反面米国は伸び、中国も微増であった。2016年は日本と米国、中国との貿易額は落ち込んだが、日本とMENAとの貿易はそれ以上に急減し、MENAと両国の貿易格差は拡大、2016年はMENAは米国の2分の1、中国の3分の1にとどまっている。

 

(日本の対MENA貿易は5年連続で赤字!)

(2)日本/MENA間の輸出と輸入

(http://menarank.maeda1.jp/10-G04.pdf 参照)

 MENAの貿易額を輸入と輸出に分けて見ると、日本のMENAからの輸入額は2012年の14兆円から2014年には16兆円まで膨れたが、2015年には一転して9.8兆円、2016年のそれは6.7兆円にとどまっている。一方日本からの輸出額は2.7兆円(2012年)→2.9兆円(2013年)→3.5兆円(2014年)→3.7兆円(2015年)と4年間を通じて増加し、2016年に至り5年間で初めて減少に転じている。

 

 2011年の福島原発事故以後LNGの輸入が急増し、油価の高騰と相まってサウジアラビア、カタールなどからの輸入額が急増した。しかし2014年年央以降は油価が急落、さらに円安の影響もあって円建て輸入額は急減した。これに対してMENA産油国は2015年までオイル・ガスブームが続いており自動車・プラントなど日本からの輸出が増加した。しかし油価の下落は産油国自身の経済も委縮させ、また円高の影響もあり、日本からの輸出は停滞気味である。

 

 これらの要因により日本のMENA諸国に対する貿易収支は2014年まで年間10兆円以上の赤字であったが、2015年は赤字幅が6兆円に縮小、更に2016年の貿易赤字は3.6兆円に減少している。但し5年間を通じて日本の対MENA貿易が大幅な赤字であることに変わりはない。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 09:46コメント(0)トラックバック(0)MENA  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ