2017年08月17日

世界の総人口74億人、MENAは5億人:中東・北アフリカ諸国の人口・出生率・平均余命(2)

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/MenaRank2.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その2)

 

2017.8.17

前田 高行

 

MENAでは3人乃至4人に1人が若年層、日本ではわずか7人に1人!)

2.若年層の比率

(http://menarank.maeda1.jp/2-T01.pdf参照)

 MENA諸国は一般に若者が多い。年齢10-24歳の若年層が全人口に占める割合はMENA平均で25%であり、4人に一人が若年層である。国別にみるとイラク、ヨルダン、シリア、イエメン及びパレスチナ自治政府では3割以上を占めている。これに対して米国および中国の若年層の比率は18-20%であり、MENA諸国に比べて低い。さらに日本の場合はその比率は14%にとどまっており、若年層は全人口の7人に1人と非常に少ない。

 

 なお同じGCC産油国の中でも若年層の比率はサウジアラビアの24%に対して、UAE17%である。一見するとサウジアラビアの方がUAEよりも若年層の比率が高いが、これはUAE(特にドバイ)の人口の8割以上を占める外国人労働者の年齢が25歳以上の成人層であるため、見かけ上の若年層の比率が低くなっていると考えられる。カタールの若年層比率が20%と相対的に低いのも同様の理由である。

 

 MENAに若年層が多いことは豊富な労働力の予備軍があるというプラスの側面がある一方、若者の失業問題を抱えることになり、また無職の若者あるいは社会の不平等を実感する若者たちがイスラム原理主義などの過激な思想に影響されやすいというマイナスの側面もある。数年前の「アラブの春」でそれが現実のものとなったことは記憶に新しい。

 

 若者達の健全な育成をめざし彼らに適正な仕事を与えることがMENA地域の安定につながる重要な鍵であると言えよう。

 

(難民の国外脱出の結果、MENAで唯一人口が減少したシリア!)

3.MENA各国の人口増加率

(http://menarank.maeda1.jp/2-T01.pdf参照)

(http://menarank.maeda1.jp/2-G02.pdf 参照)

 MENA諸国の中で人口増加率が最も高いのはオマーンの7.6%であり飛び抜けて高い。これに次ぐのがレバノン5.4%、クウェイト4.5%、カタール4.3%である。以下イラク(3.3%)、ヨルダン(2.9%)と続いている。その他人口増加率が2%を超えているのはサウジアラビアとエジプトである。

 

 全世界平均の人口増加率は1.2%であるが、MENAの平均増加率は2.5%であり、世界平均を2倍以上上回っている。このような中でシリアはMENAの中で唯一マイナス1.8%であり人口が減少している。これは同国で政府と反政府、更にはイスラム国(IS)が三つ巴で内戦を繰り広げている結果、多数の難民が発生、国外に逃れたためとみられる。因みに2015年の統計では同国の人口増加率はマイナス2.3%であった。今回は減少率が少し改善しているが他のMENA諸国には見られない2年連続の人口減少という異常な状況にある。なお日本の増加率はー0.1%で世界平均を上回る人口の増加が続いているMENAとは対照的である。

 

 (続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 17:21コメント(0)MENA  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ