2017年11月12日

地域紛争と油価下落で低迷―MENA(中東・北アフリカ)の「人間開発指数」(2016年版)(4)

MENAなんでもランキング・シリーズ その11)

 

掲載日2017.11.11

前田 高行

 

(軒並み順位を下げたMENA諸国!)

4.2015年の国別男女不平等指数(GII

(表http://menarank.maeda1.jp/11-T02.pdf 参照)

  男女不平等指数(GII)は、リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)、エンパワーメント、そして経済活動への参加の3つの側面で、ジェンダーに基づく不平等がどの程度存在するかを表す指数である(第1項参照)GIIMENAで最も低い(つまり男女平等が最も進んでいる)国はイスラエルでGII指数は0.103、世界19位である。イスラエルに次いでMENAGIIが2番目に低い国はリビアで同国のGII指数は0.167、世界順位38位である。リビアに続いてUAE(指数:0.232、世界順位46位)、バハレーン(同0.233、48位)及びサウジアラビア(同0.257、50位)が世界50位以内に入っている。

 

これを人間開発指数(HDI、第2項)と比較すると、イスラエル、サウジアラビア、UAE、バハレーン、オマーンなどはHDIGIIの世界順位におおきな隔たりは無いが、リビアはGII順位(38位)HDI順位(102位)よりも極めて高く、チュニジアも同様の傾向にある。ともに人間開発指数が低いにも関わらず男女平等の程度が世界的にも高い水準にあることを示している。一方カタールはGII順位が127位と世界の下位グループにとどまっているが、HDIの順位は世界33位であり、人間開発度は高いが男女の不平等格差が極めて大きいとされている。GIIは女性の政治・経済活動への参加の程度を算定基準としているがカタールはこの面で大きく遅れていると考えられる。

 

 上記の他GIIの世界順位が100位までの国はチュニジア(GII指数0.289、世界58位、以下同じ)、トルコ(0.328、69位)、クウェイト(0.335、70位)、レバノン(0.381、83位)及びアルジェリア(0.429、94位)の5か国である。GII世界順位が100位以下の国はヨルダン(0.478、111位)の他モロッコ(0.494、113位)、イラン(0.509、118位)の各国が110位台にひしめき、イラク(0.525、123位)、カタール(0.542、127位)、シリア(0.554、133位)、エジプト(0.565、135位)と続いている。MENA最下位はイエメンで同国は世界最下位の159位でもあり、そのGII指数は0.767と直近のエジプトとの格差が極めて大きい。(なおパレスチナ自治区はGIIの評価対象外)。

 

 男女不平等指数(GII)世界100位以下の国について人間開発指数(HDI)と比べると、モロッコ、イラク、エジプト、イエメンはHDIも100位以下である。これに対してカタールは上記の通りHDIの世界順位が33位であり人間開発と男女の不平等の格差が際立っている。同国の場合は国政への参加率(女性国会議員の比率)の低さが反映したものと考えられる。カタールはアルジャジーラ放送や欧米大学の誘致、モーザ前首長妃の活躍など一見進歩的で女性重視の印象があるにもかかわらず実態的には男女格差はかなり大きいと評価されている。

 

 なおアラブ諸国の平均GIIは0.535であり、全世界平均の0.443に比べかなり見劣りがする。因みに日本のGIIは0.116で世界では21位である。これに対し米国の世界順位は43位、中国は37位で米国のGII順位は中国よりも低い。米国の人間開発指数(HDI)が世界10位であるのに比べGIIの低さが際立っている。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 10:00コメント(0)MENA  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ