2017年11月16日

地域紛争と油価下落で低迷―MENA(中東・北アフリカ)の「人間開発指数」(2016年版)(6)

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0425MenaRank11.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その11)

 

掲載日2017.11.16

前田 高行

 

(1990年から2010年までに大きく改善した人間開発指数!)

6.1990年~2015年のHDIの推移

(図http://menarank.maeda1.jp/11-G01.pdf 参照)

 ここではMENA諸国の中からサウジアラビア、UAE、トルコ及びエジプトの4カ国を取り上げ、これに日本、全世界平均、アラブ諸国平均を加えて1990年から2015年までのHDIの推移を比較する。

 

 1990年時点では日本は既にHDI指数が0.814の高々度人間開発(VHHD)国であり、UAE(0.726)は高度人間開発(HHD)国であった。またサウジアラビアは指数が0.698でHHDまであと一息の地位にあった。また全世界平均(0.597)、トルコ(0.576)、アラブ諸国平均(0.556)は指数0.550以上の中位人間開発(MHD)レベルにあり、エジプト(0.547)は低度人間開発(LHD)国であった。

 

 2010年までに全世界の平均は0.641にアップし、日本も0.814→0.884に改善しているが、アラブ諸国の人間開発度は世界平均を上回るペースで上昇した。即ちエジプトは0.547(1990年)→0.612(2000年)→0.671(2010年)と指数が大きく上昇しており、アラブ諸国の平均もこれとほぼ同じ足跡をたどっている。サウジアラビアとUAEも指数は0.698→0.742→0.803及び0.726→0.798→0.824とそれぞれ大きく改善しHHDからVHHDグループ入りを果たしている。特に顕著なのがトルコであり同国は1990年の0.576が2000年には0.653、さらに2010年には0.737と指数が大幅にアップ、MHDからHHDのグループに上がっている。

 

 2010年から2015年にかけては人間開発指数は年々改善しているものの伸びが鈍化している。全世界平均では2010年の0.696から2015年の0.717まで5年間で0.021ポイント上昇している。日本の場合は0.884(2010年)→0.903(2015年)で0.019ポイントの伸びであった。これに対してその間のアラブ諸国の平均は0.696→0.717と0.023ポイントの上昇で世界平均を上回るアップを示している。このような中でサウジアラビアは2010~14年にかけて他国を上回るスピードで指数を上げており2012年以降はUAEの指数を上回り世界ランクがUAEを追い越す勢いを見せている。

 

 但し先に述べた通り前回2014年からアラブ諸国は指数が上昇しても世界ランクが低下する国が続出している。アラブ諸国は世界の人間開発度の上昇に追いつかない傾向が出ており、今後を注視する必要がありそうである。

 

()

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 13:44コメント(0)MENA  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ