2017年12月04日

堅実なUAE、低迷するサウジアラビア-MENA(中東・北アフリカ)の「ビジネス環境」(2018年版)(2)

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0427MenaRank13.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その13)

 

2.MENA8割の国が前年より順位下落

(表http://menarank.maeda1.jp/13-T01.pdf 参照)

 MENA諸国の中でビジネス環境が最も良いのはUAEで世界順位は21位であり昨年(26位)よりも5ランク上がっている。同国の順位は日本(34位)よりも高くMENAの中でも順位が飛び抜けて高い。UAEに続くのはイスラエル54位、トルコ60位、バハレーン66位、モロッコ69位、オマーン71位、カタール83位、チュニジア88位、サウジアラビア92位である。サウジアラビアは世界190カ国のうちすれすれで上位グループに入っている。

 

MENA10位のクウェイトの世界ランクは96位であり、11位のヨルダン以下MENAの半数は世界100位以下にとどまっている。それらを順に列挙すればヨルダン(同103位)、パレスチナ自治政府(同114位)、イラン(同124位)、エジプト(同128位)、レバノン(同133位)、アルジェリア(同166位)、イラク(同168位)、シリア(同174位)、リビア(同185位)、イエメン(同186位)であり、リビア及びイエメンは世界最下位のソマリア(190位)をわずかに上回るに過ぎない。

 

ちなみにMENAの世界平均順位は昨年同様109位である。またUAE、イスラエル、トルコなどの上位グループとイラク、シリア、リビア、イエメンなど下位グループとの格差は大きい。イラク及びリビアはUAE、カタール、サウジアラビアと同様産油国であるが内戦状態のシリア、イエメンと並びビジネスビジネス環境の評価は極めて悪い。

 

 世界1位は昨年と同じニュージーランドである。韓国が4位、そして米国は6位に入っている。日本は世界34位でありMENAUAEよりかなり低く、韓国との格差は大きい。因みに中国は世界78位で調査対象190カ国中では中位よりやや上に位置し、MENA諸国のカタール(83位)よりやや上位である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 09:09コメント(0)MENA  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ