2018年05月02日

世界主要国とMENAのGDP成長率 ・ 一人当たりGDP(IMF 2018年4月版)(3)

(注)本レポートは「マイライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0439ImfWeoApr2018.pdf
  

2018.5.2

前田 高行

 

(米国のGDPは全世界の4分の1!)

3.2018年の各国の名目GDP

(http://menadabase.maeda1.jp/1-B-2-09.pdf 参照)

(図http://menadabase.maeda1.jp/2-B-2-02.pdf 参照)

IMFによれば今年の世界の名目GDP(at Current Price)総額は88兆ドルである。地域別ではEUが20兆ドル、全体の23%を占めている。またASEAN5か国は2.5兆ドル(全体の2.9%)MENA地域は3.1兆ドル(同3.5%)である。

 

国別では米国が世界トップの20兆ドルで全世界に占める割合は23%、同国一国だけで世界のGDPの4分の1を生み出している。米国に次ぐGDP大国は中国の14兆ドルであり世界全体の16%を占めている。この2か国が世界でも突出している。日本は5.2兆ドルであるが、米国の4分の1あるいは中国の3割にとどまっている。EUの経済大国ドイツのGDPは4.2兆ドルであり、EU全体の5分の1を占めている。その他の主な国を見るとインドは2.8兆ドル、ロシア及び韓国各1.7兆ドルなどである。

 

MENA17カ国(エジプト、シリアを除く)の中で2018年の名目GDPが最も大きい国はトルコの9,100億ドルであり、サウジアラビアが7,480億ドルで続いている。この2カ国がMENA全体に占める比率はそれぞれ23%と19%であり、両国はMENA諸国の中では突出している。第3位はイラクの4,190億ドル、第4位UAE(4,120億ドル)はいずれもトルコ或いはサウジアラビアの半分程度にとどまっている。

 

5位以下11位まではイスラエル(3,740億ドル)、イラン(2,230億ドル)、アルジェリア(1,980億ドル)、カタール(1,840億ドル)、クウェイト(1,350億ドル)、モロッコ(1,210億ドル)であり、以上10カ国が年間GDP1千億ドルを超える国々である。UAE、カタール、クウェイトなど人口の少ない産油国がイラン、イラクなど地域の大国とそん色のないGDPを誇っている。

 

GDPが1千億ドル未満の国は、オマーン(830億ドル)、レバノン(540億ドル)、リビア(440億ドル)、ヨルダン(430億ドル)、チュニジア(400億ドル)、バハレーン(380億ドル)、イエメン(140億ドル)である。MENAGDPが最も小さいイエメンはトルコの60分の1程度である。

 

()2017年の名目GDP世界上位国とMENA

(http://menadabase.maeda1.jp/1-B-2-12.pdf 参照)

2017年の名目GDPの世界ベストテンは第1位が米国、第2位中国であり、以下3位日本、4位ドイツ、5位英国と続き6位から10位まではインド、フランス、ブラジル、イタリア及びカナダの各国である。

 

 MENA諸国ではトルコが世界17位に入っており、サウジアラビアも19位にランクされている。このほかのMENA諸国は20位以下であり、世界50位以内に入っているのはイラン(世界27)、イスラエル(同32位)、エジプト(同45位)の3か国である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maedat@r6.dion.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 09:05コメント(0)MENA  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ