MENA

2018年07月26日

(注)本レポートは「マイ・ライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0447MenaRank4.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2017.8.7.26

前田 高行

 

() 2000-2017年末のFDIアウトバウンド残高の推移

(まだまだ少ないが徐々に存在感を増すMENAからの対外投資!)

(a)MENAFDIアウトバウンド残高

(表http://menarank.maeda1.jp/4-T08.pdf 参照)

 2000年末のMENAFDIアウトバウンド残高は合計273億ドルであったが、世界全体に占める割合は0.4%であり、外国直接投資(FDI)の出資国(FDIアウトバウンド国)としての存在感は殆どなかった。その後FDIが世界的規模で拡大する中でMENA諸国の投資額は世界の伸びを上回って増加、2010年末の対外投資残高は2,600億ドルとなり、2012年末には3千億ドルを超え、2017年末の残高は5,181億ドルに達して全世界に占める割合も1.7%となりMENAの対外投資における存在感も少しずつ高まっている。因みに2017年末のMENAの対外投資残高は日本及び中国(1.5兆ドル)の3分の1強であり、米国(7.8兆ドル)の15分の1である。

 

(2014年にイスラエルを追い抜きトップを走り続けるUAE!)

(b)主要6カ国のFDIアウトバウンド残高の推移

(http://menarank.maeda1.jp/4-G05.pdf 参照)

2017年末のFDIアウトバウンド残高上位6カ国(UAE、イスラエル、サウジアラビア、カタール、トルコ及びクウェイト)について2000年以降の残高の推移を見ると、2000年の対外投資残高は最も多いイスラエルが91億ドル、それに次ぐサウジアラビアが53億ドル、トルコ37億ドルであり、UAE、クウェイトの湾岸産油国の残高は20億ドル未満にとどまり、カタールはわずか1億ドル弱に過ぎなかった。

 

その後2010年末には6か国とも残高は100億ドルを超え、イスラエルとUAE両国の残高は500億ドルを突破している。その他の国の残高もクウェイト282億ドル、サウジアラビア265億ドル、トルコ225億ドル、カタール125億ドルと急増、特にUAE、クウェイト、カタールの湾岸産油国は20倍~100倍の急激な拡大を見せている。

 

2010年2013年にかけては各国とも残高は増加したが、2013年以降はクウェイトが年々減少している。またトルコも2014年以降は停滞気味である。これに対してUAEは直線的な増加傾向を示し2010年の556億ドルから毎年100億ドル以上残高が増加し続け、2017年には2010年の2.2倍の1,244億ドルに達している。

 

イスラエルは2000年末残高91億ドルが2010年末には679億ドルに増加し、2013年までMENAのトップであった。その後はUAEに次ぐMENA2位の地位を保っており、2017年末の残高は1,038億ドルである。

 

サウジアラビアとカタールも躍進が目覚ましく、カタールの場合1億ドル未満に過ぎなかった2000年末の投資残高が2010年には125億ドルに急成長、さらに2017年末の残高は529億ドルと7年間で4倍に増えている。サウジアラビアは同一期間内に265億ドルから796億ドルへと3倍に増加している。

 

クウェイトのアウトバウンド投資残高は2013年の372億ドルをピークに減少し続けており2017年末の残高は306億ドルである。トルコの場合は2010年末の225億ドルから2014年末に396億ドルまで増加した後、ここ数年は400億ドル前後で推移している。

 

以上

 

MENAなんでもランキング・シリーズ4 海外直接投資 完)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp





drecom_ocin_japan at 13:30コメント(0) 

2018年07月25日

(注)本レポートは「マイ・ライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0447MenaRank4.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2018.7.25

前田 高行

 

4.FDI Outward Stock(FDIアウトバウンド残高) 

(UAE・イスラエルの2強とそれに続くサウジアラビア!)

(1)  2017年のFDI Outward Stock(FDIアウトバウンド残高) 

(表http://menarank.maeda1.jp/4-T07.pdf 参照)

 2017年末のMENA19カ国及び1機関(パレスチナ自治区)FDI Outward StockFDIアウトバウンド残高)は5,181億ドルである。全世界の対外投資残高31兆ドルに占める比率は1.7%でMENA各国の対外投資は他の地域に比べて低い水準にとどまっている。

 

 FDIアウトバウンド残高が最も多い国はUAEの1,244億ドルであり、これに次ぐのがイスラエルの1,038億ドルで投資残高が1千億ドルを超えるのはこの2か国だけである。第3位はサウジアラビアの796億ドル、第4位はカタールで同国のアウトバウンド残高は529億ドルである。残高が500億ドルを超えるこの4カ国でMENA諸国全体の残高の7割を占めている。これら4か国の残高はいずれも前年末を上回っており対外投資が引き続き活発であることを示している。

 

これら4か国に次ぐのがトルコ(414億ドル)、クウェイト(306億ドル)である。7位以下はリビア(203億ドル)、バハレーン(192億ドル)、レバノン(139億ドル)と続き10位のオマーン以下は100億ドル未満である。

 

上位10か国のうち6カ国(UAE、サウジアラビア、クウェイト、カタール、バハレーン、オマーン)はGCC加盟国であり、2000年以降の原油価格高騰により生まれた豊富なオイルマネーが外国投資に振り向けられた結果と言えよう。なおクウェイトの場合、FDIインバウンドは単年度及び累積残高ともMENA諸国の中でも低いレベルにとどまっているのに対し(1、3章参照)、FDIアウトバウンドは単年度ではMENA2位(その2参照)、残高では6位であり、オイルマネーが継続的に国外に向かっていることを示している。

 

残高が100億ドル未満の国は、オマーン(83億ドル)、エジプト(74億ドル)、モロッコ(59億ドル)、イラン(37億ドル)、イラク(25億ドル)、アルジェリア(19億ドル)等があり、イエメン、ヨルダン、チュニジア、パレスチナ自治政府、チュニジア及びシリアは投資残高が10億ドル未満である。

 

 なお日本、米国、中国のアウトバウンド残高は各々1.5兆ドル、7.8兆ドルおよび1.5兆ドルであり、日本、中国はMENA1位のUAEの12倍、米国は60倍である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp





drecom_ocin_japan at 08:48コメント(0) 

2018年07月24日

(注)本レポートは「マイ・ライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0447MenaRank4.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2018.7.24

前田 高行

 

() 2000-2017年末のFDI Inward Stock(FDIインバウンド残高)の推移(続き)

(MENAで唯一残高2千億ドル以上を続けるサウジ!)

(b)主要4カ国のFDIインバウンド残高推移

(http://menarank.maeda1.jp/4-G04.pdf 参照)

 2000年以降のFDIインバウンド残高の推移はMENA各国で大きく異なるが、ここでは地域における主要な投資受入国4カ国(サウジアラビア、トルコ、UAE及びエジプト)について、2000年、2010年及び2013-17年の各年末の残高の推移を概観してみる。

 

2000年末の4か国の残高は、エジプト200億ドル、トルコ188億ドル、サウジアラビア176億ドル、UAE11億ドルであり、UAE以外の3か国はほぼ同じ水準であった。大きく動き出したのは2000年台に入ってからであり、2010年末になるとサウジアラビアの残高は2000年の10倍1,764億ドルに増加、またトルコはサウジアラビアをしのぐ1,880億ドルに達している。2000年末に11億ドルにすぎなかったUAEは60倍の639億ドルとなっている。

 

トルコは2010年以降増減を繰り返し1,400~1,800億ドルを上下しており、2017年の残高は1,807億ドルである。これに対してサウジアラビアは2010年以降一貫して残高を増やしており、2013年以降は残高2千億ドル以上を続け、MENA諸国の中で飛び抜けた水準を維持している。

 

2010年末に639億ドルであったUAEの残高はその後も漸増し、2017年末は1,299億ドルを記録している。UAEでは2008年のリーマン・ショック後、ドバイへの投資が低迷したが、UAE全体としての投資残高が減ることはなかった。

 

エジプトの2000年末残高は200億ドルでトルコ、サウジアラビアをしのぎMENAではイスラエルに次ぐ大きさであった。2000年以降の同国の残高は2010年まではUAEと肩を並べるペースで成長してきたが、それ以降は増加が鈍っており、2013年にはUAEに追い抜かれている。但しわずかずつではあるが投資残高は着実に増加しており、2016年は1,023億ドルと残高が初めて1千億ドルを超え、2017年末の残高は1,097億ドルに達している。同国の政治はムバラク政権崩壊からムスリム同胞団によるムルシ政権、さらにはシーシ軍事独裁政権の復活とめまぐるしく変動して経済も大きく悪化したため外国からの投資が停滞した。しかし2014年後半は政情が安定、それに伴って外国(特に湾岸諸国)からの投資は活発であり残高が上向く兆候が見られる。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp





drecom_ocin_japan at 09:39コメント(0) 

2018年07月23日

(注)本レポートは「マイ・ライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0447MenaRank4.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2018.7.23

前田 高行

 

(2)2000-2017年末のFDI Inward Stock (FDIインバウンド残高)の推移

(ここ数年1兆ドル強で推移しているMENAFDIインバウンド残高!)

(a)MENAFDIインバウンド残高

(http://menarank.maeda1.jp/4-T06.pdf 参照)

 2000年末のMENAFDIインバウンド残高の合計は1,365億ドルであり全世界の投資残高7.4兆ドルの1.9%を占めていた。その後FDIインバウンドの残高は急激に膨らみ、2010年末は8,664億ドルと10年間で6倍に増加し世界全体に占める割合も4%強に達した。2014年には1兆ドルを超え、2017年末の残高は1兆2千億ドルとここ数年は残高が1兆ドルを超えている。そして2010年以降、世界全体のFDIインバウンド残高に占めるMENAの割合は4%前後である。

 

 MENAのインバウンド残高を日本、米国及び中国と比較すると、2000年末ではMENAの残高は日本(503億ドル)の3倍である。中国の残高は1,933億ドルとMENAを上回っており、米国の残高は2.8兆ドルでMENA全体の総額の20倍を超えている。

 

 2017年末のFDIインバウンド残高はMENA1兆2千億ドル、日本2千億ドル、米国7.8兆ドル、中国1.5兆億ドルであり、MENAは日本の5.8倍、中国の8割であるが、米国の7分の1にとどまっている。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp





drecom_ocin_japan at 08:35コメント(0) 

2018年07月20日

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2018.7.20

前田 高行

 

3.FDI Inward Stock(FDIインバウンド残高) 

(高いFDIインバウンド残高を誇るサウジアラビア!)

(1) 2017年末のFDI Inward Stock(FDIインバウンド残高) 

(表http://menarank.maeda1.jp/4-T05.pdf 参照)

 2017年末のMENAFDIインバウンド残高(FDI Inward Stock)は総額1兆1,964億ドルであり、世界全体の残高31兆5,200億ドルに占める比率は3.8%であった。同年中の全世界のFDIインバウンドに占める割合(4.3%)より1.5%低い。

 

 残高の最も多い国はサウジアラビアの2,322億ドルであり、MENA諸国の中で唯一2千億ドルを超えている。2位はトルコで1,807億ドル、3位はUAEの1,299億ドル、4位はイスラエルの1,288億ドル、5位はエジプトの1,097億ドルでありこれら5カ国が残高1千億ドルを越えている。上位5カ国がMENA全体に占める割合は65%に達する。これら5カ国はいずれも前年度より増加しているが、トップのサウジアラビアの増加額は7億ドルにとどまっておりMENA各国の中でも増加額が極めて少ない。

 

6位以下10位まではレバノン(637億ドル)、モロッコ(627億ドル)、イラン(535億ドル)、カタール(349億ドル)、ヨルダン(339億ドル)であり、200億ドル台にアルジェリア、チュニジア、バハレーン、オマーンの4か国が並んでいる。リビア、クウェイト、シリア及びイラクは100億ドル台であり、パレスチナ自治区は27億ドル、イエメンはMENAで最も少ない26億ドルにとどまっている。

 

2017年の単年度FDIインバウンド(本レポート第1章参照)の順位と比較すると、単年度ではイスラエル1位、トルコ2位、UAE3位、エジプト4位、サウジアラビア10位であり、これに対して残高ではサウジアラビア1位、トルコ2位、UAE3位、イスラエル4位、エジプト5位である。サウジアラビアは昨年度の増加額が非常に少なかったが、これまでの累積額が他の国々に比べて多いため、引き続きインバウンド残高のトップを維持している。

 

なお日本、米国、中国の流入残高はそれぞれ2千億ドル、7兆8千億ドル及び1兆5千億ドルである。MENAトップのサウジアラビアに比べると、日本は同国よりやや少なく、米国は38倍、中国は7倍である。またMENA全体の投資残高(1兆2千億ドル)は、中国のそれよりやや少なく、日本の6倍、米国の7分の1である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp





drecom_ocin_japan at 08:50コメント(0) 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ