MENA

2017年08月01日

(注)本シリーズは「マイライブラリ(前田高行論稿集」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0418MenaRank4.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2017.8.1

前田 高行

 

() 2000-2016年末のFDI Inward Stock(FDIインバウンド残高)の推移(続き)

(MENAで唯一残高2千億ドル以上を続けるサウジ!)

(b)主要4カ国のFDIインバウンド残高推移

(http://menarank.maeda1.jp/4-G04.pdf 参照)

 2000年以降のFDIインバウンド残高の推移はMENA各国で大きく異なるが、ここでは地域における主要な投資受入国4カ国(サウジアラビア、トルコ、UAE及びエジプト)について、2000年及び2010-16年の各年末の残高の推移を概観してみる。

 

2000年末の4か国の残高は、エジプト200億ドル、トルコ188億ドル、サウジアラビア176億ドル、UAE11億ドルであり、UAE以外の3か国はほぼ同じ水準であった。大きく動き出したのは2000年台に入ってからであり、2010年末になるとサウジアラビアの残高は2000年の10倍1,764億ドルに増加、またトルコはサウジアラビアをしのぐ1,877億ドルに達している。2000年末に11億ドルにすぎなかったUAEは60倍の639億ドルとなっている。

 

トルコは2010年以降は増減を繰り返し1,500億ドルを上下しており、2016年の残高は1,329億ドルである。これに対してサウジアラビアは2010年以降一貫して残高を増やしており、2013年以降は残高2千億ドル以上を続け、MENA諸国の中で飛び抜けた水準を維持している。

 

2010年末に639億ドルであったUAEの残高はその後も漸増し、2016年末は1,179億ドルを記録している。UAEでは2008年のリーマン・ショック後、ドバイへの投資が低迷したが、UAE全体としての投資残高が減ることはなかった。但し油価の下落に伴い一昨年後半からは投資が鈍る傾向にあり、残高は頭打ちの状況である。

 

エジプトの2000年末残高は200億ドルでトルコ、サウジアラビアをしのぎMENAではイスラエルに次ぐ大きさであった。2000年以降の同国の残高は2010年まではUAEと肩を並べるペースで成長してきたが、それ以降は増加が鈍っており、特に2010年から2012年までは700億ドル台前半で足踏み状態を続け、昨年以降漸く増加の兆しが見えてきた。2016年は1,023億ドルと残高が初めて1千億ドルを超えた。同国の政治はムバラク政権崩壊からムスリム同胞団によるムルシ政権、さらにはシーシ軍事独裁政権の復活とめまぐるしく変動して経済も大きく悪化したため外国からの投資が停滞した。しかし2014年後半は政情が安定、それに伴って外国(特に湾岸諸国)からの投資は活発であり残高が上向く兆候が見られる。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 09:22コメント(0) 

2017年07月24日

(注)本シリーズは「マイライブラリ(前田高行論稿集」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0418MenaRank4.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2017.7.24

前田 高行

 

(2) 2011-2016年の対外投資額(FDIアウトバウンド)の推移(続き)

(増減の波が大きいクウェイトとカタール、着実に増加しているサウジとUAE)

(b)GCC6カ国の対外直接投資(FDIアウトバウンド)の推移

(http://menarank.maeda1.jp/4-G03.pdf 参照)

GCC6カ国の2011年から2016年までの対外投資(FDIアウトバウンド)を各国別に比較すると、2011年の対外投資額はクウェイトの108億ドルが最も大きくカタールとならんで100億ドルを超えている。その他の5カ国はサウジアラビア34億ドル、UAE22億ドル、オマーン12でバハレーンはマイナス9億ドルであった。

 

2012年にはクウェイトとカタールの両国は大幅に減少、その他の4カ国は微増あるいは微減であったため、6か国の差は縮小した。2013年にはクウェイトが再びトップとなったがその後は2014年マイナス105億ドル→2015年プラス54億ドル→2016年マイナス63億ドルと激しい増減を繰り返している。クウェイトの投資家が対外投資にかなり敏感で神経質に反応しているのではないかと推測される。これに対してUAEは2012年以降毎年着実に増加し2015年には167億ドルと5年間で7.2倍に拡大、2016年は若干落ち込んだがGCC6カ国の中では飛び抜けて高い対外投資水準を示している。

 

サウジアラビアのFDIアウトバウンドもUAEほどではないものの毎年着実に増えており、2011年の34億ドルから2016年にはGCC2位の84億ドルに達している。カタールは2011年の101億ドルをピークに増減を繰り返しているが、増減の幅はクウェイトほど大きくなく、2016年は79億ドルであった。同国は天然ガスの輸出が好調であり、政府系ファンド(SWF)による欧米の企業或いは銀行に対する出資・買収が盛んである。クウェイトとカタールは石油・天然ガスの価格高騰により国内に余剰資金が溢れているにも関わらず自国の経済規模が小さいため国内での投資機会が乏しく、国内資本が海外に向かっているのである。

 

オマーンとバハレーンは過去6年間を通じて大きな変化は見られず投資規模はほぼ10億ドル未満にとどまっている。両国はサウジアラビア、UAEなど他の4か国に比べ石油・天然ガスの産出量が少なく余剰資金が少ないことがFDIアウトバンドの少ない理由である。

 

GCC各国の海外投資動向は余剰オイルマネーの額に比例し、国内経済の規模に反比例すると考えられる。つまり石油・天然ガスの生産量が多い国は多額の余剰マネーが発生しその投資先を国内外に求める。その場合人口が多く国内経済規模が大きなサウジアラビアでは国内での投資機会が多く資金は国内に向かうが、人口が少ない割にオイルマネーが豊富なUAE、クウェイト及びカタール各国は余剰資金が海外に向かう傾向がある。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 08:49コメント(0) 

2017年07月20日

(注)本シリーズは「マイライブラリ(前田高行論稿集」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0418MenaRank4.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2017.7.20

前田 高行

 

() 2011-2016年の対外投資額(FDIアウトバウンド)の推移

(3年連続100億ドル超の対外投資を続けるUAE)

aMENA諸国の対外直接投資(FDIアウトバウンド)

(http://menarank.maeda1.jp/4-T04.pdf 参照)

MENA地域の2011年から2016年までの対外投資額は2011年の420億ドルに始まり、その後は減少と増加を繰り返し2016年は447億ドルであった。世界全体に占めるMENAの比率は2.2%(2014年)と3.8%(2013年)の間を上下している。

 

2011年のMENAの対外投資の合計額420億ドルは同年の中国(747億ドル)の6割弱であったが、その後中国の対外投資が大きく増加した結果、2016年はほぼ4分の1となっている。日本と比べると2011年は日本がMENAの2.6倍であったが、その後日本の対外投資は毎年1千億ドル台を超えており、2016年には日本はMENAの3倍になっている。

 

MENAの対外投資を常にリードしているGCCについては次項に詳述するが、GCC以外の主な国を見ると、まずイスラエルの対外投資額は92億ドル(2011年)→33億ドル(2012年)→55億ドル(2013年)→37億ドル(2014年)→99億ドル(2015年) →125億ドル(2016年)で非GCC諸国の中では高い水準を維持しており、同国が対外投資に積極的であることがわかる。これに対してエジプトは「アラブの春」の2011年の対外投資は6億ドルにとどまり、その後もさらに少ない2~3億ドルの水準が続いている。ムバラク体制の崩壊後ムルシ・イスラム政権が短期間でシーシ軍事政権に交替するなど経済が混乱したことが対外投資に大きく影響しているようである。

 

中東でエジプトと並ぶ大国であるトルコ及びイランについては、まずトルコの対外投資は「アラブの春」の2011年の騒乱期は20億ドル台の低い水準にとどまったが、その後2012年には41億ドルに増加、2014年、2015年もそれぞれ67億ドル、48億ドルの高い数値を示した。但し2016年には29億ドルと6年前の水準に戻っている。イランは経済制裁の影響でFDIインバウンドも低い水準にあるが(1--a参照)、FDIアウトバウンドはさらに低く過去6年間のうち5年は一桁台であり、2016年はMENA19か国中の13位にとどまっている。

 

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 09:23コメント(0) 

2017年07月18日

(注)本シリーズは「マイライブラリ(前田高行論稿集」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0418MenaRank4.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2017.7.18

前田 高行

 

2.FDIアウトバウンド(FDI Outflows, 対外直接投資) (続き)

(外資流入に頼るトルコ、エジプトとオイルマネーが外国に向かうカタール、UAE)

()主要国のFDI InflowsFDIインバウンド)とFDI Outflows(FDIアウトバウンド)の差

(http://menarank.maeda1.jp/4-G02.pdf 参照)

トルコ、エジプト、イラン、イスラエル、サウジアラビア、UAE及びカタールのMENA主要7か国のFDIインバウンド(FDI Inflows、1-(1)参照)とFDIアウトバウンド(FDI Outflows、2-(1)参照)を比べると各国ごとの違いが見受けられる。

 

トルコ、エジプト及びイランの3カ国はFDIインバウンドがFDIアウトバウンドを上回っており外国からの投資が盛んであることを示している。中でもトルコとエジプトはインバウンドとアウトバウンドの差が大きい。トルコはFDIインバウンドが112億ドルであるのに対して、同国からのFDIアウトバウンドは29億ドルであり、差し引き91億ドルのFDIインバウンド超過である。またエジプトの場合はFDIインバウンドが81億ドルに対してFDIアウトバウンドは2億ドルに過ぎず、差し引き79億ドルのインバウンド超過である。エジプトは自国資金だけでは足らず外国からの直接投資に大きく依存していることを示している。これに対してイランはインバウンド、アウトバウンド共に金額が小さく、特にアウトバウンドは1億ドルにとどまっており、直接投資の動きが極めて小さいのが特徴である。同国は欧米先進国から経済制裁を受けているためである。

 

イスラエルとサウジアラビアはインバウンドとアウトバウンドがほぼ均衡している。イスラエルは直接投資の流入額123億ドル、流出額125億ドルでありそれぞれMENA1位と2位であり直接投資が盛んな国であるが、資金の動きが活発で流入と流出がほぼ同額である。またサウジアラビアは流入額が75億ドル(MENA5位)、流出額84億ドル(同3位)であり9億ドルの流出超過となっている。豊かな産油国として国内の資金需要が旺盛であると共に余剰資金が海外に向かっている状況を示している。

 

UAE及びカタールはサウジアラビアよりさらに余剰資金が海外に向かう傾向が強く見られる。UAEの場合インバウンドはサウジアラビアより2割以上多いが、アウトバウンドはサウジアラビアの2倍以上であり流出超過額は67億ドル(インバウンド90億ドルーアウトバウンド157億ドル)とサウジアラビアの7倍以上である。カタールの流出超過額はUAEと同程度の規模であるが(71億ドル)、同国の場合はインバウンドが8億ドルに対してアウトバウンドが79億ドルと圧倒的な格差がある。

 

これらのことからサウジアラビア、UAE、カタールの湾岸各国の経済事情が読み取れる。即ちサウジアラビアは国内に大型プロジェクトがあり資金を国外からも調達するが、国内余剰資金の規模も大きく海外への直接投資として資金の流出量も流入量と同程度に達すると考えられる。そしてUAEGCCの金融センターとして海外からのインバウンドが大きい反面、UAE国内には豊富な余剰オイルマネーを吸収できる投資案件がないためアウトバウンドとして資金が海外に向かう傾向がある。UAEの傾向がさらに顕著になっているのがカタールと考えられ、同国は国内経済規模が小さいため外国からの資金流入が少ない反面、国内の豊富な余剰資金が国外に向かって流出していると言えそうである。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 08:49コメント(0) 

2017年07月16日

(注)本シリーズは「マイライブラリ(前田高行論稿集」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0418MenaRank4.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その4)

 

2017.7.16

前田 高行

 

2.FDIアウトバウンド(FDI Outflows, 対外直接投資)

(1)2016年のFDI outflows(FDIアウトバウンド) 

(FDIアウトバウンドが飛び抜けて多いUAEとイスラエル!)

a)MENA各国の対外直接投資

(http://menarank.maeda1.jp/4-T03.pdf 参照)

 2016年のMENA各国のFDIアウトバウンド(FDI outflows)の総額は447億ドルであり、同年の全世界の合計額1兆4,500億ドルに占める割合は3.1%であった。これはFDIインバウンド(FDI Inflows、第1項参照)の世界全体に占める割合と同じである。因みに日本、米国、中国の投資額はそれぞれ1,450億ドル、2,990億ドル及び1,830億ドルであり、米国一国でMENA投資額の7倍、中国は4倍、日本は3倍である。

 

 国別では、UAEが157億ドルと最も多く次いでイスラエルが125億ドルであり、この2か国でMENA全体の3分の2を占めている。両国に続くのがサウジアラビア(84億ドル)、カタール(79億ドル)、トルコ(29億ドル)である。

 

第6位以下の各国は上位5カ国と大きな開きがありいずれも10億ドル未満である。各国の投資額は以下の通り。

オマーン(8.6億ドル)、レバノン(7.7億ドル)、モロッコ(6.4億ドル)、リビア(3.4億ドル)、イラク(3.0億ドル)、エジプト(2.1憶ドル)、バハレーン(1.7億ドル)、パレスチナ自治区(1,1億ドル)、イラン(1.0億ドル)。アルジェリア、イエメン、チュニジア、ヨルダン各国はいずれも1億ドル未満である。なおクウェイトはマイナスー63億ドルであり、これは対外投資の引き揚げが新たな投資を上回っているためであり、同国の対外直接投資が極めて低調だったことを示している。またシリアはデータが示されていない。

 

2015年と比較すると、総額では46億ドルの減少である。世界全体を見ても1,420億ドル(-9%)の減少となっている。その結果MENAの占める比率は両年ともに3.1%と変化がなかった。国別で最も大きく増加したのはカタール(40億ドル→79億ドル)である。カタールに次いで増加額が大きいのはサウジアラビアおよびイスラエルであり、サウジアラビアは2015年の54億ドルから2016年は84億ドルに、またイスラエルは99億ドルから125億ドルに増加している。一方、2015年よりも大幅に減少したのはクウェイト(+54億ドル→ -63億ドル)である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 09:31コメント(0) 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ