MENA

2017年12月17日

(注)本シリーズは「マイライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0430MenaRank8.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その8)

 

3.分野別順位

(http://menarank.maeda1.jp/8-T02.pdf 参照)

 経済、教育、健康・寿命及び政治の四分野ごとに見たMENA16カ国の順位は以下のとおりである。

 

(1)   経済分野の男女格差

 経済分野の男女格差がMENAで最も小さいのはイスラエルで、同国の世界順位は65位である。同国以外のMENA15か国は全て世界100位以下である。120位のバハレーンに始まり、カタール(同122位)、クウェイト(同125位)GCC諸国が続いている。総合順位138位のサウジアラビアはこの分野では142位である。経済分野のMENAの平均世界順位は129位となっており、総合の平均順位とほぼ同じである。MENAでは経済分野における男女格差が大きいと言えよう。

 

因みにこの分野における日本の世界順位は114位であるが、詳しい内容を見ると女性管理職のランクは世界79位、専門技術職の世界ランクは101位であり女性の専門分野進出の道が狭い。また賃金の男女格差は世界平均を上回る52位である。

 

(2)   教育分野の男女格差

 教育分野ではイスラエル及びカタールの指数が1、すなわち男女が完全に平等であるとされている。MENAでイスラエル、カタールに次ぐのはクウェイト及びヨルダン(共に世界51位)であり、さらにUAE(同62位)が世界144か国の上位グループに入っている。これに続くのはバハレーン(同75位)、サウジアラビア(同96位)、チュニジア(同99位)までが世界100位以内である。世界順位100位以下ではイラン、トルコ(共に100位)、エジプト(104位)、アルジェリア(107位)、レバノン、シリア(共に109位)が100位台にひしめき合っている。

 

この分野のMENAの平均世界順位は83位である。実は世界的に見てこの教育分野の男女格差は小さく、スコアが1.000の国(即ち男女格差が全くないか、または女性の方が教育度の高い国)が34カ国もあり、イスラエルのスコアは1.000に対して世界104位のエジプトでもスコアは0.960である。

 

 日本は文盲率、初等・中等教育は男女に差が無いが、高等教育に男女格差がありポイントが0.991である。この結果日本の世界順位は74位とされ、この分野ではごくわずかなスコアの差で順位が大きく上下することがわかる。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 09:43コメント(0) 

2017年12月13日

(注)本シリーズは「マイライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0430MenaRank8.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その8)

 

2.MENAの平均世界順位は127位、日本も144カ国中114位

(http://menarank.maeda1.jp/8-T01.pdf 参照)

「2017年版報告書」は、上記の方法(前項1参照)により144カ国のそれぞれの総合指数を算出し順位付けを行ったものである。このうちMENAは16カ国が順位付けの対象となっている。今回調査対象とならなかったのはイラク、リビア、オマーン、パレスチナ自治政府の3ヶ国1機関である。

 

MENA諸国の世界ランクの特徴はイスラエルを除く15カ国が全て100位以下と言う極めて低いレベルにあることである。MENAトップのイスラエルは世界ランク44位である。イスラエルに続くのはチュニジア(世界ランク117位)であり、MENA各国の世界ランクは殆ど差が無い。

 

そしてUAE(120位)、バハレーン(126位)、アルジェリア(127位)、クウェイト(129位)の4カ国が120位台にひしめいている。世界でも最低クラスの130位以下にカタール(130位)、トルコ(131位)、エジプト(134位)、ヨルダン(135位)、モロッコ(136位)、レバノン(137位)、サウジアラビア(138位)MENAの半数近くの国が130位台にひしめいている。さらに最下位クラスにはイラン(140位)、シリア(142位)及びイエメン(144位)の各国が並びイエメンは世界最下位である。MENAの世界平均順位は127位であり、イスラエル以外のMENA諸国は男女格差が大きく、男女平等が遅れた地域と言えよう。

 

ちなみに世界1位はアイスランドであり、2位以下にはノルウェー、フィンランド、ルワンダ、スウェーデンと続いている。ベスト・テンではアジアでただ1カ国フィリピンが10位にランク付けされている。これに対して日本は114位である。日本は米国(49位)に大きく後れをとっており、中国(100位)よりもさらに低いランクである。日本は男女格差が非常に大きな国であると評価されていることがわかる。

 

 上記の世界ランクを昨年と比較すると、MENA諸国ではランクの上がった国が6か国、下がった国が8カ国、変わらなかった国が2か国である。これを指数の変化で見ると指数の上がった国が9か国、下がった国は5か国であり、世界ランクとは異なった様相を示している。このことからMENA以外の世界各国がMENA諸国を上回って指数がアップしており、MENAの男女格差の改善スピードが他の地域を下回っていることが解る。

 

ランクの上がり方が大きかったのはチュニジア(126位→117位)、バハレーン(131位→126位)、イスラエル(49位→44位)などがある。またUAE、サウジアラビアなどもわずかではあるが昨年より順位が上がっている。一方ランクを大きく下げた国は、カタール(119位130位)、アルジェリア(120位127位)の2カ国であり、エジプト、レバノン、トルコ及びイランなども1~2ランク下がっている。

 

 (続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 13:33コメント(0) 

2017年12月12日

(注)本シリーズは「マイライブラリー」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0430MenaRank8.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その8)

 

 中東北アフリカ諸国は英語のMiddle East & North Africaの頭文字をとってMENAと呼ばれています。MENA各国をいろいろなデータで比較しようと言うのがこの「MENAなんでもランキング・シリーズ」です。「MENA」は日頃なじみの薄い言葉ですが、国ごとの比較を通してその実態を理解していただければ幸いです。なおMENAの対象国は文献によって多少異なりますが、本シリーズでは下記の19の国と1機関(パレスチナ)を取り扱います。(アルファベット順)

 

 アルジェリア、バハレーン、エジプト、イラン、イラク、イスラエル、ヨルダン、クウェイト、レバノン、リビア、モロッコ、オマーン、パレスチナ自治政府、カタール、サウジアラビア、シリア、チュニジア、 トルコ、UAE(アラブ首長国連邦)、イエメン、

 

 これら19カ国・1機関をおおまかに分類すると、宗教的にはイスラエル(ユダヤ教)を除き、他は全てイスラム教国家でありOIC(イスラム諸国会議機構)加盟国です。なおその中でイラン、イラクはシーア派が政権政党ですが、その他の多くはスンニ派の政権国家です。また民族的にはイスラエル(ユダヤ人)、イラン(ペルシャ人)、トルコ(トルコ人)以外の国々はアラブ人の国家であり、それらの国々はアラブ連盟(Arab League)に加盟しています。つまりMENAはイスラム教スンニ派でアラブ民族の国家が多数を占める国家群と言えます。

 

 ここでは世界経済フォーラム(World Economic Forum, WEF)が行った「世界男女格差報告2017(The Global Gender Gap Report 2017)」からMENA諸国をとりあげて比較しました。

 

1.「世界男女格差報告2017」について

 「世界男女格差報告2017(The Global Gender Gap Report 2017)」(以下「2017年版報告書」)を発表した「世界経済フォーラム」(World Economic Forum, WEF)は、スイスのジュネーブに本部を置く非営利団体であり、毎冬スイスのダボスで行われる「ダボス会議」の主催者としてよく知られている。

 

 「2017年版報告書」は世界144カ国を対象に経済、教育、健康、政治の4つの分野について、世界或いは各国の公的機関が公表する男女別のデータに基づき、それぞれの分野の男女間の格差を指数化し順位付けを行ったものである。

WEFホームページ:https://www.weforum.org/reports/the-global-gender-gap-report-2016

 

(1)比較対象される分野とその内容

 対象とされるのは以下の4つの分野であり、各分野にはそれぞれ二つ乃至五つの比較項目がある。

I 経済参画分野:経済活動への参加度及び参画の機会(Opportunity)に関する男女格差
   比較項目:(1)労働参加比率、(2)同一労働賃金格差、(3)平均所得格差、
          (4)幹部職比率、(5)専門・技術職比率

II 教育分野:教育の機会に関する男女格差
   比較項目:(1)識字率、(2)初等教育就学率、(3)中等教育就学率、(4)高等教育就学率

III健康・寿命分野:健康と寿命に関する男女格差
   比較項目:(1)新生児男女比率、(2)平均寿命

IV政治参画分野:政治参画の度合に関する男女格差
   比較項目:(1)女性議員比率、(2)女性閣僚比率、
          (3)過去50年間の女性元首(首相等)在任期間

 

(2)指数化の方法と順位付け

144カ国について上記四つの分野の各比較項目に関する男女それぞれの数値或いは比率のデータを抽出し、この男女のデータについて男性を1とした場合の女性の指数を算定する(最大値は1とする)。この指数の意味は、指数1の場合男女が完全に平等であることを意味しており、指数が低くなればなるほど男女の格差が大きいことを示している。

 

各比較項目の指数を加重平均したものを、その分野の指数とする。最後に4つの分野の指数を加重平均したものがその国の格差指数であり、144カ国の指数を上位から順に総合順位を付けるのである。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp



drecom_ocin_japan at 08:53コメント(0) 

2017年12月08日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0427MenaRank13.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その13)

 

5.2014~2018年の順位の推移

(http://menarank.maeda1.jp/13-T03.pdf 参照)

(図http://menarank.maeda1.jp/13-G02.pdf 参照)

 2014年から2018年までの5カ年についてMENA各国の順位の変遷を見ると、UAEが5年連続でトップに立っている。2013年まではサウジアラビアが連続してMENAのトップであったが、2014年以降の両国の世界順位はサウジアラビアが26位→49位→82位→94位→92位と4年連続して急落した後、今回も低迷したままであるのに対して、UAEは23位→22位→31位→26位→21位と2016年を底に上昇傾向をたどり、今回は過去5年間で最も高い世界21位であり、両国は対照的な様相を呈している。

 

UAEに次いで順位が高いのはイスラエルであり、同国は5年間を通じて常にMENA2位又は3位を維持している。トルコの世界順位は69位(14年)→55位(15年) →55位(16年)→69位(17年)→60位(18年)と浮き沈みを繰り返している。かつて世界40位台であったカタールは48位(14年)→50位(15年) →68位(16年)→83位(17年及び18年)であり5年連続して世界順位を下げている。

 

MENAの平均世界順位は99位(14年) →98位(15年)→107位(16年)→109位(17年及び18年)と順位を下げ、2016年以降は世界100位以下に停滞している。サウジアラビアあるいはカタールのようにMENAの多くの国の世界順位が下落し、MENAの平均順位も下がっていることは、MENAのビジネス環境が近年世界的な競争力を失っていることを示している。2011年に始まった「アラブの春」とそれに続く政治的経済的な混乱及び原油価格の下落がその要因と考えられる。

 

上記以外のGCC諸国の世界順位は、オマーンが47位(14年)→66位(15年)→70位(16年)→66位(17年)→71位(18年)と最近は70位前後にとどまっており、クウェイトの場合は104位(14年) →86位(15年)→101位(16年)→102位(17年)→96位(18年)と100位前後を行きつ戻りつしている。クウェイトは有力な産油国であり豊富な石油収入によりマクロ経済は全く問題がないにも関わらず同じGCC加盟国であるサウジアラビア、UAE、カタールなどと比較して評価が著しく低い。国会の解散と内閣改造を頻繁に繰り返した結果、国内インフラの整備が遅れるなど外国企業にとって魅力的なビジネス環境ではなくなっていると言えよう。

 

 因みに「アラブの春」で大きな変革を迫られた国々の過去5年間の世界順位の推移を見ると以下のとおりである。

 

 チュニジア:        51位 → 60位 →  74位 →   77位 →  88位

 イエメン:          133位 →137位 → 170位 → 179位 → 186位

ヨルダン:        119位 →117位 → 113位 → 118位 → 103位

 エジプト:         128位 →112位 → 131位 → 122位 → 128位

  シリア:           165位 →175位 → 175位 → 173位 → 174位

  リビア:           187位 →188位 → 188位 → 188位 → 185位

 

上記のうちチュニジア及びイエメンは2014年以降毎年下落しており「アラブの春」がビジネス環境に与えた影響が今も尾を引いているようである。エジプトは「アラブの春」以降ムルシ・イスラム政権からシーシ軍事独裁政権に代わり一時改善したが最近は停滞している。リビアは世界最下位目前の状況が続いている。

 

()

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 

 



drecom_ocin_japan at 14:29コメント(0) 

2017年12月07日

(注)本シリーズは「マイライブラリー(前田高行論稿集)」で一括してご覧いただけます。
http://mylibrary.maeda1.jp/0427MenaRank13.pdf

MENAなんでもランキング・シリーズ その13)

 

4.MENA6カ国及び日米韓の項目別比較(レーダーチャート)

(http://menarank.maeda1.jp/13-G01.pdf 参照)

 図はエジプト、トルコ、イラン及びGCC3カ国(サウジアラビア、UAE、カタール)のMENA6カ国と日本、米国及び韓国の9カ国を上位グループ、中位グループ及び下位グループの三つに分け、各国の項目別世界順位をレーダーチャートとして表示したものである。レーダーチャートは最も外側が世界順位1位であり内側の中心は201位(実際の対象国数は190カ国である。各分野の世界順位を結ぶ輪が各国の項目別順位の状況を示している。レーダーチャートの輪が外側に広がっているほど世界での順位が高く、また輪の形が真円に近いほど各分野の世界順位が平均していることを示している。

 

(1)上位グループ:米国、日本、韓国

 韓国はほぼ全ての分野で世界のトップグループである。同国の総合順位は世界4位であり、契約強制力が世界1位であるほか電力事情(2位)、清算(5位)、起業(9位)の4項目が世界10位以内である。また投資家保護(20位)、徴税(24位)、建設許可(28位)など項目のほとんどが高く、最も低い信用取得でも世界55位であり全項目にわたって均整の取れたビジネス環境である。

 

 米国は総合順位が6位で韓国をわずかに下回っている。米国が韓国よりも劣っているのは起業(世界49位)、電力事情(同49位)、投資家保護(同42位)、契約強制力(16位)など7つの項目である。一方米国が韓国を上回っているのは登記(同37位)、信用取得(同2位)及び清算(3位)の3項目である。

 

これに対して日本は総合順位世界34位でベストテンに入る韓国、米国とかなりの格差があり、10項目についても世界順位は殆ど両国を下回っている。特に起業(世界106位)、信用取得(77位)、契約強制力(51位)、徴税(68位)などは米国、韓国いずれの国よりも低い。日本が両国のいずれかよりも順位が高い項目は電力事情が米国よりも高く、また清算項目(世界1位)のみが韓国(5位)及び米国(3位)を上回っている。

 

韓国及び米国のレーダーチャートが外側に広がった比較的真円に近い(つまりビジネス環境が平均して良好である)のに対して、日本の場合は起業、信用取得などが劣っており、レーダーチャートの円は小さく、形がいびつとなっている。

 

()GCC産油国グループ:UAE、サウジ、カタール

 UAE、サウジアラビア、カタールの産油(ガス)3カ国を比較すると総合順位ではUAE21位、カタール83位、サウジアラビア92位であり、UAEが他の2カ国を大きく上回っている。項目別に見ると起業分野の世界順位はUAE51位、カタール89位、サウジ135位であり、サウジの評価が特に低い。建設許可、登記及び徴税の分野は3カ国とも比較的世界順位が高く、特に徴税分野ではUAE及びカタールが世界1位、サウジは世界76位でUAEとカタールは世界のトップである。UAEの場合は建設許可、電力事情、登記、投資家保護及び徴税の5分野で世界10位以内に入っている。

 

反対にこれら3カ国は信用取得(サウジ、UAE 共に90位、カタール133位)或いは通関(UAE91位、カタール90位、サウジ161位)がいずれも世界平均を下回っている。3カ国の比較で見るとカタールは投資家保護及び契約強制力の分野でUAE或いはサウジアラビアよりもかなり低く、一方サウジアラビアは起業、通関、清算などの分野が他の2カ国に比べて大きく劣っている。

 

(3)下位グループ:トルコ、エジプト、イラン

 中東の三大国トルコ、エジプト及びイランのビジネス環境の総合順位はそれぞれトルコ60位、イラン124位、エジプト128位でありイランおよびエジプトの評価が低い。分野別の世界順位を見るとトルコが比較的順位が平均化しているが、エジプト及びイランは分野ごとの格差が大きい。

 

また3カ国の順位格差を見ると信用取得(トルコ77位、イラン及びエジプト 共に90位)、清算(トルコ139位、イラン160位、エジプト115位)の2分野は3カ国の格差が比較的小さいが、その他の分野では3カ国の格差が大きい。たとえば建設許可ではイラン25位、エジプト66位、トルコ96位と3カ国のビジネス環境には大きな違いがあり、契約強制力についてもトルコ30位、イラン80位、エジプト160位でその格差が大きい。投資家保護の分野ではトルコが世界20位でトップレベルにあるのに対してエジプトとイランはそれぞれ81位、170位でありトルコが抜きんでている。通関についても同様にトルコの71位に対してイラン166位、エジプト170位である。

 

(続く)

 

本稿に関するコメント、ご意見をお聞かせください。

        前田 高行         183-0027 東京都府中市本町2-31-13-601

                               Tel/Fax; 042-360-1284, 携帯; 090-9157-3642

                               E-mail; maeda1@jcom.home.ne.jp

 



drecom_ocin_japan at 09:37コメント(0) 
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ